Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(Access Now) KeepItOn ロシアの選挙期間中にインターネットのオープン性と安全性を保つための公開書簡

Header image: KeepItOn graphic votes

プレスリリース

ロシアの投票。ビッグテックは選挙期間中、インターネットのオープン性と安全性を維持しなければならない
2021年9月14日|午前5時11分

ロシアでは9月17日から19日にかけて立法院選挙が行われ、当局がオンライン上の表現の自由を厳しく制限している。Access Nowと#KeepItOn連合は、ソーシャルメディアの大手企業が人権のために立ち上がり、インターネットのプラットフォーム、アプリケーション、サービスの停止や検閲を求める政府の命令に抵抗することを要求している。

Access Nowの顧問弁護士ピーター・ミセクは、「私たちは、ロシアの政府関係者がしないこと、つまり人権擁護の立場をとることを民間企業に求めています。これは、フェイスブック、ツイッター、あなた方へのメッセージです。あなた方の人権ポリシーを実行に移し、権威主義政権がこの選挙で何百万人もの人々を黙らせようとする試みにノーと言ってください。ロシアの人々はあなたに依存しています。」

市民社会は、Appleのティム・クックCEO、Facebookのマーク・ザッカーバーグ会長兼CEO、Googleのスンダル・ピチャイCEOなど、デジタル分野で最も影響力のある人物に宛てた公開書簡を通じて、これらの仲介者が、ロシアにおける自由でオープンかつ安全なインターネットアクセスを維持するための支援を公に誓うことを求めている。

Access Nowのキャンペーン担当で#KeepItOnリードのフェリシア・アンソニオは、「批判的な声を取り締まることで有名なロシアでは、インターネットのシャットダウン命令がすでに目前に迫っていると考えられます。しかし、これは避けられないことではありません。選択できることなのです。私たちは、ビッグテックと通信事業者に、正しい選択をするよう求めています」と述べている。

Apple、Twitter、Yandex、TransTelekom、ER-Telecom、МТS、Rostelecom、Google、MegaFon、Cloudflare、VEON、Beeline、Facebookへの提言は以下の通り。

ロシアやその他の国で行われているインターネットの閉鎖、検閲、必要なオンラインサービスの中断を公に非難すること。
シャットダウンや検閲の命令に抵抗し、押し返すること。
インターネットアクセスの遮断や特定のオンラインコンテンツのブロックを促す政府からの要求や、それらの要求を隠すための圧力を、証拠を保全して明らかにすること。
インターネットのシャットダウンや検閲命令の合法性を争うこと。
市民社会と協議し、同業他社に呼びかけて、政府の検閲要求を押し返すこと。

先週、ロシアの通信規制当局であるロスコムナゾルRoskomnadzorは、MozillaやGoogleによる革新的な技術(政府の盗聴を避けるためにウェブサイト名を隠すDoHなど)をブロックする方法をテストしていることを発表し、回避を許さないよう技術企業を脅した。2021年9月8日、ロシア政府はGoogleとCloudflareのドメインネームシステム(DNS)サービスをブロックし、その結果、インターネットが約1時間停止したと報じられた。

今回のこの介入の要請は、ロシア政府が、ジャーナリストや独立メディア・人権団体の訴追、反汚職活動家で野党指導者のアレクセイ・ナバルヌイ氏を標的、ソーシャルメディア企業へのコンテンツ削除の圧力など、市民社会に対する広範な攻撃を加速させていることを受けたものである。

出典:https://www.accessnow.org/russia-votes-bigh-tech-open-internet/

公開書簡

件名 ロシアでは、インターネットの閉鎖や、オンライン・コミュニケーションおよびソーシャルメディア・プラットフォームの混乱が懸念されています。
ティム・クック(Apple社CEO
ジャック・ドーシー(Twitter社CEO
Tigran Khudaverdyan(Yandex社CEO
ローマン・クラフトソフ(TransTelekom社CEO
Andrey Kuzyaev(ER-Telecom社長
Vyachesav Nikolaev(МТS社長兼CEO
ミハイル・オセフスキー(ロステレコム社長
サンダー・ピチャイ(Google CEO
Khachatur Pombukhchan、MegaFonのCEO
マシュー・プリンス(クラウドフレア社CEO
Kaan Terzioğlu、VEON社グループCEO
アレクサンダー・トルバホフ(Beeline社CEO
マーク・ザッカーバーグ(Facebook社CEO

