Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(Tutanota)欧州議会がバイオメトリクスによる集団監視の禁止を要求

以下はTutanotaの記事の訳です。欧州議会のこの決議は画期的ですが、他方で記事で言及されているようにバイオメトリックスの利用についてはEUの他の機関(EU委員会およびEU理事会議長国)とは対立しており、今後の動向は予断を許さない。しかし、EDRiや#ReclaimYourFaceなどの影響力のある運動体の存在がなければ、こうした集団監視禁止は実現しなかっただろうし、こうした運動の脆弱な地域、国(日本もそうだが)では、現在のグローバルなテクノロジーの開発傾向からすると、状況は極めて深刻だ。(小倉利丸)


自動化された顔認識は、基本的な権利への侵入の深さから、大きな議論を呼ぶ
2021-10-20

人権のための大きな勝利として、欧州議会はバイオメトリクスによる大量監視と顔認識の禁止を求めている。この重要な警鐘に続いて、市民的権利団体はさらに圧力をかけようとしている。
10月初旬、サイバーセキュリティ月間に合わせて、欧州議会はEUにおける生体情報を利用した大規模監視に反対する決議を圧倒的多数で採択した。

この決議により、欧州議会は、顔認識技術を支持するEU委員会およびEU理事会議長国の立場に明確に反対することになる。欧州議会は、明確に禁止を要求している。欧州議会は、欧州データ保護監督機関(EDPS)と欧州データ保護委員会(EDPB)が共同で、公共の場で人間の特徴を自動的に認識するために人工知能を使用することを全面的に禁止するよう求めたことを踏襲している。また、国連人権高等弁務官は、「データ保護基準の遵守不足」、「精度に関する重大な問題」、「差別的な影響 」を理由に、公共スペースでの生体遠隔認識システムの使用に反対している。

中国式の監視を防ぐ

要約すると、EU議会の報告書は次のように要求している。

●人間がAIシステムを監督し、アルゴリズムはオープンにすべきである

●私的な顔認識データベースは、人間の行動に対する警察活動や市民スコアリングと同様に禁止されるべきである。

●自動化された顔認識は、国境管理や公共の場で使用すべきではない

これは明確な声明であり、中国の社会信用システムなどの現在の監視行為と反対の立場だ。

海賊党のドイツ代表、パトリック・ブライヤーも同様のコメントを出している。

「今回の投票は、中国式のバイオメトリック大量監視というディストピア的な未来をヨーロッパで防ぐための運動にとって、歴史的な成功と言えるでしょう。… 私たちは、公共の場における大量のバイオメトリック監視に反対しなければなりません。なぜなら、これらの技術は、多数の無実の市民を不当に捕捉し、組織的にマイノリティグループを差別し、自由で多様な社会に悪影響を与えるからです。」

生体情報による大量監視の禁止

欧州議会議員は、公共のアクセス可能な空間での大規模な監視につながる法執行目的での生体データの処理を禁止することを求めている。また、EUが資金提供してそのような技術を開発することを中止するように要求している。

今回の決定について、政治家たちは、大量の監視技術が無数の市民を不当に巻き込み、マイノリティを差別し、自由で多様な社会を脅かしていると説明している。誤差が99%にも達する顔監視技術は、ターゲットを絞った捜査とは無関係だ。バイオメトリック行動監視や、いわゆる「嘘発見」システムについても同様だ。

欧州議会は、警察は人々の人権と自由を尊重する方法でのみ、人工知能技術を使用すべきであるというビジョンを積極的に打ち出すことを決定した。

ReclaimYourFace

今回の決定は、プライバシーにとって大きな勝利であると同時に、EDRiの「Reclaim Your Face」キャンペーンの大成功でもある。このキャンペーンは、生体情報を用いた大量監視行為をEU法で禁止するために、すでに61,000人以上のEU市民が署名している。

EDRiは、今回の投票について次のように述べている。

「私たちは、この法律が、個人、コミュニティ、民主主義を恒常的なバイオメトリック監視の脅威から守るという約束を本当に果たすことを確認するチャンスを得た。」

プライバシーのための闘いの始まり
しかし、今回の投票は終わりではなく、EUにおける生体情報監視との闘いの始まりであるとも付け加えている。なぜなら、今年の初めに提案されたAI法は、今後数ヶ月から数年の間に交渉が行われ、EU諸国を法的に拘束することになるからだ。

闘いに参加するには、こちらの請願書「#ReclaimYourFace」に署名してほしい

出典:https://tutanota.com/blog/posts/ban-biometric-mass-surveillance-europe/

Print Friendly, PDF & Email
Previous 顔認識テクノロジーの用語集
Next (Propuburica) Facebookが20億人のWhatsAppユーザーのプライバシー保護をどのように弱体化させているか