Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(Markup)フェイスブック内部告発者の誕生

以下は、2021年10月9日Markupのメールマガジンの翻訳です。


皆さん、こんにちは。

今週、ウォール・ストリート・ジャーナルに文書を提供したフェイスブックの内部告発者、フランシス・ハウゲンFrances Haugenは、「60 Minutes」で自分の正体を明かし、議会で証言しました。

彼女は、Facebookが安全性よりも利益を優先していることを証言し、ソーシャルネットワーク上の憎悪や誤った情報を助長するエンゲージメントベースのアルゴリズムengagement-based algorithmsを検証するよう議員に求めました。

彼女の暴露は重要ですが、彼女がどのようにしてそこにたどり着いたかを考えることも価値があります。内部告発者というのは危険な仕事です。ジャーナリストと文書を共有した後、穏やかに議会で証言することになるリーク者はあまり多くありません。

最近の数人の内部告発者の運命を考えてみましょう。

●NSA(米国国家安全保障局)の内部告発者であるエドワード・スノーデンは、ほぼすべてのアメリカ人の電話記録を収集する監視プログラムを暴露した後、国外に逃亡し、最終的にはモスクワで亡命生活を送ることになりました。
●チェルシー・マニングChelsea Manningは、米国のイラク・アフガニスタン戦争の詳細を明らかにした文書を流出させ、6年以上の服役を経験しました。
●リアリティ・ウィナーReality Winnerは、2016年の米国大統領選挙をハッキングしようとしたロシアの活動を暴露し、4年以上服役しました。
●ナタリー・メイフラワー・サース・エドワーズNatalie Mayflower Sours Edwardsは、ドナルド・トランプ元大統領の選挙運動責任者ポール・マナフォートが受け取った不審な電信送金を明らかにした後、6カ月の実刑判決を受けました。

フェイスブックはフランシスに対して何の法的措置もとっていませんが、それは彼女が自分の道を慎重に設計したからかもしれません。彼女は、2010年に制定された「ドッド・フランク・ウォールストリート改革及び消費者保護法the Dodd-Frank Wall Street Reform and Consumer Protection Act of 2010」による内部告発者の保護を受けるために、斬新な法的戦略を利用しようと数ヶ月間取り組んできました。彼女は、フェイスブックが投資家を欺いていると主張して、証券取引委員会に8つの苦情を提出しています。

彼女のアプローチを理解するために、彼女の弁護士であり、内部告発者に法的支援を提供する非営利団体「Whistleblower Aid」の創設者兼チーフ・ディスクロージャー・オフィサーであるジョン・ネイピア・タイ John Napier Tyeに話を聞きました。タイは以前、米国国務省でインターネットの自由に関する課長を務めており、機密扱いのブリーフィングで、NSAが法律の抜け穴を利用して、アメリカ人の電子メール、電話、オンライン通信を令状なしで収集、保存、検索していることを知りました。

私がタイに初めて会ったのは2014年のことでした。彼は内部告発者になることを決意し、法的なルートを使って議会や国務省とNSAの監察官に懸念事項を提出しました。そして、その経験をもとにWhistleblower Aidを設立しました。
以下、分かりやすいように編集した対談をお届けします。


アングウィン: あなたは政府関係の内部告発者を多く扱ってきましたが、今回はあなたにとって初めての企業クライアントです。この案件が生まれた経緯を教えてください。

タイ: 共通の同僚が、フランシスさんに私たちに電話をするよう勧めてくれました。彼らは私に、誰かが連絡してくるだろうと知らせてくれました。彼女は「Signal」のアプリで電話をかけてきました。最初の電話で20分ほど話しましたが、その数分後には、これは大変なことになるとすぐに気づきました。

私が最初にアドバイスしたのは、SECにディスクロージャーを提出すべきだということでした。彼女は、会社と敵対するようなアプローチを取りたくないので、この点については躊躇していました。しかし私は、まず第一に、報復防止のために提出すべきだと言いました。なぜなら、SECに提出することで、ドッド・フランク法やサーベンス・オクスリー法Sarbanes-Oxleyによる保護が適用されるからです。第二に、SECは実際に強制捜査を行い、あなたが訴えていることについて会社に責任を負わせる可能性が最も高い機関のひとつです。これらの主張に共感したので、私たちはSECによる情報開示を進めました。

アングウィン: SECの内部告発プログラムについて教えてください。

タイ: 2010年に成立したドッド・フランク法によって創設されました。この法律では、SECの内部告発者事務局が設置され、報奨金制度が設けられています。内部告発者は、SECにオリジナルの情報を提供し、それが企業への強制措置に成功した場合、SECが回収した金額の10~30%を受け取る権利を法的に認められています。もちろん、これは非常に大きな数字ですから、大金になる可能性があります。

SECに申告した人は、たとえその申告がSECの強制措置に至らなかったとしても、報復に対する保護を受ける権利があります。

アングウィン: 私が読んだ限りでは、内部告発者の保護は、まだ会社で働いている人に対する報復を防ぐためのもののようですが、フランシスは5月に会社を辞めています。では、それは彼女にも適用されるのでしょうか?
タイ それはいい質問ですね。法律が手元にありませんが、雇用に関する報復について書かれています。報復を受けるのは、解雇、降格、転勤などの場合が多いですね。しかし、この法律の用語は、雇用に関連した報復行為にも適用されると思います。

