Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(ICRSE)行動の呼びかけ COVID-19はセックスワーカー保護の欠如に赤信号を発している―私たちの要求

(訳者前書き)以下はINTERNATIONAL COMMITTEE ON THE RIGHTS OF SEX WORKERS IN EUROPEが呼びかけた署名サイトの趣旨説明文を飜訳したもの。
この文章に続いて署名のフォームがある。署名を希望する方は上記のウエッブにアクセスしてください。(小倉利丸)


行動の呼びかけ COVID-19はセックスワーカー保護の欠如に赤信号を発している―私たちの要求

ヨーロッパと中央アジアでは、あらゆる性別の性労働者がCOVID-19のパンデミックによって最も深刻な打撃を受けている。閉鎖、隔離、旅行制限により、私たちは仕事を失い、一部の人々は路上で生活困窮に追い込まれ、パンデミックによってリスクが増大している。この地域のすべての国で、程度の差こそあれ性交渉が犯罪化されているため、私たちのほとんどは、疾病手当や社会的給付など、他の多くの労働者に提供されているセーフガードを利用することができない

欧州全域の私たちのコミュニティは、政府の救済措置や不足している収入に代わる支援策から組織的に排除されていると報告しており、多くの文脈で監視と取り締まりの強化にさえ直面している。この産業で働く多数の非正規移民は、国家や社会サービスからの保護を受けておらず、トランス・セックス・ワーカーや有色人種の女性は、非常に高いレベルの差別や暴力に苦しんでいる。

このような状況の中、ヨーロッパにおける性労働者の権利に関する国際委員会(ICRSE)は、状況を監視・記録し、性労働者の権利団体、同盟者、支援者間の情報共有を可能にし、セックスワーカー運動の要求を拡げるためのウェブサイトを立ち上げた。このような厳しい時代であっても、私たちはオンラインで団結し、互いに支え合い、廃絶運動の活動家や政府によって私たちに長い間被害者のレッテル貼ってきたこをを覆す。

私たちの組織は、この危機と続く悲惨な余波の中で、すべてのセックスワーカーを含め、保護するために、証拠に基づいた権利に基づく政策を展開し、実施するよう、欧州の政府や機関に呼びかけている。ロックダウンが解除された後、仕事を失い、借金を積み上げ、不安定な生活状況に追い込まれた女性、移民、LGBTIQの人々がこの業界に参入するケースが増えていることは、すでに分かっている。

1 収入の代替と住宅支援

セックスワーカーは、他のコミュニティと同様に、パンデミックを終わらせるための国の努力を支援し、自粛などの措置を尊重したいと考えている。 しかし、収入や支援を得られないままでは、自分や家族を養い、住居費やその他の基本的な費用を支払うために働き続けなければならない人も少なくない。

私たちは、すべてのセックスワーカーが、他の非正規労働者や無給・過少給の介護労働者同様、即時かつ容易に利用できる収入の代替を受給できるよう要求する。この収入は、私たちの移住資格に関係なく、私たち全員が利用できるものでなければならない。セックッスワーカーが主導するコミュニティ組織は、緊急支援を提供するのに最も適しており、スティグマ化されたコミュニティから信頼されており、これらの資金集めと分配に参加できるようにしなければならない。

さらに、多くの性労働者は、主要な収入源を失い、かつて多くの人が住んでいた職場が閉鎖されたために、ホームレスになる危険にさらされている。立ち退きのモラトリアムを導入し、家賃や住宅ローンの支払いに苦しんでいる人々を支援すべきであり、緊急住宅は、緊急に必要としている人々に割り当てられなければならない。

2 罰金、家宅捜索、逮捕、起訴のモラトリアム

セックスワークの犯罪化と罰則化は、世界中のセックスワーカー、人権団体、保健団体によって非難されてきた。犯罪化と取り締まりは、セックスワーカーが性的・身体的暴力を経験する確率を3倍高くし、その影響を受けた人々がHIVやその他の性感染症(STI)にかかる確率も2倍高いという証拠があるにもかかわらず、私たちは絶えず監視され、罰金を課され、逮捕され、強制送還されている。

