(Common Dreams)ボリス・ジョンソン、ゼレンスキーにロシアとの和平交渉を断念するよう圧力をかけた。(ウクライナ紙報道とともに)

(前書き)以下は、Common Dreamsに掲載された記事の翻訳および、その後ろに、この記事の根拠となっているウクライナのUkrayniska Pravdaの記事の翻訳を掲載しました。ウクライナの戦争は状況の進展のなかでその性格を変化させつつある。侵略者のロシアを徹底的に敗北に追いやろうとする欲望が西側諸国で支配的になってきた5月前後の時期に明らかになった開戦と停戦をめぐるウクライナ政府内部の動向だ。すくなくとも、この記事を信頼するとすれば、2月のロシアによる侵略当初、西側はウクライナの早い時期の降伏を計画し、亡命政権樹立を企図していたことになる。しかし戦況がウクライナに有利になるとみると、今度は、ロシアとの停戦協議を阻止するかの行動を英国がとるようになった。国家の行動を支えているのは国益であり、人々の権利でもなければ平和でもない。国益とは国家権力を握る社会集団の権力基盤の拡大再生産を意味していおり、これにイデオロギー装置が普遍的な価値をめぐる「物語」の衣裳をまとわせることになる。以下の記事がでてから1ヶ月以上たち、現在はロシアが東部で優勢であると報じられている。東部の戦争は2014年以降継続しており、長期化は、結果として人々の生存の権利を奪うことになる。正義の戦争ほど止めることは難しいし、敗北を甘受する理屈も立ちにくい。これが正義を戦争や暴力によって実現しようとするばあいの最大の難問でもある。正義と力の間には何ひとつ相関関係はなく、不正義が勝利することは当たり前のようにして歴史では繰り返さており、戦争が終結してみると、実は正義の側にも不正義が、不正義の側にも幾許かの正義があったりもする、というふうに、「戦後」の時代の価値観から歴史の再評価が行われたりもする。いかなる時代の評価になろうとも、事実として存在するのは、戦争によって犠牲となった人々の存在だ。こうした犠牲を最小化するために、戦争は何の役にもたたない。正義という概念の曖昧さを自覚してあえて言うのだが、目的を達成するための手段は、力の行使によることもありうるという人類の歴史を20〜21世紀の近代国家体制が極限にまで推し進めたことを反省すべきであり、未来の歴史において、正義であれ人権であれ、自由であれ平等であれ、普遍的価値お実現を暴力という手段に委ねることによっては、そもそもの目的それ自体も実現してない、ということを私たちはきちんと証明することに迫られている。(小倉利丸)


ストップ・ザ・ウォー連合は、「英国政府はウクライナの平和を阻害する存在となった。そこでの紛争はロシアとNATOの代理戦争に発展しており、その被害を被るのはウクライナの人々である」と述べた。

JAKE JOHNSON

2022年5月6日
ウクライナのニュースメディアUkrayinska Pravdaは木曜日、英国のボリス・ジョンソン首相が先月キエフを突然訪問した際、戦争終結のための和解に向けたウクライナとロシアのわずかな進展が見られた後でも、ロシアとの平和交渉を打ち切るようヴォロディミル・ゼレンスキー大統領に圧力をかけた、と報じた。

プラウダは、ゼレンスキー大統領の「側近」と顧問チームの匿名の情報源を引用して、「ジョンソンはキエフに2つの分かりやすいメッセージを持ってきた」と報じた。

「第一は、プーチンは戦争犯罪者であり、交渉ではなく、圧力をかけるべきだということ。そして第二に、たとえウクライナがプーチンと保証に関する何らかの協定を結ぶ用意があるとしても、彼らはそうではない。我々はあなた方(ウクライナ)とは(協定を)結べるが、彼とは結べない。いずれにせよ、彼は皆をねじ伏せるだろう」ゼレンスキーの側近の一人は、ジョンソンの訪問の本質をこう総括した…。

ジョンソンの立場は、2月当時、ゼレンスキーに降伏して国外脱出することを示唆した西側諸国が、今では以前想像していたほどプーチンが強力ではないと感じている、というものであった。

