(マルレーヌ・ラリュエル)プーチン侵略の知的原点:現代ロシアの宮廷にラスプーチンはいない


(訳者前書き)先にヴァロファキスのインタビューを紹介したが、そこでは、もっぱら軍事的な力学の政治に焦点を宛てて戦争の去就を判断するというクールな現実主義に基づく判断があった。ここでは、戦争へと至る経緯の背景にあるもっと厄介な世界観やイデオロギーの観点から、この戦争をみるための参考としてマレーネ・ラルエルのエッセイを紹介する。イデオロギーが残虐で非人道的な暴力を崇高な美学の装いをもって人々を陶酔の罠へと陥れることは、日本の歴史を回顧すればすぐに見出せる。いわゆる皇国史観と呼ばれ日本の侵略戦争を肯定する世界観や天皇制イデオロギーは、これまでもっぱら日本に固有のイデオロギーとして、その固有性に着目した批判が主流だったが、今世紀に入って極右の欧米での台頭のなかで論じられる価値観の構造に着目すると、そのほとんどが、日本がかつて公然と主張し、現在は地下水脈としてナショナリズムの意識を支えてきた世界観との共通性に気づく。ロシアにとっての主要なイデオロギー的な課題は「近代の超克」であり、それは西欧でもなければコミュニズムでもない、第三の道をある種の宗教的な信条と「伝統」として再定義された歴史や民族を基盤に構築しようとしているようにみえる。もしそうだとすると、ヴァロファキスの合理的な戦争終結への見通しはここでは通用しない。もっと長期化するのではないか、という最悪の状況が目に浮ぶ。

ラルエルが紹介しているように、ロシア正教は「あなたの任務は、ウクライナ民族を地球上から一掃することである」という民族浄化に免罪符を与えるものだと報じられている。ロシアだけでなく正教会内部にも大きな波紋を呼んでいるとも報じられているが、宗教的な信条が関わるようなばあい、人口の世俗化の程度にもよるし宗教的ナショナリズムが権力の弾圧の枠組としてどの程度まで有効性をもつのかにもよるとしても、問題は合理的な近代の政治力学の範疇には収まらないかもしれない。この問題は、日本にいる私たちにとっては、日本のナショナリズムが戦争と関わるときにもたらされる果てしない侵略の加害を美化するイデオロギーの問題として、捉えておく必要があると思う。(小倉利丸)


Marlène Laruelle ジョージ・ワシントン大学欧州・ロシア・ユーラシア研究所の所長。

2022年3月16日

西側諸国はこの3週間、プーチンのウクライナ侵攻の動機を理解するのに苦労している。合理的な行動だったのか、それとも狂人の反応だったのか。プーチンは、ある種のエミネンス・グライズ(ラスプーチンのような人物)に触発されたと主張する者もいる。しかし、そう単純な話ではない。

「教祖」は一人もいない。現実はもっと複雑で、悲惨な侵攻を引き起こすために融合した複数のイデオロギー的源があり、そのすべてが彼が信頼する人々や軍事顧問のグループの「法廷」を通じて媒介され、その多くが、力によってロシアの軌道に戻す必要のある国としてのウクライナというビジョンで一致しているのである。

2021年9月に行われたヴァルダイ・クラブValdai Club(ロシアのエリート会議場、ダボス会議に相当)の講演で、プーチンは3人の影響力のある著者に言及した。ロシアから出国した[ロシア革命後フランスに移住:訳注]宗教哲学者のニコライ・ベルジャエフNikolay Berdyaev、ソ連の民族学者レフ・グミレフLev Gumilev、白人移民社会の反動思想家イヴァン・イリインIvan Ilyinである。プーチンはベルジャエフの本を読んでいることはあまり明かさなかったが、他の2人についてはより明確に述べている。

第一に、ユーラシア民族の歴史的運命の共通性と、ロシア民族ナショナリズムとは対照的なロシアの真の多民族性、第二に、「情念性」―生物宇宙エネルギーと内なる力からなる各民族固有の生きた力―の考えである。2021年2月にプーチンが述べたように、「私は情念主義、情念主義の理論を信じている・・・ロシアはそのピークに到達していない。我々は発展の道を歩んでいる…我々は無限の遺伝暗号を持っている。それは、血の混ざり合いに基づいている。”

グミレフがポストソビエトの文化の中でよく知られる存在であるのに対し、イワン・イリインはずっと周縁的な存在であり続けている。イワン・イリインは、ロシアの歴史を脱共産主義化させようとする反動的な思想家や政治家たちによって、最近になって復活を遂げた

