Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(#KeepOnItl/AccessNow)インターネット遮断と選挙ハンドブック

KeepItOn-Election-Shutdown-handbook-header-image

選挙監視員、大使館、活動家、ジャーナリストのためのガイド

このハンドブックは、インターネットのシャットダウンが民主的な選挙をどのように損なうかを説明し、主要なアクターがシャットダウンを回避し、シャットダウン下で行われる選挙がどの程度自由で公正であるかを理解し評価するためのヒントと提言を提供しています。このハンドブックは、特に、選挙監視員、外交団員、ジャーナリスト、人権活動家を対象としています。本ハンドブックの最終更新日は2021年4月です。本ハンドブックのPDF版(英語)はこちらからダウンロードできます。

目次

I. インターネットの閉鎖に関する事実

II. インターネットの閉鎖が人権に与える影響

III. インターネットの停止が民主的な選挙の妨げになる理由

IV. インターネットの停止を回避する方法:ヒントと推奨事項

V. もっと詳しく知りたい、そしてどう行動すべきか

付録 インターネットの停止に関する用語:用語集

I. インターネットの遮断に関する事実

インターネット遮断とは、特定の人々や地域において、インターネットや通信を意図的に遮断し、アクセスできないようにしたり、事実上使用できないようにしたりすることであり、情報の流れをコントロールすることを目的としています。遮断にはさまざまな種類があります(定義については用語集を参照)。全面的な遮断、あるいはインターネットの全面的なblackoutでは、インターネットやすべての電気通信サービスへのアクセスが、通常、政府機関によって行なわれます。一方、部分的な遮断では、特定の種類のネットワーク(例えば、モバイルネットワーク)や、ソーシャルメディアやメッセージングアプリなどのサービスが対象となります。インターネット遮断は、情報のアップロード、ダウンロード、アクセスを困難にする、あるいは不可能にする目的で、インターネットの速度を意図的に低下させる「スロットリング」という形で行われることもあります。政府がよく使う方法のひとつに、モバイルインターネットの速度を4Gや3Gから2Gに引き下げるというものがあります。

インターネットの遮断は、全国的に行われることもあれば、特定の地域、村、地方、州を対象に行われることもあります。特に遠隔地や紛争地域など外界から隔離された地域では、安全上の理由や政府による規制のためにジャーナリストや人権擁護者がアクセスできない可能性があるため、ターゲットを絞ったシャットダウンは検知や検証が難しくなります。

各国政府は、国家の安全を守り、公共の秩序を回復するため、学校の試験での不正行為を防ぐため、憎悪に満ちた言論や誤報・偽情報の拡散を妨げるためなど、さまざまな理由で遮断を行うと主張しています。しかし、通常、遮断が命じられる状況を見ると、実際には、特に選挙や紛争、大規模デモなどのイベント時に、表現や情報の自由に対する市民の権利を制限し、集会や結社の自由の権利を妨害する戦術として政府は遮断を実施していることがわかります。

2018年から2020年にかけて、Access Nowと#KeepItOn coalitionは、世界中で少なくとも564件の遮断を記録しました。遮断のほとんどは、アフリカ、アジア太平洋、中東・北アフリカで行われました。しかし、これらの数字は包括的なものではありません。Access Nowの遮断のカウント方法は、技術的な測定に加えて、ニュース報道や個人の証言などの文脈的な情報に依存しているため、気づかれず、報道されなかったインターネット遮断のケースがあるかもしれません。

II. インターネットの遮断が人権に与える影響

インターネットへのアクセスが阻害されると、広範な基本的権利および自由、特に表現および意見の自由、情報へのアクセス、集会および結社の自由に対する権利を完全に享受することができなくなります。とりわけ、このような制限は、人々のコミュニケーションを妨げ、ビジネスに損害を与え、教育やオンラインサービスや機会へのアクセスを阻害することによって、普通の生活に影響を与えます。武力紛争や世界的なパンデミックなどの危機的状況下では、インターネットが遮断されると、人々は身の回りで起こっていることについての重要な情報を得ることができず、緊急サービスを受けることもできず、愛する人と連絡を取ったり守ったりすることもできず、公衆衛生と安全が脅かされます。インターネットの遮断は、国際人権法上、正当化できない本質的に不均衡な措置です。

