Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(the Register)Google、興味関心連動広告システムを捨てて別の興味関心連動広告システムへ


Thomas Claburn in San Francisco Wed 26 Jan 2022 // 07:34 UTC

Googleは、興味関心連動広告を配信するための分類システムであるFederated Learning of Cohorts (FLoC)を諦め、興味関心連動広告を配信するための分類システムであるTopicsに変更した。

クッキーを使ったトラッキングを何とかしようとする動きと、サードパーティのクッキーを存続させようとする規制当局への反発との間で板挟みになっているチョコレート工場は、不運なFLoC計画の修正を提案した。

Googleのプライバシー・サンドボックス担当プロダクト・ディレクターのVinay Goelは、火曜日のブログで、「Topicsでは、ブラウザが閲覧履歴に基づいて、『フィットネス』や『旅行・交通』などのその週にあなたが最も興味を持っていることを表す一握りのトピックを決定します」と説明している。

つまり、あなたのウェブ履歴はホスト名に分解され、機械学習アルゴリズムによって分析され、あなたが興味を持っている一般的なトピックが決定される。この作業はすべて、ユーザーのブラウザ内でローカルに行われる。この技術を知っているウェブサイトは、Google Topics APIをブラウザに呼び出して、訪問したサイトから最大3つのトピックの配列を取得し、ターゲット広告の表示に利用することができる。
プライバシーに配慮して、Topicsは外部のサーバーを介さずにユーザーのデバイス上で選択される。しかし、アドネットワークなどは、どのトピックに広告が表示されるかを推測することができるかもしない。また、Topicsは「性別や人種などのセンシティブなカテゴリーを除外して慎重に選別されている」という。

「あなたが参加しているサイトにアクセスすると、Topicsは過去3週間の中から1つずつ、計3つのトピックを選び、サイトと広告パートナーと共有する。Topicsは、ブラウザがこのデータに対して意味のある透明性とコントロールを与えることを可能にするChromeでは、ユーザーがトピックを確認したり、気に入らないトピックを削除したり、この機能を完全に無効にしたりするためのユーザーコントロールを構築しています。Chromeでは、ユーザーがトピックを確認したり、気に入らないトピックを削除したり、この機能を完全に無効にしたりするためのユーザーコントロールを構築しています。Topicsの選択は、Googleのサーバーを含む外部のサーバーを介さず、すべてユーザーのデバイス上で行われる」とGoelは語る。

しかし、この最新の試みも、少なくともプライバシー擁護団体が懸念しているように、不十分なものになるかもしれない。研究者たちはすでに、個人の閲覧履歴が誰かを特定するために使用できることを確認している。

2020年に導入され、プライバシー問題が表面化するまでの数ヶ月間テストされたFLoCは、サードパーティのCookieが監視のための救いようのない道具であるとして段階的に廃止された後、ターゲット広告を維持するための数多くの提案の一つだった。

Googleは、これらの提案を総称して「プライバシーサンドボックス」と呼んでいる。これらの提案は、ウェブブラウザには実際にセキュリティやプライバシーの問題があるという認識を反映しているだけでなく、ヨーロッパやアメリカのプライバシー法の強化により、オンライン広告が現在のような侵襲的な形で継続することは許されないということも反映している。

FLoCは、人々を同じような関心を持つグループに分け、個人のアイデンティティを群衆の中に隠しながら、想定される関心事に対応するマーケティングを人々に提示する。グーグルは以前、FLoCはクッキーベースの広告と比べて95%のパフォーマンスを発揮すると主張していた。

しかし、MozillaのEric RescorlaとMartin Thomsonが昨年6月に発表した提案の技術的分析[PDF]によると、Googleの技術では十分な匿名性を確保できないと指摘している。

「特に、FLoC IDと比較的弱いフィンガープリントベクターの両方を使用することで、個々のユーザーを特定できる可能性がある」「既存のステートベースのトラッキングメカニズムと共存していると考えると、FLoCはクロスサイトトラッキングの威力を大幅に向上させる可能性がある」と彼らは結論づけている。

その一方で、Googleは、広告業界の挑戦者たちから、ブラウザのクッキーはそのままにしておくべきだと主張されている。失地回復しようという広告会社は、サードパーティのクッキーを削除しても、Googleはデータ収集の方法を維持できるが、他の会社はそうではないので、Googleの力が強まるだけだと、反トラスト規制当局を説得している。

この変更は、エクスチェンジ市場や広告購入ツール市場における参入障壁を高め、競争を排除するものであり、反競争的である。
このような主張は、Googleが米国で直面している反トラスト法に関する苦情にも反映されており、テキサス州などが提出した苦情では、プライバシー・サンドボックスPrivacy Sandboxの提案についてこう説明している。「全体的に見て、この変更は、取引所と広告購入ツール市場における参入障壁を高め、競争を排除するため、反競争的であり、Googleの広告事業のすでに支配的な市場力をさらに拡大することになる。」

競合するブラウザーメーカーBraveのプライバシー担当シニアディレクターであるピーター・スナイダーは、Googleの発表を受けたブログ記事の中で、TopicsはFLoCのリブランディングであり、重要なプライバシー問題に対処していないと評している。

スナイダーによると、FLoCとの違いは、関心事を必要に応じて送信するのではなく、条件付きで公開することと、フィンガープリンティング技術によるユーザーの再識別を少し難しくするためにランダム性を加えたことだという。

しかし、これらの変更は、うわべだけとりつくろったものだと彼は主張する。FLoCもTopicsも、プライバシーと競争を害するものだと彼は主張する。選択肢は、2つの悪のうちどちらか小さい方を選ぶべきだということであってはならないと彼は主張する。

スナイダーは、「Googleの提案は、”今日のGoogleよりも優れている “という皮肉で利己的な基準からだけ、プライバシーを改善しようとするもの」と述べている。「Chromeは、市場で最もプライバシーを侵害する一般的なブラウザであることに変わりはありません。Googleは、広告テクノロジー分野での支配力を強化するための小さなステップを踏むことで、自らが引き起こした問題を解決しようとします。潜在的に重要な情報を含むユーザーデータをGoogleがいろいろなサイトに配信しているという核心的な問題をTopicsは解決するものではありません」と述べている。

出典:https://www.theregister.com/2022/01/26/google_floc_topics/

Print Friendly, PDF & Email
Previous (Google) ウクライナへの支援
Next FLoCは死んだ。しかし、Googleの広告ターゲティング問題を解決していない。