しかも、彼に「圧力をかける」チャンスはある。そして、西側はそれを利用したいと考えている。

ジョンソン首相は外遊中の公式発言で、英国は米国やドイツなど西側諸国と並んで、「この悲劇を終わらせ、ウクライナが自由な主権国家として存続・繁栄するために軍事・経済支援を強化し、世界規模の同盟を呼びかける」ことを誓った。

「私は今日、英国がこの進行中の戦いで揺るぎない立場で彼らと共ににあることを明らかにした。我々は長い目で見ている」と、英国の右翼指導者は語った。

4月9日のジョンソン訪問の前に、ベラルーシとトルコで開かれたハイレベル外交協議は外交的突破口を開くことができなかった。しかし3月中旬、ロシアとウクライナの代表団が、モスクワ軍の撤退と引き換えにウクライナがNATO加盟を断念する15項目の平和協定に向けて「大きな前進を見せた」との報告がなされたのだが。

しかし、ロシアが壊滅的かつ違法な攻撃を続ける中、協議はその後行き詰った。

4月12日、ロシアのプーチン大統領は、和平交渉は「暗礁に乗り上げた」と宣言した。そして、ゼレンスキーは3月下旬にプーチンと直接会談することを要求したが、ウクライナ大統領の顧問の一人は先月のラジオインタビューで、「今はまだ両大統領の交渉の時ではない」と述べた。

Mykhailo Podoliakは、「もう少し後になれば、おそらく(実現するだろう)。しかし、この交渉におけるウクライナの立場は、非常に強いものであってほしい」と述べた

ジョンソン首相もまた、紛争がすぐに外交的に解決されるとの見通しを公に否定している。ジョンソン首相は4月20日、記者団に対し、プーチン大統領との交渉は「足を顎でつかまれたワニを相手にするようなものだ」と述べた

ジョンソン首相は、「彼の誠実さの欠如が明らかな今、ウクライナ人がプーチンと交渉できるかは非常に難しい」と述べた。「彼の戦略は、明らかに、ウクライナを出来るだけ飲み込み、取り込もうとするもので、おそらく、強者の立場から何らかの交渉を可能にしようとするものだろう。」と述べた

和平交渉の停止を求めるジョンソンの報道に対して、ゼレンスキー自身がどう反応したかは不明だ。英国首相がキエフに到着した同日、ゼレンスキーはAP通信のインタビューに応じ、「この国を拷問した人物や人々とは誰も交渉したがらない」と語った。

「これは、すべて理解できる。そして、男として、父親として、私はこれを非常によく理解している」と続けた。

しかし、ゼレンスキーは、「もし機会があれば、外交的解決のための機会を失いたくない」とも付け加えた。

金曜日、ゼレンスキーはイギリスのシンクタンク、チャタムハウスでのバーチャル講演で、ロシアとの平和的解決に向けた「すべての橋が破壊されたわけではない」と述べた

プラウダの報道は、ジョンソンや他の西側指導者の公的な発言とともに、グローバルな大国が、何千人もの民間人を殺し、世界的な影響を及ぼす人道的危機を引き起こしたロシアの戦争に対する外交的解決の可能性を積極的に潰しているという長年の懸念を高めた。

英国を拠点とするストップ・ザ・ウォー連合the War Coalitionの呼びかけ人であるリンゼー・ジャーマンは、金曜日の声明で「英国政府は、大量の武器輸送と扇動的なレトリックによって戦争の継続を助長し、ウクライナの平和を阻害する存在となった」と述べた。「この紛争は、ロシアとNATOの代理戦争に発展しており、その結果を被るのはウクライナの人々である」。

「私たちは、計り知れない結果をもたらす紛争のエスカレートのリスクを軽減すること、即時停戦と交渉による解決を求めるキャンペーンを行っています」とジャーマンは述べている。

ロシアの侵攻は3カ月目に入り、モスクワはウクライナ東部に攻撃を集中させ、西側の兵器で重武装したウクライナ軍はロシア軍を主要都市から追い出そうとしている。

「ウクライナ軍兵士は金曜日、ウクライナ北東部のロシア軍に対して攻勢に出た。東部の領土を支配するための過酷な戦いは、どちらも大きな突破口を開くことができないまま、ますます残忍な消耗戦になっている」「ウクライナでは、西側同盟国から提供されたより高性能な武器と長距離砲が前線に流れ込み、ウクライナがより攻撃的な行動を取れるようになったため、国の一部において攻勢に転じたと主張した」と、ニューヨークタイムズは報じている