早くも2011年には、意見と表現の自由に関する国連特別報告者、メディアの自由に関する欧州安全保障協力機構(OSCE)代表、表現の自由に関する米州機構(OAS)特別報告者、表現の自由と情報へのアクセスに関するアフリカ人権委員会(ACHPR)特別報告者が、インターネット遮断を非難し、インターネットへのアクセスを遮断することは、「公序良俗や国家安全保障上の理由も含めて、決して正当化することはできない」とする共同宣言を発表しました。

インターネット上の人権の促進、保護、享受に関する2016年の国連決議も、インターネット遮断を非難し、国家が遮断を命じることを控えるよう求めています。この決議は2018年にさらに維持されました。2016年、ACHPRは、選挙や抗議活動の際に政府が命じた遮断を非難する決議を採択しました。デジタル時代の平和的集会および結社の自由に関する2019年の人権理事会報告書において、平和的集会および結社の自由の権利に関する特別報告者は、「ネットワークの遮断は明らかな国際法違反であり、いかなる状況においても正当化することはできない 」と述べています。一方、人権委員会は、平和的集会の権利に関する一般的コミットメン37号(2020年)において、市民的及び政治的権利に関する国際規約の締約国に対し、「平和的集会に関連してインターネット接続を遮断したり妨げたりしない 」よう求めています。

III. インターネットの遮断が民主的な選挙の妨げになる理由

インターネット遮断は、政治的抑圧、検閲、人権侵害、制度の弱さ、法の支配の欠如など、全般的な雰囲気を反映しています。選挙期間中は、インターネットへのアクセスだけでは、自由で公正な選挙の実施を妨げるより深い制度的・政治的要因のすべてを解決することはできませんが、インターネットが遮断されると、さまざまなアクターが選挙プロセスに完全に関与することが困難になります。遮断は、選挙候補者(特に野党)の選挙運動や意見交換の能力を低下させます。また、有権者の情報へのアクセスを妨げ、選挙プロセスへの信頼を低下させ、不正を記録する人々の努力を妨害します。

インターネットの閉鎖は、人権と民主主義の自由を侵害します。

民主的な選挙には、表現の自由、情報へのアクセス、報道の自由などの人権が不可欠です。

意見や表現の自由に対する権利の促進と保護に関する特別報告者の2014年の報告書でも指摘されているように、「自由で開かれた政治的コミュニケーションのための条件を提供することは、公正で民主的な選挙プロセスを確保するための不可欠な要素である 」としています。同報告書は、オンラインおよびオフラインの選挙プロセスにおける表現の自由を制限する措置を “特に損害を与えるもの “として非難しています。

選挙に参加する候補者や政党は、組織し、集まり、自分の考えを表明し、自分の選挙プログラムを自由に伝えることができなければなりません。一方、有権者は、情報にアクセスしたり、集会やキャンペーンに参加したり、十分な情報を得た上で意思決定を行ったり、民主的な言説や選挙プロセスに自由に関与することができなければなりません。メディアの役割は、すべての政党や候補者が、有権者にとって最も重要な問題について、自らの政治的綱領や見解を提示するための平等なアクセスを確保すること、候補者や選挙プロセスを妨害しようとする試みを精査すること、選挙期間中に氾濫する可能性のある誤った情報や偽情報を事実確認することに不可欠です。

選挙前、選挙中、選挙後にかかわらず、インターネットの遮断は、さまざまな関係者が選挙プロセスに完全に参加することを妨げ、有権者が情報にアクセスしたり、議論に参加したり、自分の所属する政治的立場を自由に表明したりすることを阻害します。さらには、メディアの報道や国民への情報提供が困難になり、政党や候補者が選挙運動を行い、有権者を動員する能力が損なわれてしまいます。

インターネットの遮断は、メディアへのアクセスと選挙の公平性を損なう

選挙期間中、インターネットの遮断を行っている政府は、メディアの統制や選挙運動や政治集会の制限など、政敵を黙らせるための他の戦術も展開しています。これにより、政府と密接な関係にある与党や候補者は、競合する政党、特に無所属の候補者や野党に対して有利になります。例えば、インターネットへのアクセスが制限されている場合、野党の候補者は、選挙運動や有権者を引きつけるための手段が限られてしまい、主流メディアを支配する有力な政治家と対等に戦うことができません。これは差別的であり、民主的な選挙の重要な基準のひとつであるメディアへの平等なアクセスに反するものです。

