Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(The Record) 顔認識と戦争。ウクライナにおける Clearview AIの活動

Dina Temple-Raston and Sean Powers

May 17, 2022

Clearview AIのCEOであるHoan Ton-Thatは、ウクライナにおける同社の事業と、世界最大の顔認識ネットワークにまつわる論争について、Click Hereと対談している。(彼は1年以内に1,000億枚の画像をデータベース化することを望んでいる。これは、地球上のすべての人の顔写真13枚分に相当する)。

とりわけ、ウクライナにおける約400人の捜査官が Clearview AI を使って戦争犯罪を立件し、ロシア人とウクライナ人の死者を識別し、ロシアにいる家族に子どもが戦争で死んだと伝えている。

同社がウクライナの捜査官に無料ログインを提供し始めてから間もなく、ウクライナのIT軍と呼ばれるボランティアのハッキング部隊が、同様の目的でClearview AIに似たプログラムを使用しているようだ。

ウクライナのデジタル変革省は、倒れた兵士について家族に伝えるためにクリアビューを使用していることも、Click Hereに認めた。ロシア人に戦争の本当の犠牲を味わってもらうためでもあり、愛する人の遺体を引き取りたい場合は、ウクライナまで足を運べばいいことを遺族に伝えるためでもあるという。

Hoan Ton-Thatは、彼のバイオメトリクス企業を取り巻く論争、戦争地域でテクノロジーを使用することの危険性、そして今後Clearviewに期待されることについて語った。

インタビューは分かりやすく編集されている。

Click Here(以下CH):クリアビューはどのようにしてウクライナで大きな役割を果たすようになったのですか?

ホアン・トン-タット(以下HT-T): 戦争が始まったとき、私やチームの多くのメンバーは、特に女性や 子どもたちが苦しんでいるビデオ映像を見て、本当にショックを受けました。もともと、捕虜になったロシア兵の写真を見て、このような写真品質であれば、私たちの顔認識テクノロジーが役に立つと思いました。そこで、当社のアドバイザリーボードの多くの人に連絡を取り、「ウクライナ政府に知り合いはいますか」と尋ねたところ、一人、リー・ウォロスキーは、3人の大統領の下で国家安全保障会議を担当していましたが、すぐに「はい」と答えました。亡くなった兵士を特定したり、誤情報を追跡したりするのに役立つと考えたのです。

CH: 誤情報を追跡するために、どのように役立つのでしょうか?

HT-T:ソーシャルメディア上では、「これは捕虜になったロシアの兵士だ」という情報を多く目にしますが、その一方で、「実はこれは金を払った俳優で、金を払った俳優の名前はこれだ」という人がいるかもしれません。ですから、このテクノロジーを使えば、その人が本人であるかどうかを特定するための精度を高めることができます。

CH:ウクライナにおける Clearview AI にログインできるのは誰ですか?

HT-T:ウクライナの国家警察を含む 6 つの異なるエージェンシーです。そうすると、現場の人たちが使っていることになります。そこで、デモストレーションを行った後、顔認識テクノロジーを責任を持って使用するためのトレーニングを行います。トレーニングの一環として、身元不明者の写真を送ってもらい、それをシステムに通すと、「こうやって身元を確認するんだよ」と教えてあげられるのです。例えば、オンライン上で一致するタトゥーがあれば、同一人物である可能性が非常に高くなるわけです。

CH:このテクノロジーを戦争地域に投入したわけですが、アメリカの警察署が使うよりもはるかに多くの問題があります。その点はどのように考慮しているのでしょうか。

HT-T:そのため、私たちは問題が起きないようにするために、さまざまなシナリオを想定しています。例えば、誰かが誰かの写真を撮って、「おい、お前はロシアの裏切り者だろう」と言ったとしたらどうでしょう。そして、その人を拘束する。すべて不正確な情報に基づいた間違った判断です。だから、そういうことは絶対に起きてほしくない。訓練を受けた捜査官によって調査が行われる限り、これは非常に有用なツールになりえます。もし、すべての人に使われたとしたら、その時に問題が発生すると思います。

CH: ウクライナで見た中で、最も驚くべき使い方は何ですか?

HT-T。戦争犯罪の捜査です。ウクライナの国家警察などで、監視カメラの映像があるところで話を聞いていました。スマートフォンが普及したことで、何かが記録されている可能性が高くなったのです。このテクノロジーで、もし誰かを特定するのが簡単なら、人々は戦争犯罪についてよく考えるようになると思います。だから、これは私にとって驚きでした。

CH:これはサブスクリプション・サービスで、誰かが悪用した場合にコントロールしやすくなるということですが、Clearview AIの仕組みはどうなっているのでしょうか?