ドッド・フランク法やサーベンス・オクスリー法に特化したものではなく、公民権法のタイトルVIIや、いわゆるクイ・タム法(別の連邦公益通報者法)など、いくつかの有利な判例があります。雇用後の報復であっても、キイタム[qui tam statute米国の訴訟制度の一つで、政府との契約の相手方である企業や個人の不正を発見した者は、その相手方を被告として賠償を求める民事訴訟を提起できる、というもの]では違法となりますので、連邦裁判所はドッド・フランク法やサーベンス・オクスリー法をこれらの他の法律と同じように解釈するものと思われます。

アングウィン: 資料を持ち出して雇用契約を破ったとして会社が彼女を訴えた場合、それは報復になるのでしょうか?

タイ:そうですね。連邦法では、雇用主はSECや議会とのコミュニケーションを止めることはできないとされています。これはドッド・フランク法に規定されていますし、彼女がフェイスブックと交わした機密保持契約にも明記されています。ですから、彼女にはこれらの情報を開示する法的権利があります。

しかし、私たちは、フェイスブックが彼女に対して根拠のない訴訟を起こそうとするのではないかと心配しています。根拠のない訴訟であっても、彼女にとっては非常に高価で壊滅的なものになる可能性があります。

アングウィン:それを考えると、彼女の名前を公表するのはリスクが高いように思いますが、いかがでしょうか?彼女は匿名で行うこともできたはずです。

タイ:そうですね。その通りです。彼女は確かにそれを考えました。彼女の最初の思い付きでは匿名でいることだったと思います。私は「それも一理ありますが、もしあなたがこのような政策上の問題について公の場で発言したいのであれば、完全に匿名でいることはできないでしょう」と言いました。彼女は本当に自分の意見を言いたかったのだと思いますし、それが名乗ることを決意させたのだと思います。

アングウィン:彼女はとても雄弁ですね。素直に感心しました。

タイ: そうですね。彼女はとても賢く、とても思慮深く、体系的で、本当に優れたスポークスマンですね。

アングウィン:この仕事を始めた経緯について教えてください。内部告発者として始めたのですか?

タイ:私は2014年に内部告発しました。私は国務省で働いていました。私はトップシークレット/SCI(機密扱い情報)のクリアランスを持っていました。私の仕事は、人権局でインターネットの自由に関する仕事をしていました。私は、スノーデンの情報公開に対応するチームの一員でした。

その対応の一環として、私は NSA(米国家安全保障局)から 世界的な信号諜報活動について説明を受けましたが、 スノーデンの情報公開から 1 年が経過しても、NSA が米国人のデータ収集に使用した主要な法的権限である大統領令 12333 に関する事が 1 つもなかったことを知りました。

そこで私は弁護士を雇い、合法的な情報開示プロセスを経て、国務省とNSAの両監察官、上下両院の情報委員会スタッフと会い、出版前審査プロセスを経て、ワシントン・ポスト紙に記事を掲載しました。そうすることで、少なくとも議会と一般の支持者が、自分たちのデータがどのように収集されているかという基本的なことを理解できるようになりました。

弁護士には1万3,000ドルを費やしたと思います。弁護士を知っていたことと、彼らに支払うだけのお金があったことは幸運でした。私は、内部告発者のための良い選択肢が用意されていないことに気づきました。そこで2017年、多くの人が米国の法の支配に不安を感じていた頃、私は「Whistleblower Aid」を立ち上げました。

アングウィン: フランシスを弁護するための費用を支援するために、GoFundMeを始めましたね。内部告発者支援のための資金調達は、どのようなものだったのでしょうか?

タイ: このようなケースのための資金調達で問題となるのは、ほとんどの作業が終わるまで、ケースについてあまり話すことができないことです。

フェイスブックに内部告発者がいることが誰かに知られる前に、私たちは何十万ドルもの資金を費やしていました。弁護士費用、セキュリティ・メディア・コーチ、コンサルタント、旅費、物流費などです。議会に届く前にこれらの文書を再編集するための再編集チームを作りました。ハードウェアも大量に購入しました。

彼女の安全を守り、これが合法的であることを確認し、議会に適切に提出するために、多くの人がこの活動に取り組んでいます。

フランシスは自分一人でこのようなものを買うことはできませんでした。この件に関しては、すでに25万ドル以上を支払っています。

しかし、メディアで報道されるまで、人々はその重要性を理解しておらず、その時にはすべての作業が終わっているのです。ですから、「来年はこのプロジェクトに取り組みます」と言える他のチャリティとは異なり、何に取り組むかを予測することはできません。そのため、資金調達の問題が発生するのです。

いつもお読みいただきありがとうございます。
ありがとうございました。
ジュリア・アングウィン
エディター・イン・チーフ
ザ・マークアップ

出典:Markup 2021/10/9 The Making of a Modern Whistleblower

Print Friendly, PDF & Email
Previous (ZDnet)スノーデン氏:GDPRは「張り子の虎」
Next (PI) データと選挙