Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(Tutanota)顔認識は最も危険な監視技術のひとつ。今すぐ禁止しなければなりません!

以下は、Tutanotaのブログの翻訳です。


2020-09-16

顔認識によって、企業や当局はビッグデータに基づいて人を追跡し、見つけることができます。これは、個人に対してだけでなく、たくさんの脅威を伴います。プライバシーや言論の自由といった基本的な人権に対する深刻な脅威にもなります。そして、結果として、顔認識は民主主義そのものを脅かすものでもあります。顔認識には多くの問題があるので、今すぐ禁止しなければなりません。

顔認識の仕組み

顔認識システムは、データベースに登録された顔画像を使って照合を行います。監視カメラの助けを借りて、企業や当局は、顔認識によって潜在的なターゲットを突き止めることができます。これは、私たちのプライバシーの権利を著しく脅かすものです。

もちろん、顔認識は、スマートデバイスやドアのロックを自動的に解除するなど、人々が自分の目的のために使用することもできます。しかし、公共の場で顔認識を使用することは非常に危険です。

ここでは、顔認識がどのように機能するのか、また、どのようにして顔認識を止めることができるのか(リンク先日本語)について、詳しく説明しています。

Clearviewのスキャンダル

顔認識の脅威は、Clearview社のスキャンダルで誰の目にも明らかになりました。

Clearview社は、インターネット上で公開されている写真を使って画像データベースを構築しました。Clearview社は、インターネット上で公開されている写真を利用して画像データベースを構築しましたが、個人の写真をデータベースに追加する際に、人々の同意を求めることはありませんでした。さらに悪いことに、彼らは利用可能なすべての写真を使用しています。つまり、たとえ誰かがあなたの写真を同意を得ずにインターネットにアップロードしたとしても、その写真はClearview社のデータベースに入っているかもしれないのです。

Clearviewデータベースから脱退する方法はこちらをご覧ください。

写真をオンラインのプロフィールや画像のキャプションと照合することで、写真に名前を付けることが容易になり、データベースに含まれる写真を持つほとんどの人を特定することができます。

Clearviewのスキャンダルは、顔認識データベースから逃れることはほとんど不可能であることを示しています。あなたがソーシャルメディアに写真をアップロードしようが、友人がアップロードしようが、地元の新聞があなたの子供の学校のプロジェクトについて報道しようが、スポーツクラブの集合写真がクラブのウェブサイトで公開されようが、人々の同意がなくても、ほとんどすべての人の写真がこのようなデータベースに入ることになるのです。

顔写真がある以上、顔認識の危険性については十分に検討する必要があります。

精度の問題

一つの大きな問題は、顔認識ソフトウェアが100%正確ではないということです。実際、この技術は、有色人種、少数民族、女性、若者を識別することに関しては特に劣っています。そのため、これらのグループに属する無実の人が当局の標的となり、何も悪いことをしていないのに犯罪捜査の第一容疑者となってしまう危険性があります。

最近、米国で起きた2つの訴訟では、検察庁が位置情報に基づいて容疑者を特定したことで、このような曖昧な特定技術の使用が、無実であっても人々の人生を台無しにすることにつながることが示されました。

顔認識の精度の問題により、何百万人もの無実の人が犯罪捜査の対象となる危険性があります。このような壊滅的な副作用がある以上、今すぐ顔認識を禁止しなければならない理由は、誰もが容易に理解できるでしょう。

しかし、この技術には、もっと深刻な脅威があります。

人権への脅威

顔認識は、個人だけでなく、社会にとっても最悪の脅威となっています。顔認識ソフトを使えば、個人が全くの無実であっても犯罪捜査の対象になります。さらに悪いことに、顔認識によって、違法なことをしていなくても、当局が人々を標的にすることができるのです。そして、これはすでに起こっています。

顔認識は、保護された言論に従事している人々を標的にするために使用されています。近い将来、顔認識は犯罪者を狩るためだけでなく、現政権に反対する人々を標的にするためにも使われるようになるかもしれません。

中国や香港では、すでにリアルタイムの顔認識が行われています。社会的信用システムを持つ中国のような抑圧的なシステムが、リアルタイムの顔面監視で国民を監視したいと考えるのは明らかです。

これは、車がナンバープレートで追跡されるように、どこに行っても追跡される人々のプライバシーを明らかに侵害しています。

民主主義への脅威

顔認識は、世界中の政府が反対派を弾圧するために悪用する可能性があり、プライバシーと言論の自由を直接攻撃するものです。結果として、顔認識は民主主義そのものへの直接的な攻撃となります。

反対派のグループは、たとえ公共の場での抗議活動であっても、誰もが追跡され、特定され、当局の監視リストに載ることを恐れなければならないとしたら、どうやって自由な言論活動を行うのでしょうか。

現在、民主主義の法律と西洋の価値観が、このようなシナリオから私たちを守ってくれていますが、その脅威は決して遠いものではありません。

顔認識を禁止しよう

この危険な技術が企業や当局によって悪用される前に違法とすることができる民主主義の安全装置があるうちに、顔認識を今すぐ禁止しなければならないのはそのためである。

すでに1月には、Electronic Privacy Information Center (EPIC)が40のプライバシー保護団体と共同で、連邦政府機関に顔認識システムの使用を中止するよう求める書簡を発表しています。

連邦政府はこの提言に関心を示していませんが、ポートランド、サンフランシスコ、オークランド、ボストンなどのアメリカの都市がすでに顔認識を禁止しているのは当然のことです。ポートランド市のテッド・ウィーラー市長は、顔認識を禁止した理由を説明する際に、顔認識の危険性を指摘しています。

「テクノロジーは、私たちの生活を便利にするために存在するのであって、公私の団体が、その団体が奉仕し、便宜を図っている市民に対する武器として使用するためのものではありません」。

彼の言うことは全く正しい。なぜなら、現実に直面しているからです。私たちの写真や身元は、すでにオンラインで公開されています。これからは、誰もが私たちの現実の動きを追跡し、その知識を悪用できないようにしなければなりません。そのためには、監視カメラを取り壊すことが一番の近道です。

顔認識を禁止することは、少なくともそのための第一歩です。

出典:https://tutanota.com/blog/posts/facial-recognition-ban-privacy

Print Friendly, PDF & Email
Previous (Markup)顔認識の禁止にもかかわらず、警察は顔認識を利用できる
Next (Access Now)監視から自分の顔を取り戻す