越境するアンダークラス──映画『バンコクナイツ』

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: 書評、映画評、音楽評など

空族の新作『バンコクナイツ』は、今年観た映画のなかで最も印象に残り、わたしがうかつにも忘れかけていた1970年代のタイの熱い民衆の闘争を思い起させてくれた。とはいえ、決して「政治的に正しい」行儀のいい映画ではない。そこが空族の最大の魅力だ。(以下、ネタばれは最低限に抑えたつもりだが、予断なしに映画を観たい方は読むのを控えてください) バンコクの歓楽街タニヤ、60年代から70年代にかけてラオスへの米 […]