クック様、ドーシー様、クダヴェルディヤン様、クラフトソフ様、クジャエフ様、ニコラエフ様、オセブスキー様、ピチャイ様、ポンブクチャン様、プリンス様、テルジオグル様、トルバホフ様、ザッカーバーグ様。

私たち以下の団体および#KeepItOn連合のメンバーは、99カ国の240以上の団体を束ねるグローバルネットワークであり、世界中でインターネットの閉鎖をなくすために活動していますが、9月の選挙期間中およびそれ以降も、ロシアで自由でオープンかつ安全なインターネットアクセスを維持するために、公的に支援を表明していただくことを緊急にお願いします。

ロシア政府は、2021年9月17日~19日に行われる立法府選挙に向けて、ジャーナリストや独立系メディア、人権団体を訴追したり、反汚職活動家で野党指導者のアレクセイ・ナバルヌイ氏を毒薬投与・監禁するなど、市民社会への攻撃を加速させています。また、ロシアはソーシャルメディア企業に対して、選挙や抗議活動に関連したコンテンツを削除しなければ、ブロックやスロットル(黙らせること)の危険性があるという圧力を強めています。2021年3月10日には、ロシアのメディア・通信法遵守のための機関であるロスコムナゾルRoskomnadzorが、ロシア政府が “非合法 “と判断したコンテンツを削除しなかったTwitterに対してスロットルを開始しました。また、ロシアはGoogleに対しても同様の措置を取るよう脅しています。また、ロスコムナゾルは、AppleとGoogleに対し、アプリストアやプラットフォームから反対派や市民社会のコンテンツを削除するよう命じたほか、GoogleとCloudflareのドメインネームシステム(DNS)サービスを一時的に遮断したため、2021年9月8日にインターネットが混乱しました。

ロシア政府が人々の権利を抑圧するためにインターネットの遮断を実施した例は、これらの混乱だけではありません。2019年7月と8月、ロシア当局は、モスクワ市議会選挙の抗議活動中に、モスクワのモバイルインターネットを密かに遮断しました。イングーシの当局も、2018年の6月、10月、11月、そして2019年3月に、チェチェンとの新たな国境協定に抗議するために人々が組織して街に向かった際に、複数回にわたってモバイルインターネットを遮断しました。また、ロシアは2018年にTelegramをブロックしようとして失敗し、その過程で何百万ものIPアドレスを妨害しました。

ロシア当局は、抗議者や批判的な声を取り締まることで有名なため、今年の国政選挙期間中にインターネットが遮断されるリスクは大きいと言えます。

インターネットの遮断やオンライン検閲は、選挙期間中の不安定さにつながる

貴社におかれましては、ロシア国民の表現の自由と情報へのアクセスという基本的な権利を優先し、オープンで安全なインターネットアクセスと必要なウェブサービスを全国で提供し、政府によるこれらの権利への不当な干渉を阻止することをお願いいたします。

通信手段へのアクセスがなければ、ジャーナリストやメディア関係者は、選挙の過程を報道することができません。また、インターネットの閉鎖と暴力は密接に結びついていることが調査で明らかになっており、昨年、隣国のベラルーシで発生した選挙抗議活動でもそれが確認されました。情報へのアクセスが人命を左右する世界的な大流行の最中に、インターネットを遮断し、必要なプラットフォームやウェブサイトへのアクセスを制限することは、火に油を注ぐことになります。情報の自由な流れを阻害することで、インターネットの停止やウェブサイトの遮断は、社会の既存の緊張を悪化させ、抗議行動の可能性を高め、国家および非国家主体による暴力や人権侵害の可能性を高めることになります。政府はさまざまな理由をつけてネットワークの遮断を正当化しようとしますが、実際には、インターネットの遮断により、重要な情報や救命情報、緊急サービスへのアクセスが遮断され、コミュニティ全体が恐怖と混乱に陥ります。