さらに、選挙後にインターネットが遮断されると、敗北した政党(通常は野党)が結果に異議を唱えるための組織作りができなくなります。政治的抑圧やメディア検閲が行われている状況では、インターネットを通じて抗議活動やキャンペーンを行うことは、野党や有権者が当局に圧力をかけるために利用できる数少ない戦術の1つです。そのため、インターネットへのアクセスを遮断することは、勝利した政党に有利な状況を作り出し、選挙への不信感や不正行為への疑念をさらに悪化させることになります。

インターネットの遮断は、メディアの監視の役割を妨げる

インターネットが遮断されると、選挙プロセスのさまざまな段階で、メディアが適切な情報を提供できなくなります。選挙におけるメディアの役割は、政治キャンペーンの報道、有権者が十分な情報を得た上で選択できるように候補者や政治課題について国民に情報を提供すること、政治家の発言を事実に基づいてチェックすること、選挙の不正行為を調査して明らかにすることなど、必要不可欠なものとなっています。

インターネット遮断は、政治的抑圧、検閲、人権侵害が深刻化していることを示しています。そのため、メディアの役割はますます重要になっています。しかし、インターネットが遮断されると、信頼できる情報が最も必要とされる時期に、ジャーナリストやメディアが仕事をすることが難しくなります。

インターネットに支障なくアクセスできなければ、メディア機関やジャーナリストは、選挙プロセスの誠実さと透明性を確保するための監視役としての役割を適切に果たすことができません。

ジャーナリストは、ニュース速報を時間通りに提出したり、ニュースルームに連絡を取ったり、情報にアクセスしたり、情報源に連絡を取ったりすることができません。インターネットの完全停止blackoutは最も極端な形態ですが、ソーシャルメディアやメッセージングアプリの使用が制限されていることも大きな障害となっています。これらのツールは、ジャーナリストやメディアが視聴者に接触し、記事を広め、宣伝し、情報源と安全にコミュニケーションをとるために不可欠なものとなっているからです。

インターネット遮断は、選挙プロセスに対する国民の信頼を低下させる

選挙は、単に投票することや選挙日に何が起こるかだけではありません。特に、選挙結果に対する信頼の欠如が暴力行為につながるような状況では、選挙日の前後に行われる活動を含むプロセス全体に対する信頼が不可欠です。

2013年の国連事務総長の総会報告によると、「選挙プロセスが正確な結果を生み出すだけでは十分ではない。市民は、この結果が本当に自分たちの意思を反映しているという信頼を持たなければならない」と述べています。報告書はさらに、「信頼性は、投票プロセスそのものや、ある一つの出来事から生まれるものではない。政治的な信頼と受容の源は、より深いところにある」と述べています。

選挙の信頼性を高めるには、公平な競争条件、すべての候補者に対する選挙当局と政府の中立性、人権と法の支配の尊重、包括性、透明性など、選挙が開催される広範な雰囲気を反映した多くの要因が必要となるのです。

遮断は、選挙プロセスの正統性に疑問を投げかけるものです。人々の信頼を築き、透明で公正な選挙を促進するために必要な、情報と表現の自由な流れを妨げます。

さらに、政府が課す遮断は、政治的野党を黙らせ、選挙運動や有権者の動員に不可欠なツールを奪う戦術として用いられることが多いため、これらの措置は、すべての政治的候補者に対する国家機関の中立性に対する国民の信頼をさらに損なうことになります。

選挙の透明性、完全性、説明責任に対するインターネットの遮断

インターネットが遮断されると、国際監視団や国内の超党派のオブザーバー、活動家など、選挙の透明性、完全性、公正性を確保するために活動する独立したアクターが、選挙の実施状況を監視し、不正を暴露することができなくなります。

選挙期間中に、不正行為や電子投票システムの問題、暴力行為などの重要な情報を見つけ出し、伝達することは、閉鎖されていると難しくなります。遮断により、オブザーバーはミッションの本部や他のオブザーバー、選挙当局との調整ができなくなり、受け取った情報の正確さを確認することもできなくなります。

選挙前にインターネットへのアクセスが遮断されると、選挙運動や有権者登録など、選挙前のさまざまな局面で、よりよい準備や安全対策、監視に役立つ情報へのアクセスが困難になります。また、インターネットは、有権者や市民ジャーナリスト、活動家が、不正操作や詐欺、選挙関連の暴力行為があった場合に、その報告や映像を記録し、広めるのにも役立ちます。