HT-T:私たちは、使用する人が政府関係者であることを確認するために、すべての人を審査しています。2要素認証もあるので、ログインする前にデバイスを確認する必要があります。アカウントを取得した後は、各エージェンシーに管理者がいます。そのため、管理者は誰がどのような理由で検索を行っているのかを確認することができます。検索を行う前に、事件番号と犯罪の種類を入力するための入力フォームがあります。そのため、導入してソフトウェアについて学んでいる人たちは、検索が監査されることを知っています。クラウドサービスなので、アクセス権を剥奪することもできます。もし、テクノロジーの悪用があった場合、それを取り上げることができるようにしておきたいのです。

CH:IT軍が使っているようです。動画では、Clearview AIに似た顔認識プログラムの利用を実演しています。これはボランティアのハッキング部隊ですが、ウクライナにおけるIT軍がClearview AIを使用しているように見えるのはなぜでしょうか?

HT-T:私が言えるのは、参加メンバーは全員、政府関係者だということです。私たちが直接IT軍団の誰かをオンボードしているわけではありません。私たちが話を聞いて受け入れた人たちには、きちんと使い方のトレーニングをしています。IT軍がClearview AIの検索を実行しているという憶測は、この件に関して我々が持っている情報とは一致しません。Clearview AIは、ウクライナにおける法執行機関や政府関係者の使用を想定しています。

CH:もしかして、誰かがユーザー名とパスワードをIT軍団の誰かに教えたのでしょうか?

HT-T。誰かがスクリーンショットを共有したり、どのように動作するかを共有した可能性はありますが、私たちはテクノロジーの使い方が何であれ、例えば亡くなった人を特定するためであれ、それがポジティブな方法で行われることを確認したいのです。国家警察とすべてのユーザーのポリシーは、人道的な方法で遺族に伝えることです。

CH:IT軍がこのテクノロジーを使って、死んだ兵士の家族にプロパガンダとして知らせるということは考えなかったのですか?

HT-T:私は(ロシア政府の)何人かの関係者と話し、「いいですか、これはあなたが知っていたことなのですか?こんなことをするのは、あなたのやり方なんですか」と。すると、それは我々の正式なやり方ではない、と言ったんです。そして、彼らもそれは望んでいないことだと断言した。繰り返しになりますが、今は戦争中です。緊張が高まっている。そういうことが起こり得るのです。

もし、本当に悪い方向に利用されると思ったら、アクセスを許可しないと思います。ただ、人道的な方法で情報を発信することが最も重要だと考えています。Clearviewとしてコントロールできるのは、適切な人にアクセスさせることです。例えば、ロシア人などにはアクセス権を与えず、ウクライナにはできるだけ適切な訓練を受けさせるわけです。

CH。 適切に使用されていないと考え、ウクライナに関連するアクセスを取り消したことはありますか。

HT-T:いいえ、今のところありません。しかし、ウクライナのこれらのエージェンシーの管理者は、そうする能力を持っています。彼らは検索を監査し、アカウントへのアクセスを削除し、適切と思われるアクセス権を与えることができます。Clearview AIは、あるエージェンシーで悪用があった場合のみ、アクセスを取り消すことにしています。何かが本当にそのレベルまでエスカレートするまでは、アクセスを取り消すことはしていません。

CH:NSOグループは、スマートフォンに遠隔で埋め込むことができる監視ソフトウェアを製造しているイスラエルの企業です。その技術は、権威主義的な政府が市民を監視するために使われているとして、大きな批判を浴びています。御社の顔認識テクノロジーでは、NSOの罠をどのように回避しているのでしょうか。

HT-T:NSOは、私たちがやっていることとはまったく異なる種類のテクノロジーだと思います。私たちはインターネットから公開情報を検索しています。ですから、本当にGoogleと同じです。Googleに誰かの名前とLinkedInという単語を入力すると、その人の写真が見つかるとしたら、Clearviewは基本的に同じことができますが、写真で検索することになるのです。私たちは、法執行機関とも仕事をしています。NSOは携帯電話に侵入するため、非常にプライベートなデータである点が異なります。また、ソフトウェアを販売する際、間違った業者や政府に販売した場合、それを回収する能力がありません。一方、Clearviews のソフトウェアはクラウドで展開されます。もし何かひどいことや不正を発見した場合、アクセスを取り消すことができます。また、私たちは民主主義国家と協調し、このテクノロジーが民主主義国家間で責任を持って使用できるものであることを確認したいと考えています。

CH:数年後、誰もがこの機能を持ち、VRグラスや携帯電話に組み込まれるようなシナリオを想像できますか?

HT:拡張現実は、軍事基地に配備されるような興味深いものです。アフガニスタンでは、検問所で撤退する際に、テロリストが人々を爆破する可能性があるという事態が発生しました。彼らはIDを間近で見ているのです。ハンズフリーで離れた場所にいる人を確認できるというのは、非常にポジティブなユースケースだと思います。

出典:https://therecord.media/at-war-with-facial-recognition-clearview-ai-in-ukraine/

Print Friendly, PDF & Email
Tags:
Previous 追跡と標的 ミャンマーのCCTVカメラと顔認識に関するFAQ
Next (The Conversation)顔認識テクノロジー:ウクライナでの使用例と、いまだ議論の的となっている理由