Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

WhyID: アフガニスタンの国際的なアクターは、危険な生体認証の痕跡を一掃し、制限しなければならない

#WhyID biometrics

2021年8月25日|午前7時45分
ツイート シェア
タリバンがアフガニスタンを支配する中、押収されたバイオメトリックデータによって数百万人が危険にさらされている。人々は、過去20年間に十分な保護措置を講じずに生体認証デジタル・アイデンティティ・システムを導入した国際的なアクターが残した混乱の全容を理解しようと躍起になっています。

アクセス・ナウと52の市民社会団体および個人は、公開声明を通じて、米国政府、世界銀行、国連機関、およびツールを導入した民間業者を含むすべての主要関係者に対し、アフガニスタンにおける生体認証およびその他のデジタルIDデータベースを制限し、安全性を確保するために直ちに行動を起こし、意図しない関係者によるさらなるアクセスを制限し、人々のデータが流出した可能性がある場所について完全な透明性を提供することを求めています。

アクセス・ナウのアジア・パシフィック・ポリシー・ディレクターであるラマン・ジット・シン・チマは、「アフガニスタンの女性、LGBTQ+の人々、ジャーナリスト、人権擁護者、難民、その他多くの人々が、彼らを支援・保護するという名目でデジタル・アイデンティティ・システムや生体認証データの取得を積極的に推進して個人データを収集した人々や組織によって、干されてしまった」と述べています。「何百万人もの人々が、自分ではどうすることもできない状況に置かれており、取得したデータはタリバンのなすがままになっています」と述べています。

タリバンは、生体情報を収集して個人を特定するための米軍の機器を押収しており、報告によると、アフガニスタン内務省の生体情報記録、投票記録デジタルIDシステム、民族、国籍、宗教などの重要な個人情報を含むe-Tazkira国民IDデータベースも、タリバンが管理している可能性が高いとされています。他のデータベースがどの程度侵害されているかはまだ不明です。

「Access Nowの副アドボカシーディレクターであるCarolyn Tackettは、「これらのデータベースは、すでに重大な危険にさらされている人々を標的にしており、安全性を損なうことなく、基本的なサービスを受けたり、場所を移動したり、愛する人と連絡を取ったりすることを極めて困難にしています。「アフガニスタンでバイオメトリクスを銀の弾丸のような解決策として急ピッチで進めてきた国際機関(これらの技術の製造者を含む)は、自分たちが生み出した危険を精査し、さらなる被害を防ぐために、今まで以上に迅速に行動しなければなりません」と述べています。

広範な個人情報、特に生体情報を強制的かつ集中的に収集することは、常に危険です。しかし、アフガニスタンで混乱が続く中、これらのデータベースがもたらす危険性は日増しに高まっています。すべての責任者は、機密情報の蓄積によって生命や生活を脅かされているアフガニスタンの人々を守るために、直ちに行動を起こすことが必要です。

「世界各地で、セキュリティ、インクルージョン、そしてその先を見据えた包括的なソリューションとして、集中管理型の生体認証デジタルIDシステムの導入が進められています。しかし、現在アフガニスタンで起きている状況は、システムが悪用されやすい多くのコミュニティの脆弱な状況を考慮していない場合に、どれほど深刻なリスクがあるかを示す痛ましい例です」とAccess NowのポリシーアソシエイトであるVerónica Arroyoは述べています。

本日の市民社会の声明は、生体認証やその他のデジタルIDツールを採用する前に、リスクと代替案を慎重に検討するよう国際的なアクターに呼びかけている#WhyIDキャンペーンのメンバー、およびその他の関係する個人や団体によるものです。

出典:https://www.accessnow.org/whyid-afghanistan-biometrics/

声明全文

Print Friendly, PDF & Email
Previous 国際開発銀行、国連、国際援助機関、資金調達機関、各国政府のリーダーに宛てた公開書簡
Next (EFF) 指紋認証とは何か?