現在の状況では、性交渉の犯罪化は止めなければならず、警察はその代わりに脆弱なグループにとって必要不可欠なサービスを紹介すべきである。売春やその他の非暴力的な容疑で逮捕・拘留された人々(入国管理局に拘留されている人々を含む)は、直ちに釈放されなければならない。非正規滞在者に対する制裁措置のモラトリアムも不可欠であり、帰国や強制退去の手続きを開始したり、実施したりしてはならない。人々が強制送還の恐れなく医療や必要不可欠なサービスにアクセスできるように、入管と保健・社会サービスの間にファイアウォールを設置する必要がある。

3 健康サービス

セックスワーカーの健康は、差別と犯罪化が絡み合う様々な要因によって損なわれている。HIV/AIDS危機のような過去の流行では、セックスワーカー、特にトランス・セックスワーカーや有色人種のセックスワーカーは、社会やメディアからスケープゴートにされ、「病気の媒介者」というレッテルを貼られてきた。現在のCOVID-19パンデミックは、特に、ほとんどのコミュニティサービスの閉鎖、貧困状態での精神的な回復の悪化、そして広範なスティグマ化のために、セックスワーカーの健康状態の悪化と脆弱性を大幅に増大させている。

私たちは、COVID19に関連したメッセージが、セックスワーカー、未登録移民、農村地域のこうした人々およびLGBTIQの人々を含む社会の中で最も排除され、疎外された人々に、それらにアクセス可能なフォーマットおよび言語で屆けられることを要求する。性的・生殖サービスと移行関連の保健医療transition-related healthcareを維持しつつ、性暴力やジェンダーに基づく暴力への対応で後回しになりがちなグループに手を差し伸べるよう能力を拡大することが最優先事項である。COVID-19の検査を含め、予防的・根治的な保健医療へのアクセスはすべての人に保証されなければならず、移民であるかどうかにかかわらず、社会的に最も疎外されたグループに特に注意を払わなければならない。

4. セックスワーカーのインクルージョンのための長期ビジョン:セックスワークの非犯罪化、経済改革、移民の正規化

パンデミックが劇的に示したように、欧州は、最も脆弱な人々のために、そして社会全体のために、大規模な社会変革を実施しなければならない。上述の直接的な措置が遅延なく実施されなければならない一方で、非人道的な不平等を終わらせるために長期的な改革も必要ダ。私たちは、性産業で働いているものを含む未登録移民が、移民コミュニティや支援組織とのパートナーシップの発展と実施によって、様々な事情を抱えている彼らの状態の正規化へのアクセスを可能性することを要求する。私たちは、すべての住民が、逮捕と国外追放、またはサービス提供者の犯罪化を恐れることなく、平等に、保健その他のサービス、賃貸の宿泊施設、および司法にアクセスできるように要求する。基本的なケアまたは普遍的な所得を含む経済改革は、女性、LGBTIQなどの排除されたグループに影響を与える貧困を終わらせるために展開されなければならない。最後に、数十年に及ぶ犯罪化と禁止の失敗を経て、政府はセックス・ワークの非犯罪化を導入しなければならない。

このパンデミックは、セックスワーカーが直面しているスキャンダラスな不平等と社会的排除に赤信号を点灯させた。セックスワーカーの声に耳を傾け、これらの重要な改革を実施することによってのみ、私たちの健康と生活を守ることができる。政策要求の詳細なリストを読むには、ここをクリックしてください。

出典:http://redlightcovideurope.org

下訳にhttps://www.deepl.com/translatorを使いました。

Print Friendly, PDF & Email
Previous (YewYork Times)Covid対策の装着型新技術は、常にあなたを追跡する―スポーツリーグ、大企業、大学は、より侵襲的な形での監視を可能にするデバイスに注目している
Next (Human Rights Watch)COVID-19パンデミックを生き抜くためのセックス・ワーカーの奮闘― 犯罪化は状況を更に悪化させる