インターネットへのアクセスが妨げられないことは、開票作業の開始時にも同様に重要です。インターネットが遮断されると、監視団や不正行為を記録している人たちの声明、報告書、調査結果、結論を広く、タイムリーに国民に伝えることができなくなります。

選挙期間中、不正に関する情報をタイムリーに発信することは、不正に対処し、調査を行い、各県の法律で定められた期限内に法的な異議申し立てを行うためにも重要である。不正が明るみに出なければ、不正に対処し、そこから学んで次の選挙サイクルを改善する可能性が低くなり、最も重要なことは、違反の責任者の責任を追及することです。

IV. 遮断をどう乗り切るか:ヒントと推奨事項

1.デジタルの権利の背景を理解する

過去または現在行われているインターネット遮断や、選挙との関連性についてのニュースや記事を読む。

選挙期間中にインターネットが遮断された場合に備えて、常に情報を得ることがが大切だ。選挙運動、投票、有権者登録など、選挙プロセスのさまざまな場面でテクノロジーやインターネットが果たす役割を理解することは、特定の状況や国での遮断が選挙プロセスにどのような影響を与えるかを評価するのに役立ちます。また、その国や影響を受けた地域で過去に行われたインターネットの遮断や、情報の自由な流れを制限するための戦術の歴史を調べることも重要です。例えば、「#KeepItOn」連合に参加しているグループを含め、現地で活動しているデジタルの権利グループやアクティビストと連絡を取り、デジタルの権利の状況について理解を深めることができます。また、Shutdown Tracker Optimization Project(STOP)を運営するAccess Nowや、Open Observatory of Network Interference(OONI)などのネットワーク監視グループなど、世界中のインターネットの閉鎖や検閲を記録・監視している組織に相談することもできます。

2. シャットダウンが起こる前の準備

Torの技術を利用したブラウザやツール、VPN(Virtual Private Network)、暗号化を利用したプロキシなどの回避ツールを導入・利用する。

VPNは、既存のネットワークを介してデータをトンネリングする独自のネットワークを構築します。VPNは、ソーシャルメディアプラットフォームやインスタントメッセージングアプリなどの特定のサービスを含む、ウェブサイトやオンラインプラットフォームのブロックを回避するのに役立ちます。政府は、遮断したウェブサイトやサービスへの人々のアクセスを防ぐため、しばしば、遮断時のVPNプロバイダーへのアクセスもブロックし、ブロックが実施されたときにツールのインストールが困難になります。また、人気のあるVPNプロバイダーからのトラフィックをブロックして、効果を削ぐこともあります。遮断を経験する恐れがある場合は、事前に複数のVPNをダウンロードしておくことをお勧めします。すべてのVPNが、あなたのプライバシーを保証したり、同じレベルの保護を提供できるわけではありません。VPNプロバイダーを選ぶ際には、コードが公開されているオープンソースのツールを選び、データの保護方法について透明性のあるものを選ぶようにしましょう。また、VPNがピア・セキュリティ・レビュー・プロセスを公開していること、独立した監査人によるセキュリティの審査を受けていることを確認する必要があります。ツールの推奨についてサポートが必要な場合は、アクセス・ナウのデジタル・セキュリティ・ヘルプラインにお問い合わせください。

📝 一部の国では、回避ツールやVPNの使用が違法または制限の対象となっています。このようなツールを使用することで生じる可能性のある法的および個人的安全性のリスクを考慮するようにしてください。一部の回避ツールが検閲や犯罪の対象となっている場合は、国外にパーソナルVPNサーバーを設置することも検討できますが、これには重大な法的リスクが伴う場合があり、特に中国では犯罪とされています。

安全な通信ツールをダウンロードしてセットアップする。

安全な通信を行うためには、エンド・ツー・エンドの暗号化に対応したアプリケーションやサービスを利用することをお勧めします。その際、オープンソースで、定期的に独立した監査を受けているサービスやアプリケーションを選ぶことが重要です。例えば、メッセージや音声・ビデオ通話のエンド・ツー・エンドの暗号化プロトコルであるSignalプロトコルを採用したオープンソースのインスタントメッセージングツールとしては、SignalやWireなどがあります。使用方法によっては自分や相手を危険にさらす可能性があるため、各ツールが提供するガイドをよく読んでから使用してください。セキュア・コミュニケーション・ツールに関するその他の質問は、アクセス・ナウのデジタル・セキュリティ・ヘルプラインにお問い合わせください。

