刺青あるいはタトゥと身体表現の自由

投稿日: コメントするカテゴリー: 文化表現の自由、検閲批判

刺青あるいはタトゥと表現の身体表現の自由 (注)「はじめに」で控訴審判決を引用した際に、一部間違いがあったので、改訂しました。(2011年11月21日) Table of Contents 1. はじめに 2. 身体における自然と文化――身体は医学の領域を越える 2.1. ファッションと身体 2.2. 支配的な身体表現と少数者の身体表現 2.3. 自然科学=合理主義の身体観と文化的な身体 2.4. […]

書評 アライ=ヒロユキ『検閲という空気――自由を奪うNG社会』(社会評論社)

投稿日: コメントするカテゴリー: 文化書評、映画評、音楽評など表現の自由、検閲批判

書評 アライ=ヒロユキ『検閲という空気――自由を奪うNG社会』(社会評論社) 本書は、その副題に「自由を奪うNG社会」とあるように、「NG」を連発するようになっている日本の現状を具体的な事例で紹介しつつ、その底流にある不寛容がいったい何に由来しているのか、そしてこれに対して、私たちの側からどのような対抗が可能なのかを論じており、挑戦的な仕事だ。本書で取り上げられた事例は非常に広範囲で、地域社会の日 […]

はじめてのインターネットラジオ放送

投稿日: コメントするカテゴリー: 主宰者からのお知らせ文化民衆的自由の権利

実は、私自身、ネットラジオは全くの初心者です。ですので、参加される皆さんと一緒に、とりあえず「出きる」ところまでやれることをとても期待しています。ことばは、読むこと、書くことだけでなく、話すこと(歌うこと?)、聞くことも大切なことです。話す、聞くことでしかできない可能性をいろいろ工夫するきっかけになればと思います。ネットでラジオ局を開局するときに、iTunesとかYoutubeなど既存のインフラを […]

(再録)大衆動員に使われた聖火——官僚の描いた日本地図の中心

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: オリンピックナショナリズム天皇制批判文化

近代オリンピックと聖火 オリンピックをはじめとする国際的なスポーツ競技は、なぜ国別に勝敗を争い、勝者の属する国家の国旗を掲揚し、国歌を演奏するという勝利の儀礼を行うのだろうか。このあまりにも当り前になっているスポーツ競技の儀礼風景は、観衆に向けられたナショナル。アイデンティティ確認の儀礼であるといっても間違いではない。オリンピックをこうした視点で見ると、すぐれて観衆に向けて組み立てられた動員のイベ […]

弾圧に抵抗した100年前のアーティストたち――エロシェンコと宮城与徳と大杉栄

投稿日: コメントするカテゴリー: 主宰者からのお知らせ文化

ふくおか自由学校から転載します。 アジア太平洋戦争前から戦中まで、活動家たちは国家権力側に監視され続けました。そんな弾圧のなか、したたかに抵抗をみせた二人のアーティストたちにスポットをあてます。盲目の詩人であるワシリイ・エロシェンコと、沖縄出身の移民青年画家・宮城与徳。更に、恋と革命に生きた大杉栄にもつながるのはアナキズム、そしてエスペラント語。100年前に描かれた言葉やキャンバスが現代に蘇り、希 […]

プロプライエタリ社会をハックする:セキュリティー・エデュケイション

投稿日: コメントするカテゴリー: 主宰者からのお知らせ文化

当初、インターネットは社会を変える民衆のツールとして現れたように見えました。しかし、そのツールはどのような使い方も可能なものでした。猛威を振るう資本の流れは、ドットコムバブルを引き起こし、インターネットを資本に取り込んだのです。それは資本と政府が渇望する民衆管理のツールとして発展し始め、SNSの出現によってその能力は飛躍を遂げています。同時にインターネットの自由の保護に邁進する人たちも現れています […]

声明 知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議による「インターネット上の海賊版サイトに対する緊急対策」に反対する。

投稿日: コメントするカテゴリー: 共謀罪声明、アピールなど文化監視社会表現の自由、検閲批判

以下、JCA-NETの声明を転載します。海賊版サイトへのブロックの問題はこの声明のなかで指摘されていますが、こうしたブロックが公権力とプロバイダーによって恣意的に行なえる土台が構築されかねない極めて危惧すべき政策だと考えます。 声明 知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議による「インターネット上の海賊版サイトに対する緊急対策」に反対する。 2018年4月23日 JCA-NET理事会 東京都千代田区外神 […]

Good bye 商用SNS!! Kick out リーガルマルウェア!!

投稿日: コメントするカテゴリー: 主宰者からのお知らせ文化

facebookは5000万件の個人データを不正にCambridge Anaryticaという調査会社に渡し、このデータが米国大統領選挙のために不正使用させた疑いがもたれています。トップのザッカーバーグは、不正行為を認めて謝罪する事態にまで発展し、facebookボイコット運動が拡がりはじめています。他方で、昨年以来、米国ではあらためて政府捜査機関による合法的なマルウェアを利用して大量の個人情報を […]

プロプライエタリ社会をハックする──ビッグデータの光と影

投稿日: コメントするカテゴリー: 主宰者からのお知らせ文化

BY FAU2018年2月22日 ◎ターゲット・マーケティングの戦略◎ 今回のセミナーは特別ゲストをお呼びして、ビッグデータの集め方やターゲット・マーケティングの技法をトークしてもらいます。その方法を知ることで、資本への隷属から逃れるプライバシーの守り方を学びます。 トークの時間は1時間程度です。前後にLinuxインストールや暗号化のおさらいをしますので、PCをお持ち下さい。 ★トークゲスト:池田 […]

プロプライエタリ社会をハックする:WindowsとMacから離脱して新年を迎えるために

投稿日: コメントするカテゴリー: 主宰者からのお知らせ文化

BY FAU2017年11月24日 自由のための道具とは――Linuxを支えたオープンソースとフリーソフトの思想 日本のほとんどのパソコンのOSは、WindowsかMacの二つの選択肢しかないと思わされている現実があります。しかし、Linuxという第三の選択肢があることは「聞いたことがある」けれども、パソコンショップでもネット通販でもほとんど見かけないし、難しいらしいとか、使い勝手が悪いなどという […]