危い!! IoT調査の狙いは何か? 5G時代の監視社会に対抗する私たちの取り組みを探る

投稿日: カテゴリー: 未分類

日時:9月24日(火) 18時30分から 場所:神奈川県民センター711号室 横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2(横浜駅西口徒歩5分) お話し:小倉利丸(市民連) 参加費:500円 問い合わせ先 090-2669-4219(久保) メールhantocho-shiminren@tuta.io IoT機器と呼ばれる機器が家庭や職場などで急速に普及しはじめています。これは、家電製品や通信機器などをインター […]

刊行トークイベント「デモってラブレター︎ 福岡サウンドデモ本人訴訟顛末記」

投稿日: カテゴリー: 未分類

日時:9月12日(木)開場18:00/開演18:30/終了20:30 会場:エスパスビブリオ(東京都千代田区神田駿河台 1-7-10 B1F 03-6821-5703)JR総武線・中央線御茶ノ水駅徒歩6分 スピーカー: いのうえしんぢ(編者)/古瀬かなこ(編者)/小倉利丸(監修者) 参加費:2000 円(いのうえしんぢ作ポストカードのお土産付) 予約先:info@espacebiblio.supe […]

Statewatch:盗聴なき世界? 公式文書、5G技術が「合法的傍受」に及ぼす影響に対する懸念を強調

投稿日: カテゴリー: 未分類

このレポートについては、先に「EUにおける盗聴捜査をめぐる新たな動き(5G、IoTの動向踏まえて)」として投稿したStatewatchのプレスリリースで言及されているものです。 なお、5Gについての技術的な記述については、服部武、藤岡雅宣編『5G教科書』(インプレス)を参照してください。 ================ 分析 盗聴なき世界? 公式文書、5G技術が「合法的傍受」に及ぼす影響に対する […]

【声明】靖国神社での抗議行動は正当だ! 東京地裁は直ちに2名の勾留を解け! 公判闘争を支援しよう!

投稿日: カテゴリー: 未分類

以下、反天皇制運動連絡会のブログから転載します。 2019年2月5日 反天皇制運動連絡会 2018年12月12日、靖国神社外苑で、2人の香港人の男女が「建造物侵入」の容疑で逮捕された。 男性は、「南京大虐殺を忘れるな 日本の虐殺の責任を追及する」と書かれた横断幕を広げ、日本軍国主義、南京大虐殺、靖国神社A級戦犯合祀に対する批判のアピールを行った。女性は、男性の抗議行動をビデオで撮影していた。抗議を […]

総務省、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)による 「IoT機器調査」の中止を強く求めます

投稿日: コメントするカテゴリー: 未分類

総務省による前代未聞のハッキング調査が始まっている。「サイバー攻撃」への不安を煽り、ネットのユーザが戸締りの責任を持つべきだという態度にはいくつもの不審な点がある。以下の声明はそうした疑問点を率直に提起している。私も呼びかけ団体に関わる者として、18日に開かれた国会議員会館での説明会・学習会で発言しました。 以下、声明本文です。団体賛同を募集中。是非賛同をお願いします。 —&#8212 […]

暗号化メールサービス、Protonmailの導入から使い方まで

投稿日: コメントするカテゴリー: 未分類

Protonmailの導入から使い方までを、以前、antisurveillanceのサイトで公開しましたが、Protonmailの日本語化などをふまえて、改訂して下記に置いてあります。なるべく初心者の方でもアカウントをとって使えるようにと思い書いたつもりです。これを機会にちょっと試してみたいという方、使ってはいるけれどもよくわかってないという方もいると思います。参考になさってください。 監視社会か […]

カタルーニア独立投票におけるスペイン政府のネットシャット ダウン

投稿日: コメントするカテゴリー: 未分類

スペイン警察による独立投票の弾圧について、投票所周辺への機動隊などによる暴力行為は日本のメディアも報じていますが、インターネットがシャットダウンされたことについてはあまり詳しく報じられていないかも れません。きちんと訳す時間がないので、概要のみです。 今回特徴的だったのは、 (1)どこかのウエッブをシャットダウンするという方法ではなく、カタルーニアの独自ドメイン、.catを管理しているオフィスを差 […]

プロプライエタリ社会をハックする(実践編:その3)

投稿日: コメントするカテゴリー: 未分類

プロプライエタリ社会をハックする(実践編:その3) BY FAU2017年9月14日 ―人文、芸術系のコミュニケーションの自由 世界全体で一日200万人(2015)に利用されているTor(トーア)、ネットアクセスのプライバシー保護に対する人々の関心はまだ高いとは言えませんが、今後重要な技術になってくるでしょう。オープンソース・コミュニティーの人々が技術開発に取り組み、USBメモリーに入れてPCに差 […]

共謀罪と「道義刑法」の亡霊

投稿日: コメントするカテゴリー: 共謀罪未分類資本主義批判

以前、述べたように、共謀罪は、現行刑法の基本的な枠組みを根底から覆し、自民党改憲草案に対応した国家による犯罪と刑罰の体制を構築する試みの一環として位置づけなければならないから、問題は、憲法を含むこの国の統治の基本を根底から覆す可能性をもつものだ。 戦後憲法は戦前の憲法と比べて基本的人権の保障を大幅に拡張したことが最大の特徴の一つだと言われてきた。憲法は前文で「わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢 […]

共謀罪は改憲の先取りである

投稿日: コメントするカテゴリー: 未分類

共謀罪批判の議論で不十分なのは改憲との関わりだろうと思う。 現行刑法は明治刑法が維持され、その成立は1907年である。第一章の大逆罪や不敬罪などの「皇室ニ對スル罪」が削除され、治安維持法、国防保安法なども廃止されたが、刑法の基本的な発想はそのまま残っており、内乱罪など国家への犯罪が刑法冒頭を占める構造は、最大の犯罪行為を国家に対する犯罪とする発想を示している。 しかも、戦時期に刑法学者が果した戦争 […]