先週、Common Dreamsが報じたように、米国防総省のロイド・オースティン長官は、バイデン政権がウクライナ軍を武装化する目的は、「ロシアがウクライナに侵攻できない程度まで弱体化することを確認することだ」と述べた。

外交政策アナリストや平和運動家は、オースティンの発言は、米国がロシアとの長期的な代理戦争にコミットしており、核武装した2つの大国が直接対決する危険性があることを示す厄介なものだと受け止めている

政策研究所の新国際主義プロジェクトのディレクターであるフィリス・ベニスは、金曜日にCommon Dreamsに電子メールで「米国の行動は、ワシントンの優先順位が、ウクライナ人を守ることではなく、ロシアを弱めることであることを明確にしている」と語った。

タイムズ紙は水曜日に、匿名のアメリカ政府関係者を引用して、数十億ドル相当の最新兵器に加えて、バイデン政権はウクライナに 「ロシア将兵の多くをターゲットにして殺害可能にするロシア部隊に関する情報を提供し、その将兵たちがウクライナ戦争で戦死した」と報じた

国防総省はこの報道を否定したが、ジョン・カービー報道官は、米軍がウクライナにある程度の情報を提供しており、今後も提供し続けることを認めた。

クインシー責任ある国家戦略研究所the Quincy Institute for Responsible Statecraftのロシアとヨーロッパ問題上級研究員のアナトール・リーベンは、木曜日のコラムで、「ロシアの将軍に関する情報をウクライナに与えることは、危険な賭けである」と警告している。

「バイデン政権と米国のエスタブリッシュメントは、たった一つの質問を自問自答する必要がある。もし立場が逆だったら、第三国が意図的に米軍司令官の殺害を手助けすることに、米国はどう反応するだろうか?」と、リーベンは書いている。「バイデン政権は、米国の戦略はウクライナ防衛を支援することであり、ロシアに完全な敗北を押し付け、これを利用してロシア国家を弱体化させたり破壊したりすることではない、とロシアに保証するために直ちに行動しなければならない。」「最初のステップは、ワシントンが、クリミアとドンバスの地位の問題の外交的解決を支持し、ロシアがウクライナでの攻勢を止め、停戦に同意するなら、米国はその停戦を尊重することを公に宣言することだ」とリーベンは主張した。

この記事は、政策研究所のフィリス・ベニスのコメントを追加して更新された。

出典:https://www.commondreams.org/news/2022/05/06/boris-johnson-pressured-zelenskyy-ditch-peace-talks-russia-ukrainian-paper


ゼレンスキーの「降伏」からプーチンの降伏へ:ロシアとの交渉はどうなっているのか

ロマン・ロマニューク – 2022年5月5日(木) 09:30
332463
Додати у вибране

ロシアとの和平交渉は、ウクライナが70日間の全面戦争を経て、絶望から自らの強さと真の同盟者たちの輪を実感するまでの物語である。

「もし戦争が始まった日に、今のような和平協定にサインすることが許されていたら、我々は迷うことなくサインしていただろう。しかし、今やこの協定は我々にとって妥協に過ぎると思われる」と、ゼレンスキー大統領の側近がウクライナ・プラウダとの会話でオフレコで語っている。

一般的に言って、攻撃開始早々、ウクライナはある種の戦術的降伏を覚悟していたが、ロシアの将来の敗北を示す最初の試みに道を譲ったのである。

そのようなシナリオを公に認めることは、今のゼレンスキー陣営にとってあまりにも勇気のいることであることは明らかである。しかし、大統領府の閣内では、このような経過がもはや空想としてではなく、現実のものとして語られているのである。より正確に言えば、ウクライナが現実化できることである。

ゼレンスキーがそう信じる背景には、世界政治における2つの大きな変化がある。

第一に、ウラジーミル・プーチンとその軍隊の「力」の神話が、イルピンやルビズネの郊外で徐々に潰されつつあること。

第二に、西側の孤立主義とウクライナを本当に助けようとしない姿勢は、ついにブチャボロディアンカ、マリウポルの集団墓地に葬り去られた。

ウクライナ・プラウダは、この2つの変化がロシアとの和平交渉の行方にどのように影響しているのか、誰が誰と話しているのか、ボリス・ジョンソンの緊急訪問がどのように流れを変えたのかを調べてみた。

