Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(Human Rights Watch)COVID-19パンデミックを生き抜くためのセックス・ワーカーの奮闘― 犯罪化は状況を更に悪化させる

Human Rights Watch 2020年5月4日から飜訳しました。


スカイ・ウィーラー
女性の権利部門 主任研究員
ウィーラースカイ

Covid-19はセックスワーカーにとって新たな問題を提示している。対面セックスの仕事はその性質上、親密なものであり、労働者は働き続ければウイルスに感染する危険性が高くなる。しかし、ストリップクラブが閉鎖され、顧客が減少し仕事がなければ、セックスワーカーは生き延びるのに苦闘している。

ヨーロッパの多くの国では、「北欧モデル」のように、性行為を金で買うことを違法とする法制度によって、性行為が直接的または間接的に犯罪化されている。インフォーマル経済の中で働かざるを得ない性労働者は、他の労働者が利用できる緊急援助から排除されている。

ヨーロッパにおけるセックス・ワーカーの権利に関する国際委員会( International Committee on the Rights of Sex Workers in Europe ICRSWE)新しい報告書によると、ヨーロッパ大陸の性労働者は「経済的限界」で生活しており、多くの場合、貯蓄や政府の支援を頼りにすることができない。また、パンデミックへの対応や復興計画の恩恵を受けることもほとんどない

セックスワーカーは、多くの場合、未登録の移民、有色人種、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー(LGBT)の人々など、経済的にも社会的にもすでに疎外されているグループの出身であり、その中には同性愛嫌悪が原因で家族から追い出されている人もいる。彼らにとってセックス・ワークは、好ましくない選択肢の中の一つかもしれない。ICRSWEの報告書はまた、厳しい経済状況の中で、より多くの人々がセックス・ワークに頼ることを意味するかもしれないと予測している。

報告書は、欧州各国政府に対し、セックスワークに対する家宅捜索、逮捕、起訴の緊急モラトリアムを出し、セックス・ワーカーへの財政支援を行い、性労働者が主導する組織が緊急支援の対象に含まれるようにするよう求めている。

長期的には、ICRSWEが主張するように、政府はセックス・ワーカーとの有意義な協議を行い、「セックス・ワーカーの人権を尊重し、安全と労働条件を改善する」枠組みを確立すべきである。

セックス・ワークを犯罪化している国は、非犯罪化に向けて努力すべきである。ヒューマン・ライツ・ウォッチは、南アフリカタンザニア、米国などの国々で、セックス・ワークを犯罪化する法律の有害な影響を文書化してきました。私たちは、この新しい報告書にあるように、セックス・ワークの非犯罪化は、暴力からセックス・ワーカーを守るのに役立ち、有害なスティグマ化を終わらせるための重要な一歩となるからである。

https://www.hrw.org/news/2020/05/04/sex-workers-struggle-survive-covid-19-pandemic

Print Friendly, PDF & Email
Previous (ICRSE)行動の呼びかけ COVID-19はセックスワーカー保護の欠如に赤信号を発している―私たちの要求
Next (EFF)侵略的で秘密裏に労働者を追跡する「ボスウェア」の内幕