インターネットの停止やオンライン検閲は国際法に違反する

インターネットの停止やオンライン検閲は、表現の自由、情報へのアクセス、平和的集会の権利など、ロシア連邦憲法、欧州人権条約、世界人権宣言(UDHR)など、国や地域、国際的な法的拘束力のある枠組みで保障されている基本的人権を侵害するものです。

市民的及び政治的権利に関する国際規約(ICCPR)の公式解釈者である国連人権委員会は、その一般的意見第34号において、オンラインでの言論の制限は、正当な目的を達成するために厳密に必要かつ比例していなければならないと強調しています。これに対し、シャットダウンやウェブサイトの遮断は、情報の拡散を妨げ、混乱や無秩序を助長し、公共の安全を阻害するものであり、正当な目的を達成するために必要かつ効果的ではありません。また、一般的意見34号によると、政府に批判的であるという理由だけで、オンラインサイトや資料へのアクセスを遮断することも禁止されています。

また、閉鎖やオンライン検閲の違法性は、地域や国の裁判所でも確認されています。西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)裁判所や、インド、パキスタン、スーダン、ジンバブエ、インドネシアの国内裁判所は、政府や通信事業者によるインターネットの遮断行為を無効としました。また、欧州人権裁判所は、ロシアにおける野党系オンラインメディアのコラテラルブロッキングやホールセールブロッキングを含むウェブサイトのブロッキングは、欧州人権条約に違反するとの判決を下しています。

企業は、ユーザーにとって機能的で安全なインターネットを守るために行動しなければならない

企業は、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」およびOECDの「多国籍企業ガイドライン」に基づき、人権を尊重し、潜在的な害を防止または緩和し、自らが引き起こしたまたは関与した害に対して救済措置を講じる責任があります。

政府のシャットダウンや検閲命令に抵抗することで、企業は人権を尊重するための重要な一歩を踏み出すことができますし、そうすべきです。

企業への提言

  1. ロシアやその他の国で行われているインターネットの閉鎖や検閲、重要なオンラインサービスの停止を公式に非難し、顧客や自社、そして社会全体に与える壊滅的な影響を強調すること。
  2. 政府によるシャットダウンや検閲の命令に抵抗し、反撃する。

3.証拠を保全し、インターネットアクセスの遮断や特定のオンラインコンテンツのブロックを求める政府からの要求や、それらの要求を隠すための圧力を明らかにすること。

4.インターネットや関連サービスがいつ中断されたか、シャットダウン中の状況、いつ再開されたかなどの詳細を公開すること。

  1. インターネットの停止や検閲命令の合法性を法廷で争う。

6.市民社会と協議し、同業他社と協力して政府の検閲要求に反発し、定期的に透明性報告書を発行することで、オープンで安全なインターネットアクセスを確保し、将来のシャットダウンやコンテンツ制限命令を阻止する。

団体名

Access Now
Advocacy Initiative for Development (AID)
Africa Open Data and Internet Research
Foundation (AODIRF)
AfroLeadership (Africa)
Azerbaijan Internet Watch
Bareedo Platform Somalia
Bloggers of Zambia
Body & Data
Common Cause Zambia
Electronic Frontier Foundation
Global Voices
Human Constanta
i freedom Uganda Network
Kijiji Yeetu (Kenya, Africa)
Media Institute for Southern Africa (MISA
Zimbabwe)
Mile4D
Net Freedoms Project
Общество Защиты Интернета (Internet
Protection Society, Russia)
Ranking Digital Rights
Right2Know Campaign
Роскомсвобода (Roskomsvoboda, Russia)
Ubunteam
Wikimédia France
Zaina Foundation

詳細については、以下の連絡先までお問い合わせください。
Felicia Anthonio | Access Now のCampaigner and #KeepItOn Lead | press@accessnow.org

出典:https://www.accessnow.org/cms/assets/uploads/2021/09/Russia_Votes_KeepItOn_Letter.pdf

関連:アップルとグーグルは政府の圧力に屈し、ロシアの選挙期間中にコンテンツを検閲する

Print Friendly, PDF & Email
Previous (EFF)AppleとGoogleのCOVID-19 Exposure Notification API。Q&A
Next (Access Now)アップルとグーグルは政府の圧力に屈し、ロシアの選挙期間中にコンテンツを検閲する