📝安全な通信手段の使用には、個人的なリスクや法的なリスクが伴うことに留意してください。特定のツールの使用を犯罪としている国もありますし、通信の秘密を守ろうとする個人を監視している国もあります。どのツールが自分にとって最適かを決める前に、十分な情報を得て、リスクを評価するようにしてください。

継続的なインターネットの遮断を理解し、監視する。

インターネットの遮断が疑われる場合は、何百万ものネットワーク測定値に基づくインターネット検閲に関する世界的なデータベースであるOONI Explorerや、Internet Outage and Detection Analysis(IODA)、Googleのtraffic and disruption trackerトラフィックと遮断のトラッカーなどの監視ツールを利用することができます。これらのツールは、さまざまなネットワークにおけるインターネットの遮断を特定するためのほぼリアルタイムのデータを提供します。また、killswitch.pkinternetshutdowns.inなど、国別のシャットダウントラッカーもあります。OONI Probeアプリを使えば、インターネットの停止や検閲を自分で測定することができます。OONI Probeアプリでは、テストを行い、さまざまな形態のネットワーク干渉の証拠を記録することができます。OONI Probeのテスト結果は、OONI Explorerのサイトでリアルタイムに公開されています。OONI Probeを使用する前に、潜在的なリスクを認識しておいてください。

これらのリスクは、インターネットの遮断ではなく、主に検閲のテストに関連するものです。一部の国では、検閲テストにより、当局があなたを特定し、監視や迫害の対象とする可能性があることに注意してください。これらの点を考慮して、インターネット遮断が行われているかどうか、どのように実施されているかについての情報を探してください。これらの情報を得ることは、何が起きているかを理解するだけでなく、適切な対応をするための助けとなります。

選挙が行われた後も、選挙日以降に遮断されるケースがいくつかありますので、状況を見守ることが重要です。政府は、選挙後、野党や市民が選挙結果に異議を唱えるために組織化するのを妨げたり、選挙の不正や暴力を隠蔽しようとしたりするために、遮断を行うことがあります。場合によっては、遮断の発見が難しく、選挙後に企業が透明性報告書を発表するなどして、より多くの情報が得られることもあります。

📝 全面blackoutの影響を受けた地域にいる場合、これらのリソースをオンラインで参照することはできません。しかし、ネットワークの速度のみに影響を与える遮断や、特定のサービス、プラットフォーム、ウェブサイトをブロックする場合には、これらのリソースが役立ちます。万が一、インターネットに接続できなくなった場合に備えて、この資料を保存または印刷しておくことをお勧めします。

3. シャットダウン時に自分と自分のコミュニティを守る

インターネットが遮断された状況下で、情報を発信する。

インターネットが遮断された状態でどのように情報を発信するかは、遮断の種類によって異なります。VPNを利用すれば、メッセージングアプリ、ソーシャルメディアプラットフォーム、メールサービスなど、特定のサービスやウェブサイトのブロックを回避することができます。政府がインターネットの全面的な遮断に踏み切った場合、その回避は困難になります。このような状況では、情報やメモ、仕事の内容などを{USBやSDカードなどの)小型メモリに保存し、遮断の影響を受ける地域の外にいる人に送るなどの方法を検討してください。セキュリティを高めるために、Veracryptなどのソフトウェアを使って、ドライブや保存されているファイルを暗号化することもできます。

インターネットが遮断されている間、当局に通信を監視されることが心配な場合は、衛星回線を利用することをお勧めします。衛星通信は当局に監視されやすく、衛星端末を持っているだけで犯罪になる国もあります。また、衛星回線を利用すると位置情報が漏れる可能性があるため、位置情報を秘密にしておきたい場合には利用しない方が良いでしょう。つまり、衛星回線を利用する場合は、共有する情報の種類や機密性、潜在的な影響などを慎重に検討する必要があります。例えば、選挙監視団が衛星インターネットを利用して公式声明やミッションの調査結果を発表・普及させることは、ジャーナリストが選挙違反を告発する匿名の情報源と通信するのと同じレベルのリスクを負うことにはなりません。ジャーナリスト保護委員会the Committee to Protect Journalistsが2021年のインドの選挙のために作成したこのガイドを参照すると、最新の課題や関連する防衛策のヒントが得られます。

