反戦メーデー。 ロシアで、戦争ではなく鳩に餌をやるストライキを

以下は、Trans-national Strike Infoのサイトに掲載されていた英語からの翻訳です。

反戦メーデー。 ロシアで戦争ではなく鳩に餌をやるストライキを
2022年4月27日

戦争に反対するフェミニスト

ロシア語

5月1日、12:00から16:00

5月1日、労働者メーデーに、私たちの労働が本当に価値あるものであることを思い出し、実感してください。ストライキ!
そして「平和」と名のつく広場や大通り、その他の街のオブジェのあるところに出かけ、ハトに餌をやり、同じ志を持つ人々と出会い、自分の仕事を振り返ってみてください。

なぜストライキなのか?

ストライキは、連帯と支援のための教訓です。共に行動する能力を鍛え、システムの再生産に自分がどう寄与しているかを振り返る方法なのです。ストライキは、未来が入り込む日常生活の裂け目です。労働の流れから外れ、いつものリズムを壊すことで、自分の仕事(有給、無給)がどのようにシステムの再生産に影響を与えるのか、その速度を減速させるために何ができるのかを理解する機会を作るのです。ハトに餌をやる仲間に会うことで、抵抗するための新しい方法を考え出すことができます。

ロシアでは、デリバリークラブの宅配便、ゴミ収集車の運転手、M-12高速道路の建設業者、ディベンスカヤ圧縮機場の労働者がストライキを行っています。ロシアでは独立した労働組合のリーダーが迫害されています。宅配便労働組合の共同議長であるキリル・ウクラインツェフの自宅が夜間捜索され、反戦を理由に解雇された人々もいます。連帯を示すためにストライキを起こそう ! 5月1日に鳩に餌をやりに出て、同盟者を見つけ、自分なりのストライキの方法を考えよう。

休みの日にどうやってストライキをするんだ?

毎日、私たちは働いています。仕事に行き、勉強し、国の機関や民間企業で働き、経済が機能するプロセスに関与しています。しかし、多くの人は子どもの頃から、自分の労働は何の意味もなく、大きな機械の小さな歯車に過ぎないという考えを教え込まれています。あるいは、仕事をすること自体が美徳であるとも。ストライキは、現在の政治的空白状況の中で、私たちの無意味さに対して異議を唱え、私たちの強さと主体性を確認するための方法です。

そして、もう一つの種類の不払いでかつ目に見えない労働があります──それは、家事労働です。料理、掃除、子供や 高齢者の世話、愛する人の世話をする幾千もの実践、これは多くの女性が一生のうち23年間も余分に労働する大仕事です。もし女性たちが少なくとも1日、この仕事を中断したり減らしたりして、家事を拒否し、休息、コミュニケーション、抗議行動、解放のための実践に専念するために、自分たちのための1日を確保したらどうなるでしょうか?女性たちが、これは労働であり、賃金が支払われるべきものだと主張したらどうでしょう?

自分の労働を可視化するために、労働を止めよう。戦争ではなく、鳩に餌をやるのです。そして、この無為な活動のあいだ、サボタージュの実践について考え、同じ志を持つ人々に会うこともできます。

今年の5月1日には、世界の多くの国で政治的ストライキが行われますが、私たちはこれに参加するための独自の形も提案しています。技術的には職場でのストライキよりシンプルですが、新しい人脈や支援ネットワークを作ることができます。ストライキを学ぼう!」。

多くの人にとって、たとえ1日でも家事や介護を放棄することは特権であることを私たちは理解しています。しかし、多くの女性にとって、他の親族が戦争、性差別、暴力を支持しかねない家庭という空間では、それはとても難しいことであることも、私たちは理解しています。もし、この日に家を出る機会があれば、自分の事を他の人に移し、私たちのアクションに参加し、屋外で時間を過ごしてください。怠けることは時に最も実りある時間なのです。

なぜ鳩に餌をやるのか?

不条理なストリートアクションの一種としてのハトの餌付けは、2019年、選挙における無所属候補を支持する抗議活動の際にロシアで定着していきました。多くの都市で、人々は粟を手に街頭や広場に繰り出し、そこで同じ志を持つ人々と出会い、その過程でコミュニケーションを図りました。私たちは、世界の鳥に餌を与え、戦争に餌を与えるな!このような形を思い起こすことにしました。

女がやめれば、世界は止まる!

Telegram: https://t.me/femagainstwar

Print Friendly, PDF & Email