降伏までの72時間

ウラジーミル・プーチンは72時間以内にウクライナを攻略しなければならなかった。ウクライナの選択肢はただ一つ、降伏することだった。

この2つのシンプルな文章は、ロシアとウクライナの戦争と、それによる和平交渉の出発点を要約することができる。

このシナリオをキエフとゼレンスキーに報告したのは、クレムリンではなく西側のパートナーであることを、その信憑性を疑う人たちのために明らかにしておく必要がある。

「つまり、本格的な戦争が始まる前に、ゼレンスキーはウクライナを離れて亡命政権を樹立するという最初の申し出を受けたということだ。この申し出は、ミュンヘン会議中に大統領に誠実に行われたものです。そして彼らは、ウクライナに帰らない方が(ゼレンスキーにとって)良いと言いました」と、ミュンヘンでの代表団の一人がウクライナ・プラウダに内密に語っている。

ゼレンスキーは、ワルシャワかロンドンか、あるいは他の場所を「居住地」として選ぶように言われた。 パートナーたち全員が驚いたことに、大統領はウクライナに帰国した。

このときゼレンスキーは、「今朝はウクライナで朝食をとったし、夕食もウクライナでとる」と発言し、西側を批判する有名な演説と同様に、会議の聴衆に衝撃を与えた。

パートナーたちの立場は理解できる。彼らはプーチンの準備について知っていたし、彼の軍隊の計画についても知っていたし、ウクライナ各地に集まった120の攻撃大隊-戦術グループのさまざまなレベルの司令官たちに、参謀用の封筒でどんな任務が送られるかも知っていたのだ。そして、ウクライナに勝ち目がないことを「知っていた」のである。

「当初、私たちはロシア連邦の正確な計画を知りませんでした。しかし、キエフ近郊で死んだロシア軍司令官の参謀文書を押収したとき、すべてを理解しました。そこには、特定のグループがいつ、どこにいるべきか、精鋭の落下傘部隊が72時間以内にキエフの官庁街を制圧しなければならないこと、などがすべて記されていたのです。その72時間というのは、すべてのパートナーから聞いていたのと同じ時間です」 ゼレンスキーの「セキュリティ担当」トップの一人が、ウクライナ・プラウダとのインタビューでそう説明している。

1日が過ぎ、2日目が過ぎ、3日目が過ぎたが、キエフはまだ生きていた。首都周辺の森は、焼けたロシア軍の装甲と兵士の死体で埋め尽くされていたーそしてキエフはまだ生きていた。ホストメルやワシルキフの飛行場は火の海、ロシアのヘリコプターが飛んできては落ち、それでもキエフは耐えていた。

「3日目には、自分たちは生き残れるということを実感しました。私たちには力があるのだと。3日目になって、初めてシェルターから出ることができました」と、大統領府の代表者は言う。

そして3日目直後の2月27日朝、ロシアとウクライナは交渉開始を発表した。

фото: ツイッター Михайла Подоляка

“イスタンブール和平”

プーチンの計画の第一段階は失敗し、「世界第二の軍隊」による電撃戦は失敗に終わった。しかしロシア大統領は、会談中にウクライナを降伏させるに十分な力があるとまだ信じていた。

ウクライナ交渉団のリーダー、ダヴィド・アラカミア氏がインタビューで語ったように、ゼレンスキーの最初の任務は、ロシア側にウクライナが交渉の用意があるとの印象を与えることだった。

「成功すれば、ロシアの代表団が帰国して、この人たち(ウクライナ代表団のメンバー-UP)と話し合うことが可能で、何らかの検討が可能であると大統領に報告する感じになるように、任務を設定した」とアラカミアは述べた。

しかし、ロシア側は、第1回目の会談に、話し合うためではなく、ウクライナの降伏を正式に決定するためにやってきた。

「長い話を短くすると、その合意の本質は、我々(ウクライナ)はただあきらめるということ、このことをデビッド(アラカミア)がそれをどこか念頭に置いていた。そして、更にその上に、脱ナチ化とその他の(ロシア側の)要求もある」と、代表団の一人は言った。

