Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(The Conversation)顔認識テクノロジー:ウクライナでの使用例と、いまだ議論の的となっている理由


2022年6月14日 11時52分(日本時間)
執筆者

フェリペ・ロメロ・モレノ
ハートフォードシャー大学法学部 上級講師・研究講師

顔認識テクノロジーが初めて戦争で使用されている。ウクライナでは、死者の身元確認や家族の再会に利用されており、ゲームチェンジャーとなる可能性がある。しかし、今、このテクノロジーの倫理に取り組まなければ、私たちは人権という地雷原に足を踏み入れてしまうかもしれない。

ウクライナ国防省は2022年3月から、戦争犯罪の立件と死者(ロシア人とウクライナ人の両方)の特定のために、AI顔認識ソフトウェア「Clearview AI」を使用している。ウクライナのデジタル変革省は、ロシア人に「戦争の真の犠牲」を体験する機会を与え、愛する人の遺体を見つけたいなら「ウクライナに来ることを歓迎する」と家族に知らせるために、クリアビューAIテクノロジーを使っていると述べている。

ウクライナは、このソフトを無料で利用できるようになった。検問所でも使われており、難民と家族の再会を助けることができるかもしれない。

プライバシーのバックラッシュ

ところが先月、英国情報コミッショナー・オフィス(ICO)は、Clearview AIがウェブやソーシャルメディアから英国内外の人々の画像を収集していたとして、750万ポンド以上の罰金を科した。画像の削除と、インターネット上で公開されている英国居住者の個人データの取得と利用の停止を命じられた。当初、ICOはクリアビューAIに1700万ポンドの罰金を科すつもりだったとしていた。

ICOによると、英国のソーシャルメディアユーザーが膨大であることから、Clearview AIの顔データベースには、同意なしに収集された画像が相当量含まれている可能性が高いという。

Clearview社の弁護士であるAI Lee Woloskyは、次のように述べている。「我々はICOがClearview AIに対する罰金を減らしたいと考えていることを評価しますが、それでも、罰金を課すという決定は法律の問題として間違っているという我々の立場を堅持します。Clearview AIはICOの管轄外であり、Clearview AIは現時点では英国でビジネスを行っていません」

Clearview AIは、2023年初頭までに1000億枚の顔画像をデータベース化したいと述べており、これは地球上のすべての人の14枚に相当する。同一人物の写真を複数枚撮影することで、システムの精度を高める。

Clearview AIのウェブサイトによると、同社の顔認識テクノロジーは、法執行機関が犯罪に取り組むのを支援し、交通事業者や銀行などの商業企業が盗難を検知し、詐欺を防止し、身元を確認できるようにするという。

Buzzfeedは2020年2月、複数の英国警察が以前にClearview AIを使用したと報じた。Clearview AIの広報担当者は、英国の警察は同社のテクノロジーにアクセスできないとし、国家犯罪機関と警視庁の広報担当者は、特定のツールやテクノロジーの使用について肯定も否定もしなかった。しかし、2022年3月、College of Policingは、ライブ顔認識の使用に関する英国警察向けの新しいガイダンスを発表した。

英国政府は、主要な人権法を新しい現代権利章典Modern Bill of Rightsに置き換えることを計画しており、顔認識を含むAI証拠に基づく決定に対して法廷で異議を唱えることが、不可能ではないにしても、難しくなる可能性がある。

権利擁護団体Libertyによると、この法案は、過去の行動に基づいて異なるクラスの請求者を作り出すことになるため、過剰に取り締まられたコミュニティに不釣り合いな影響を与える可能性が高いという。
戦争のための道具

Clearview AIのCEOであるHoan Ton- Thatは、同社の顔認識ソフトウェアによって、ウクライナの法執行機関と政府当局がロシアのソーシャルネットワーキングサービスであるVKontakteから20億枚以上の画像を保存することができたと述べている。Hoanによると、このソフトウェアは、ウクライナ当局が死んだ兵士を指紋よりも効率的に特定するのに役立ち、兵士の顔が損傷していても機能するのだという。

しかし、顔認識ソフトの有効性については、相反する証拠がある。米エネルギー省によると、人の顔が分解されるとソフトの精度が落ちる可能性があるという。一方、最近の科学的研究では、死者の識別に関する結果は、人間による鑑定と同等かそれ以上であることが実証されている。

指紋、歯の記録、DNAは、現在でも最も信頼できる身元確認技術であるという研究結果がある。しかし、これらは訓練を受けた専門家のためのツールであり、顔認識は専門家でなくても使用できるものである。

また別の研究では、顔認識では、2つの画像を誤って組み合わせたり、同一人物の写真を照合できなかったりすることも問題視されている。ウクライナでは、AIによる誤認識の可能性は、悲惨な結果を招く可能性があります。ロシア兵と誤認されれば、罪のない一般市民が殺されてしまうかもしれない。

物議を醸した歴史

2016年、ホアンはClearview AIのアルゴリズムを作るため、コンピューターサイエンスのエンジニアの募集を開始した。しかし、アメリカの顔認識会社がアメリカの警察や法執行機関に自社のソフトウェアを目立たないように提供し始めたのは、2019年になってからだった。

2020年1月、ニューヨーク・タイムズは、「The Secretive Company That Might End Privacy as We Know It」という記事を掲載した。この記事をきっかけに、40以上の市民権団体や技術団体が、プライバシー・市民的自由監視委員会と米国の4つの議会委員会に書簡を送り、Clearview AIの顔認識ソフトウェアの停止を求めた。

2020年2月、Clearview AIの顧客リストのデータ流出を受けて、BuzzFeedは、Clearview AIの顔認識ソフトウェア「Clearview」が、27カ国にわたる2200以上の法執行部門、政府機関、企業で個人によって使用されていることを明らかにした。

2022年5月9日、アメリカ自由人権協会がClearview AIがイリノイ州のプライバシー法に違反していると訴えた後、Clearview AIは米国内の個人と企業への顔データベースへのアクセス販売を停止することに合意した。

この2年間で、カナダフランスイタリアオーストリアギリシャのデータ保護当局は、いずれもClearview AIに罰金、調査、または人物の画像収集を禁止している。

英国におけるClearview AIの将来は不透明だ。一般の人々や企業にとって最悪のシナリオは、英国政府が「現代の権利章典the Modern Bill of Rights」に対する諮問に寄せられた懸念を受け止めなかった場合である。Libertyは、人権の「権力掌握」の可能性に注意を促している。

私が考える最良の結果は、英国政府がModern Bill of Rightsの計画を破棄することであろう。これはまた、英国の裁判所が欧州人権裁判所の判例を判例法として考慮し続けることを意味する。

顔認識の使用を管理する法律が採択されない限り、警察がこのテクノロジーを使用することは、プライバシー権、データ保護法、平等法に抵触するリスクをはらんでいる。

出典:https://theconversation.com/facial-recognition-technology-how-its-being-used-in-ukraine-and-why-its-still-so-controversial-183171

Print Friendly, PDF & Email
Previous (The Record) 顔認識と戦争。ウクライナにおける Clearview AIの活動
Next (ACLU)歯止めがかからない顔認識技術の恐るべきデモンストレーション