プーチンは何度か、ロシア独自の運命とロシア史における国家権力の中心性についてのイリインの見解に言及したことがある。そして、イリインのウクライナに対する激しい憎悪にも気づいているのは確かである。イリインにとって、ロシアの敵は、偽善的な民主主義的価値の宣伝によってウクライナをロシアの軌道から引き離し、ロシアを戦略的敵対者として消滅させることを目的としている。イリインは「ウクライナはロシアの中で最も分裂と征服の危機に瀕している地域である。ウクライナの分離主義は人為的なもので、真の基盤がない。それは指導者の野心と国際的な軍事的陰謀から生まれたものだ」と述べている

しかし、プーチンのウクライナに関するビジョンをイリインだけに求めるのは誤りである。なぜなら、ロシアの思想家にとって、ウクライナはロシアの不可分の一部であり、西欧との対立におけるアキレス腱の一つであると言うのは当たり前のことだからである。ピョートル・トルベツコイはウクライナの文化を「文化ではなく戯画」と非難し、ゲオルギー・ヴェルナスキーGeorgy Vernasky は「(ウクライナ人とベラルーシ人の)文化的分裂は政治的フィクションに過ぎない。歴史的に見れば、ウクライナ人もベラルーシ人も、一人のロシア人の支流であることは明らかだ」と説明した。これは兄弟間の敵意であり、そこには多くの源泉がある。

現代の思想家では、アレクサンドル・ドゥーギンAlexander Duginもプーチンに強い影響を与えたとして、西側の観察者たちは盛んに引用している。そして、ドゥーギンは常にウクライナの独立を激しく非難してきた(「国家としてのウクライナは地政学的に意味を持たない」と彼は『地政学の基礎Foundations of Geopolitics』の中で書いている)。彼は、ウクライナをほぼ完全にロシアに吸収させ、ウクライナの最西部だけをロシアの管轄外におくことを要求した。

しかし、ドゥーギンはクレムリンの理解を得られない。彼はその定式化があまりに過激で、あまりに不明瞭で難解で、ヨーロッパの極右の古典に言及する「高尚な」知的水準の持ち主であり、プーチン政権のニーズには応えられないのである。彼は90年代にユーラシアとロシアを独特の文明とする地政学的概念を最初に提唱した一人だが、その後の数十年間、これらのテーマはドゥーギンの用法とは別に、あるいはそれに反して主流となった。彼は、軍産や安全保障関連機関にパトロンを持つことができたとしても、体制内の多くの市民社会組織のいかなるメンバーになることもなかった。

ロシアの帝国的使命を主張する思想家の中には、ドゥーギンのパトロンである2人の人物がいる。正教会の君主制実業家で、インターネットチャンネル「ツァルグラード」や討論グループ「カテホン」を主宰するコンスタンティン・マロフェエフ Konstantin Malofeevと、ロシア正教会の有力者でプーチンの聴罪司祭の1人と噂されているティホン司教Bishop Tikhonである。

二人とも、「伝統的価値観」の観点から反動的なアジェンダ(中絶反対、先天性主義、軍国主義、ロシアの歴史的役割モデルとしてのビザンチウムの崇拝、若い世代への激しい思想的教化)を推進し、クレムリンに話を聞いてもらおうとしてきた。マロフェエフはロシアの欧州極右や 財界貴族への働きかけの中心人物となり、ティホンは教会とクレムリンの橋渡しをし、その思想的融合を図ることに重点を置いている。

ここで、ロシア正教会の機関であるモスクワ大主教座the Moscow Patriarchateを話題にする必要があるのだが、同教会はウクライナに対して常に曖昧な態度をとり続けている。一方では、教会は教会法上の領土canonical territoryという概念を提唱する。つまり、教会の精神的領土はロシア連邦の国境よりも広く、ベラルーシ、ウクライナの一部、カザフスタンを含むという考え方である。教会の世界観では、東スラブ諸国はすべて、キエフを精神的発祥地とする一つの歴史的国家を形成している。プーチンが2021年の論文で宣言したように、ロシアとウクライナの統一という考えを教会が長い間先行して受け入れてきたのである。しかし大主教座はウクライナに多くの教区を持っていたため、ウクライナの国家としての主権も認めなければならず、ウクライナ正教会の教会としての独立を回避しようとしたが、これは結局2018年にコンスタンティノープル総主教座に認められるに至った。プーチンの宗教心がどこまで本物かはわからないが、ロシア自身の文明が文化の中心的な核である正教に依存していると考えていることは確かだろう。

これには、教会が鮮明に推し進めている「ロシア世界」という概念が加わっているはずだ。もともとは、領土を超えたロシアを意味する言葉だったが、次第にウクライナを含む「ロシアの領土」の再統一というロシアの使命を表す言葉に変化していった。