代表団には、このような要求に応じる力も権限もなかったことは明らかだ。特に、大統領から与えられた指示はまったく違うものだったのだから。

「我々の代表団は、ロシアは2月23日時点の国境線に戻ること、つまり新たな占領や軍隊の撤収などを明確にした指示を受けて、2月28日の最初の会議に臨んだ」と、交渉準備に関わったゼレンスキー・チームの主要メンバーの1人は言う。

しかし、アラカミアたち(代表団)は大統領の主要任務を果たした。ウラジーミル・メディンスキー(プーチンの首席交渉官)とのコンタクトが確立し、現在も続いていると言わざるを得ないのである。

この公式の交渉ルートだけがロシアとの平和条約締結のために機能しているわけではないのだが。キエフとモスクワの交渉に──水面下で──参加しているもう1人の人物が、ロシアの大富豪ロマン・アブラモビッチだ。

「ロマンはアラカミアとも接触している。彼の利点は、プーチンに直接アクセスできる唯一の人物であることだろう。彼(プーチン)はどこにいようと、直接会っている。すべての(ロシアの)公式代表団は、自分たちのボスをテレビで見るだけだ。メディンスキーはプーチンと話すことができる──ただし、電話でだけだが」と、キエフのバンコヴァ(大統領府がある通り)の交渉に詳しいウクライナ・プラウダの情報筋は言う。

メディンスキーのプーチンへの接近度について、元Dozhdのジャーナリストたちによって設立されたロシアの調査報道誌『Proekt』が興味深い話を伝えている[Dozhd、別名「TV Rain」は、ロシアの独立テレビチャンネルで、2022年3月1日にロシア政府によって閉鎖された]。Proektによると、イスタンブール協定に関する有名な演説の後、政府の公式の目的に固執したことでメディンスキーが公式のプロパガンダによってボロボロになり始めたとき、彼はプーチンに電話をかけようとしたという。しかし、丸一日、電話はつながらなかった。

ところで、イスタンブールについて。これが今日のロシア・ウクライナ会談の重要なポイントだ。

イスタンブール会談後にメディンスキーが提起した合意事項のポイントは、実際に事実である。

「我々は “脱ナチ化”、”脱軍事化”、ロシア語などのくだらないものをすべて一掃した。我々はそこで、ウクライナが厳格で明確な安全保障と引き換えにNATOに加盟する用意がないことを指摘した。協定の枠組みは準備された。

しかし、その後、代表団はただ先に進むことができなかった。クリミアとドンバスの問題は、領土的な地位の問題です。ここでは誰もこの問題について話す権限さえありません。大統領たちが会って、どこに向かうかを決めればいい。首脳同士の会談が必要だ」とバンコバの情報筋の一人が語っている。

この会談はほぼ準備されていた。キエフ近郊と北部で非常に大きな損失を出し、チェルニヒフとハルキフの包囲に何ヶ月も失敗し、西側の厳しい制裁を受けたロシアは、ウクライナとの協定をどうしても必要としているのだ。

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相が、「ロシアの求めていることは正当であり、制裁解除のためにウクライナと交渉している」と、ロシアの要求が成立するように取り繕っているのには理由がある。彼らにとって、これは極めて重要な問題なのだ。

欧米はドイツのオラフ・ショルツ首相を通じて、ウクライナとの合意がない限り、誰もロシアへの制裁を解除しない、と明確な答えを出した。

“ボリス・ジョンソン”、さもなくばプーチンに “プレッシャー”

ロシア側は、誰が何と言おうと、シグナルを読むことができ、実はゼレンスキー・プーチン会談の準備はできていた。

しかし、2つのことが起こった。その後、ウクライナ代表団のメンバーであるミハイロ・ポドリアクが、今は大統領会談の「時ではない」と公然と認めざるを得なくなったのである。

まず、ロシア軍が一時的に占領したウクライナ領で行った残虐行為、レイプ、殺人、虐殺、略奪、無差別爆撃、その他何百、何千もの戦争犯罪が明らかになったことである…。

ブチャイルピンボロディアンカアゾフスタルについてプーチンと話すことができないとしたら、我々はいかにして、何について話すことができるだろうか。

プーチンと世界の人々の間のモラルのギャップ、価値観のギャップはあまりにも大きく、クレムリンでさえ、それをカバーできるほど長い交渉のテーブルを持ち合わせていない。

ロシアとの合意に対する第2の──もっと予想外の──「障害」が、4月9日にキエフで発生した。

イスタンブールの結果を受けて、ウクライナの交渉担当者とアブラモビッチ/メディンスキーが、将来可能な協定の構成について一般論として合意するとすぐに、英国のボリス・ジョンソン首相がほとんど予告なしにキエフに姿を現したのである。

