Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(CLDC)ProtonMailの開発: ProtonMailは強力なメッセージプライバシーを提供しているが、活動家が匿名性を確保するためには特別な措置が求められる

以下は、米国のCivil Liberties Defense Centerの記事の翻訳です。Protonmailがフランスの捜査機関の要請を受けたスイス当局に対して、活動家のアカウトのIPアドレスなどのメタデータを提出した出来事は大きな反響を呼びました。(「反監視情報」でもいくつかの記事を提供しています。これとかこれ。「Protonmail」で検索してみてください)以下の記事では、Protonmailはもう使わない方がいいのかどうかについて、著者の見解を述べています。とくにProtonmailをTor経由で利用可能になっていることは、他にはないメリットだと指摘しています。


By Michele Gretes|September 20th, 2021

広く信頼されているスイスの暗号化メールサービスProtonMailが、フランスの若い気候変動活動家の身元確認に協力したことを認めて以来、運動のオーガナイザーたちはProtonMailのアカウントを使い続けるべきかどうかを考えています。

連帯のため、運動の強化のため、そして人々の安全のために、活動家は決して法執行機関に協力してはならず、政府の侵略的な越権行為から自分たちを守るために通信手段を頼りにする必要があります。多くの活動家は、Protonがこの事件の情報提供者として活動していたというニュースに、当然のことながら強い理屈抜きの反発を示しました。

Proton社は、ユーザーの情報をしぶしぶ引き渡しただけのように見えます(スイスの警察に強制され、おそらく重大な法的処罰を受ける恐れがあり、この命令に異議を唱える場もない)。とはいえ、気候変動活動家を当局が標的にしたことは極めて非難されるべきことなので、ここではこの企業の行動を擁護するために書いているわけではありません。しかし、法執行機関にある程度協力する代わりに、企業やその幹部が刑務所に入ったり、サービスを停止したりすることを期待することは、(現在も過去も未来も)活動家にとっては間違いです。

ProtonMailは、顧客情報を要求されても、(Riseupが約束しているように)英雄的にサービスを停止すべきだったのでしょうか?その答えは、残念ながら単純な「イエス」ではありません。もし、すべての活動家向けサービスが法的要求に応じて停止してしまったら、インフラが壊滅的に失われ、多くの人がより悪いプロバイダーに移ってしまい、私たちの運動全体がより危険にさらされることになるでしょう。

ProtonMailは、多くの場合、活動家の暗号化された電子メールの良い選択肢です。メッセージの強力な暗号化を提供し、特別な技術的スキルを必要とせず、迅速かつ簡単に設定して正しく使用することができるからです。しかし、何に適しているのか(ProtonMailユーザー間の電子メールメッセージの内容を暗号化する)、何を達成するために特別な手段を必要とするのか(ユーザーの匿名性、ProtonMail以外のユーザーへの電子メールの暗号化)については、明確にする必要があります。

1. 匿名でProtonMailというプラットフォームを利用して、自分のアイデンティティを隠す。これは完全に可能です。これには2つの方法があります。
●ProtonMailは、Torブラウザでのみアクセス可能なオニオンサイト(https://protonmailrmez3lotccipshtkleegetolb73fuirgj7r4o4vfu7ozyd.onion/)を通じて、Tor(インターネット上の匿名性を確保するための最良の選択肢)を強力にサポートしています。しっかりとした匿名性を確保するためには、アカウントを作成する際や、メールをチェックするためにサインインするたびに、Torブラウザを使用する必要があります。なお、Torを使ってアカウントを作成する際には、確認作業が必要となります。匿名性を確保するためには、使い捨ての電話番号または既存の(匿名の)メールアドレスを使用し、招待をリクエストする必要があります(以下の画面でManualを選択)。

●VPNを使用することも、Protonから自分の身元を隠すための方法です。しかし、この方法では、VPNプロバイダーに自分の身元を信用させる必要があるため、匿名性は弱くなります。Mozilla VPNやMullvad(MullvadはMozilla VPNのサーバーインフラを提供しています)などが良いVPNです。Protonから自分の身元を隠すためには、Protonmailのアカウントを作成する際や、Protonmailにアクセスする際には、必ずVPNに接続する必要があります。オンラインでの匿名性の確保についてはこちらをご覧ください。ProtonMail以外のユーザーと暗号化されたメールを交換する。この場合、手動で暗号化キーを交換する必要があります。Protonではこれを比較的簡単に行うことができますが、自分と相手の両方にとって余分なステップとなります。

2. 気候変動活動家の逮捕にProtonMailが関与していると聞いてがっかりしましたが、ProtonMailがTorブラウザを使って匿名でサービスにアクセスすることを比較的容易にしていることは評価できます。現実世界に例えると、もし私が、酒場のドアで身分証明書をスキャンされるが、スキャンされない秘密の入り口に行く方が好きだったら、「もし当局が客の身分証明書を渡すよう強制するなら、私たちは永遠に閉店します」と約束をするよりも、「こんにちは、私たちの秘密の入り口を使ってください」と言ってくれる方がずっといい。

というわけで、暗号化メールにはProtonMailをお勧めします。なぜなら、いまだに多くの人がGoogle Drive(あるいは…Facebook!)で運動を組織している世界にいるからです。人々の組織活動を支援するために、私たちは常に最も安全なオプションを推奨していますが、99%良くて使いやすいオプションにも注目しています。なぜなら、最も強力なデジタル・セキュリティ・プラクティスに完全にコミットする時間、知識、能力のない活動家を支援する必要があるからです。ProtonMailは、今でも十分に害を減らすことができます。

出典:https://cldc.org/protonmail-developments-protonmail-provides-strong-message-privacy-but-activists-need-to-take-extra-steps-to-ensure-anonymity/

Print Friendly, PDF & Email
Previous フィリップ・ジマーマン:私がPGPを書いた理由
Next ProtonMail、スイス当局の命令でフランスの活動家のIPアドレス記録提出