プーチンのウクライナ侵攻に抗議するロシア人1000人以上逮捕

以下はCommon Dreamsの記事の翻訳です。


プーチンのウクライナ侵攻に抗議し、1000人以上のロシア人が逮捕された。「これは前例のない残虐行為であり、いかなる正当化もできない」とロシア全土の都市から約200人の関係者が発言した。

ジェシカ・コルベット

2022年2月24日
ウラジーミル・プーチン大統領によるウクライナへの侵攻を批判する人々は、木曜日に公開書簡を寄せ、ロシアの街頭に出て、現在進行中の空と地上からの攻撃に抗議し、1000人以上の逮捕者を出す結果になった。

ロシア国内外での抗議は、モスクワがロシアの攻撃で少なくとも「ウクライナの軍事インフラの地上施設74カ所」が破壊されたと主張したことから起こった。

36歳のコンピュータープログラマー、ドミトリーは、ロシアの首都でモスクワタイムズに語った。「何もいいことはありません。戦争ではなく、合意形成が必要なのです」。

イリヤ・マトヴェーエフとイリヤ・ブドレイツキーは、Jacobin誌(注)でロシア人の戦争への支持はないと指摘した。
(注)Jacobinの記事 https://jacobinmag.com/2022/02/ordinary-russians-war-outbreak-ukraine-vladimir-putin

「一つの心強い兆候は、ロシア社会で戦争に対する明確な支持が見られないことだ。最後の独立系世論調査機関であるレバダ・センター(Levada Center ロシア政府から「外国人工作員」の烙印を押されている)によれば、ロシア当局によるドネツクとルハンスクの「人民共和国」の公式承認を支持しないロシア人が40%、支持するロシア人が45%である。」

「国旗の周りに結集するいくつかの兆候は避けられないが、主要なメディアソースを完全にコントロールし、テレビでプロパガンダ的なデマゴギーを劇的に流しているにもかかわらず、クレムリンが戦争への熱意を煽ることができないのは驚くべきことだ 」と二人は述べている。

タイムズ紙は、「戦争に抗議する単独ピケット-基本的にロシアで唯一の合法的な公的抗議の形態が、南部の都市トリヤッティから極東の都市ハバロフスクまで行われた」と報じている

独立監視団体OVD-Infoは木曜日、モスクワで午後11時半の時点で、ロシアの数十の都市で少なくとも1705人が拘束されたとツイートしている。

ロシアでの抗議行動とそれに伴う逮捕の映像は、ソーシャルメディア上で流れた。

英国のITVニュースのエマ・バローズは、ロシアの首都の警察の映像を共有し、「今夜のモスクワは恐怖と悲嘆に満ちている」とツイートした。

ガーディアン紙のモスクワ特派員アンドリュー・ロスは、ジャケットに「No to war」と書いた人と「Fuck war」と書いたプラカードを掲げた人の写真と、それで逮捕された2人目の男性のビデオを投稿した。

テレグラフ紙のモスクワ特派員ナタリア・ワシリエヴァも同様に、警察が路上で「No to war」と叫ぶ人々を捕まえていると述べている。

ワシリエヴァは、ロシアがウクライナに侵攻する少し前の水曜日、逮捕者と抗議行動について報じた。水曜日の午後、モスクワのプーシキンスカヤ広場で行われたデモで、少なくとも6人が拘束され、その中には45歳の小児科医、グリゴリー・シェヤノフも含まれていた。

「私はロシアの軍国主義的な姿勢に反対だ。私は平和のために出てきたのです」「今起きていることは、大きな戦争への準備です」とシェヤノフはテレグラフ紙に語った。

プーチンは木曜日未明、ドネツク(DPR)とルガンスク(LPR)の自称人民共和国を、それらの領土における親ロシア分離主義者とウクライナ軍との長年の紛争の後に承認し、ウクライナの軍事攻撃を発表した。

若者主導の気候変動運動「Fridays for Future」のロシア部門は、木曜日に一連のツイートで、「私たちFFFロシアの活動家は、いかなる軍事衝突にも反対する 」と明言したのである。

「私たちは血と死と関わりたくない。私たちや私たちの友人にとって、そんなことは決して望んでいないからだ。政府の行動は私たちの行動ではありません」と同団体は述べている。「未来のロシアのための金曜日 “は、国家のプロパガンダによっていかに “公平 “に描かれていようと、いかなる軍事行動にも常に反対し、現在も、そしてこれからも反対し続けるでしょう。戦争は公平ではありません。」

モスクワタイムズ紙は、ロシアの有名人や記者などの公人も戦争に反対の声を上げていると指摘した。その中には、プーチンの「不公平で率直に言って意味のない」軍事行動に対する公開書簡に署名した150人以上のロシアの科学者や科学記者も含まれている。

この書簡には、「ロシアは戦争を始めることで、自らを国際的な孤立とならず者国家の地位に追いやった」とあり、「ロシアの世界からの孤立は、我が国の文化と技術のさらなる劣化を意味する」と警告している。

ロシアの各都市の200人近い自治体議員が署名した別の公開書簡には、「我々、国民に選ばれた代議員は、ロシア軍によるウクライナへの攻撃を無条件に非難する 」

「これは前代未聞の残虐行為であり、いかなる正当化もできない 」「ロシアでの楽しい生活への希望が、目の前で崩れていく」と、自治体議員の書簡は付け加えている。

ノバヤ・ガゼタ編集長で2021年のノーベル平和賞受賞者ドミトリー・ムラトフは、プーチンが北大西洋条約機構(NATO)加盟国や介入しようとする国々に向けた核の脅威を薄く隠していると多くの人が見ていることを強調した。

最高司令官は、高価な車のキーホルダーのように『核のボタン』を手に回している」「次の一手は核の一斉射撃か?」とムラトフは言う。

「プーチンの報復兵器に関する言葉を、私は他の方法で解釈することはできない。ロシア人の反戦運動だけが、この星の生命を救うことができるのだ」

この記事は、より最近の抑留者の数字を加えて更新されました。

出典:https://www.commondreams.org/news/2022/02/24/over-1000-russians-arrested-protesting-putins-ukraine-invasion?vgo_ee=OgoL22C6mDv9LersUhXCjwA3SuMkJhmkGexv49sZvNU%3D

Print Friendly, PDF & Email