「ジョンソン氏はキエフに2つのシンプルなメッセージを持ち込んだ。1つは、プーチンは戦争犯罪者であり、交渉ではなく、圧力をかけるべきだということ。そして2つ目は、たとえウクライナがプーチンと保証に関する何らかの協定に署名する用意があるとしても、それは無理だということだ。あなた方(ウクライナ)とは(協定に)署名してもいいが、彼とはできない。いずれにせよ、彼は皆をねじ伏せるだろう」、ゼレンスキーの側近の一人は、ジョンソン訪問の本質をこう総括した。

この訪問とジョンソンの言葉の裏には、ロシアとの協定に関わりたくないという単純な理由だけでは済まされないものがある。

ジョンソンの立場は、2月当時、ゼレンスキーに降伏して逃亡することを示唆していた西側諸国集団が、今ではプーチンが以前想像していたほど実際には強力ではないと感じている、というものだった。

Фото Лєри Полянськовоїна

しかも、彼を「押さえる」チャンスはある。そして、西側はそれを利用したいのだ。

ジョンソンは、今Vasylkiv roosterの幸せな所有者は、霧のアルビオンに戻って飛んで後3日後、プーチンはウクライナとの会談 “は暗礁に乗り上げていた “と公に述べた。

「我々はイスタンブールで一定の合意に達し、ウクライナの安全保障はクリミア、セヴァストポリ、ドンバスの領域には及ばないというものだった……。今、安全保障は一つのことであり、クリミア、セヴァストポリ、ドンバスとの関係を調整する問題は、これらの合意から排除されようとしている」とプーチンは述べている

その3日後、ローマン・アブラモビッチが再びキエフに到着し、ゼレンスキー大統領は、ロシアとの安全保障協定は2つあり得ると公式に述べた。1つはウクライナ自身のロシアとの共存を調整するもの、もう1つは安全の保証だけを対象とするものである。

「モスクワは、すべての問題を解決する単一の協定を希望している。しかし、誰もがロシアと同じテーブルに着くとは限らない。彼らにとっては、ウクライナの安全保障は1つの問題であり、ロシアとの協定は別の問題である。

ロシアはすべてを1つの文書にすることを望んでおり、人々は『申し訳ない、ブチャで起きたことを目の当たりにし、状況は変化している』と言っている」と、ゼレンスキーはジョンソンのプーチンへのメッセージを伝えている。

その後、二国間交渉は一旦保留となった。

今後どのように協力していくか、安全保障の保証人となりうる者をすべて交渉に参加させるにはどうすればいいか、誰を参加させるか、などを決めなければならなかった。

そして最も重要なことは、ウクライナは、ロシアとの対決において西側諸国がウクライナに寄り添う用意がどれほどあるのか、という宿命的な質問に対する答えを自ら理解しなければならなかったことである。

ウクライナは結局、欺かれ、破壊され、怒れるクレムリンと対面することにならないか。

21世紀のヨーロッパの交渉、戦争、歴史の行方も、この質問の答えにかかっている。

そして、このような複雑な質問に対する答えは、Ukrainska Pravdaで間もなく掲載されるであろう別の記事を読んでいただく価値があります。

ロマン・ロマニュク、UP
フォローする
Українська правда facebook Українська правда telegram Телеграм-кал УП на русском Українська правда youtube Українська правда instagram Українська правда rss
©2000-2022, Ukrayinska Pravda. 弊社の出版物をご利用の際は、参考文献(オンライン出版物の場合はハイパーリンク)を追加してください。

Interfax-UkraineおよびUkrayinski Novyny通信社から提供されたコンテンツを使用した出版物のコピーや転載はご遠慮ください。

有限責任会社アップメディアプラス すべての著作権は当社に帰属します。

創設者 ゲオルギー・ゴンガゼ(Georgiy Gongadze

編集長 Sevhil Musayeva(セヴヒル・ムサエヴァ

創立編集者 Olena Prytula(オレーナ・プリトゥラ

電子メール редакції: editor@pravda.ua

Print Friendly, PDF & Email