プーチンの親友であるユーリ・コヴァルチュクYuri Kovalchukは、ロシアの偉大さについて保守的かつ宗教的な見解を持っていることで知られている。コバルチュクはプーチンの側近の中でも最も秘密めいた人物で、国家機関では何の地位もない。ロシアの主要銀行ロシヤRossiyaの筆頭株主であり、複数の主要メディアチャンネルや新聞を支配し、プーチン個人の銀行家とも言われ、大統領の主要な邸宅を建設してきた人物である。プーチンはコバルチュックとコロナウイルス感染症の封鎖期間の大部分を過ごした。コバルチュックは、現在よりも歴史が重要であり、プーチンはロシアの長い歴史の中で自分自身のレガシーを考える必要があるという考えを彼に植え付けたようだ。

しかし、プーチンに思想的な影響を与えた人物を特定できたとしても、プーチンを行動に駆り立てるものは捕らえられない。

ソ連文化全体が数十年にわたって、ウクライナには明確な地政学的アイデンティティがないとされ、この地域(国ですらない:ロシア語でウクライナは「周辺」の意)が数世紀にわたって競合する庇護者の間で延々と揺れ動いたとする軽蔑的な物語を生み出してきた。また、第二次世界大戦中の反ユダヤ主義的な協調主義の汚点を決して「浄化」することができず、深く根付いたウクライナのナショナリズムというビジョンを培ってきた。これらの表現は、ソビエト政権の政治的道具立ての一部であり、多くのウクライナ人を「(ブルジョワ)ナショナリズム」の名の下に弾圧した。また、より非政治的なレベルでは、ウクライナ人を「バンデロヴィッツBanderovites」(ステパン・バンデラ、戦時中のウクライナ民族主義・協力主義の中心人物)と呼ぶジョークを通じて共有されていた。

これらは、一方のロシアと他方のポーランド、バルト諸国、ウクライナとを戦わせる現在の記憶戦争刷新され、再び利用されているのである。2012年以降、歴史の安全保障化がすすみ、ロシアを1945年の勝利の主役とする歴史的真実を確立しようとする法律が数多く制定され、1939年から1941年の独ソ条約と、ポーランド、フィンランド、ルーマニアの一部とともにバルト諸国への侵攻が軽視されるようになった。また、第二次世界大戦に関する別の記憶や、ソ連の指導者の意思決定の正当性を問うようなことは一切処罰された。

このような安全保障化は、憲法に刻まれることで最高レベルに達し、2020年の新改正では、国家が「歴史の真実」を保護する、と宣言している。軍事歴史学会のような多くの国家機関は、記憶戦争を激化させ、したがって、ウクライナのナチス化に関する物語をウラジーミル・プーチンに与える上で中心的な役割を担ってきた。

また、大統領は、たとえ権威主義的、独裁的な大統領であっても、自らの社会の文化的枠組みの外で生きているわけではないことを忘れてはならない。プーチンは定期的に自分の好きな音楽や映画──ソ連のスパイものの古典や愛国的な色彩の強い現代のバンド──を披露しており、彼がテレビを見ていることは推して知るべしである。

多くの国民がそうであるように、彼もまた、反ウクライナ感情を煽る政治トーク番組や、ロシア帝国の偉大さと領土征服を称える愛国映画に酔いしれているのであろう。ロシア帝国とその中でのウクライナ人の従属的役割の記憶は、ロシアの文化生活の多くの構成要素に浸透しているので、彼を鼓舞する教義的テキストを探す必要はないかもしれない。

プーチンの世界観は長年にわたって構築されたものであり、イデオロギーの影響というよりも、西側に対する個人的な憤りによって形成されたものである。ロシア哲学の古典を読むと、ロシアと西欧の歴史的な闘争が強調され、両者の文明的な境界線としてのウクライナの役割が強調されているが、これが彼自身の生活体験の裏付けに確証を与えている。

このように、ロシアがウクライナへの侵攻を決めたのは、間違いなくきわめてイデオロギー的な要素が強い。しかし、この戦争の背景には、ウクライナに関する低レベルの情報収集という別の側面もある。軍事顧問も安全保障局も、この戦争は簡単に勝てると思っているようだ。そして、ここで大統領の仮面が剥がれ落ちる。プーチンは高齢で孤立した権威主義的指導者であり、彼に勝利の可能性に関する現実的な評価をもたらすことを恐れる顧問に囲まれていることが明らかになる。その結果、ロシアは主権を持つウクライナを他のヨーロッパ諸国とともに第二次世界大戦以来最悪の破局に向かって引きずり込むことを加速させているのである。

出典:https://unherd.com/2022/03/the-brains-behind-the-russian-invasion/

付記:下訳にDeepLを用いました。

Print Friendly, PDF & Email