インターネットが遮断されても安全に通信する。

インターネットの遮断(特に完全な停電)は、暗号化された通信手段へのアクセスを妨げ、あなたや他の人を危険にさらす可能性があります。安全でない通信手段を使用する前に、そのリスクと潜在的な影響を評価するようにしてください。誰と通信しているのか、通信中に自分や相手を危険にさらす可能性があるのか、機密情報を交換しているのかどうかを考え、安全なツールが利用できるようになるまで通信しない方がよいのかどうかを判断することが重要です。例えば、完全に停電した場合、固定電話を使って政府高官にインタビューするジャーナリストのリスクは、同じように暗号化されていない安全でない電話網を使って選挙違反の証拠について話し合ったり、暴力への対応について内部で調整したり連絡したりする人権団体よりも低いかもしれません。アムネスティ・インターナショナルは、インターネットが遮断されている間、人権侵害の事実を伝え、記録するための手順をまとめたガイドを発表しています。

最近では、インターネット停止の影響を受けた人々や研究者、技術者たちが、完全なブラックアウトの中でも情報にアクセスし、共有するための創造的な方法を考え出しています。その方法とは、スニーカーネットsneakernet、オフラインのメッシュ通信mesh communications、近隣諸国からのローミングSIM、アマチュア無線などの非デジタル通信などです。いずれもリスクが異なるため、どのような選択肢があり、それが適切かどうかを適切に判断することが重要です。

インターネットが遮断された状態での権利侵害の記録

インターネットが遮断された状態での通信や情報発信が困難または不可能になった場合、不正操作や選挙違反の証拠、人権侵害や暴力の証拠など、現場で起きていることを記録することがより重要になります。その証拠をリアルタイムで共有できなくても、後になって遮断中に何が起こったかを世界に知らせ、人々が説明責任を果たすために役立てることができます。ドキュメンテーションには、ビデオ、証言、写真、メモなど、さまざまな形式があります。これらの情報を紛失しないように、また、個人の安全に関わるリスクを回避するためには、情報を保護し、保管することが不可欠です。資料作成のために携帯電話を使用する場合は、パスワードで保護し、画面ロックやロックタイマーを設定しておきましょう。また、文書作成のために別の携帯電話を使用すると、当局や他の関係者が携帯電話を押収した場合にアクセスできる可能性のある個人情報(メッセージの内容、連絡先、個人的な写真など)を最小限に抑えることができます。また、ファイルの暗号化やデータのバックアップも検討すべきでしょう。詳しくは、インターネットが遮断されている間の暴力や権利侵害の記録についてのWITNESS’のガイドをご覧ください。これには、オフラインでの記録のための携帯電話の設定方法や、インターネットが遮断されている間に検証可能なメディアを維持する方法などが含まれます。

📝 インターネットの停止や検閲の下で人権侵害の証拠を収集し、共有することは、しばしば非常に困難であり、大きなリスクを伴います。前述のWITNESSとアムネスティ・インターナショナルのガイドは、そのような場合に成功するための実行可能なプランを作成するのに役立ちます。これらのガイドをダウンロードして読み、シャットダウンが起こる前にハードウェア、ソフトウェア、連絡先を準備し、シャットダウンが起こった場合には推奨されるプロトコルに従い、計画を助けるために必要なツールやアプリを入手するようにしてください。

V. 詳細情報と行動を起こす方法

⮕選挙前にインターネットが遮断される可能性や、選挙期間中に遮断される可能性に気付いた場合は、#KeepItOn coalitionとAccess Now(shutdownalert@accessnow.org)に連絡することができます。また、#KeepItOn 2021 Elections Watchには、2021年にAccess Nowが監視しているシャットダウンの可能性がある選挙のリストが掲載されています。

⮕遮断を監視したり、ある国のインターネット検閲や混乱の歴史を調べたりする場合は、OONI Explorerに、200カ国以上から収集した数百万のネットワーク測定データがあります。また、アクセス・ナウのSTOPデータベースでは、2016年からの年別・国別のインターネット・シャットダウンの事例をいくつか掲載しています。

⮕インターネット遮断の害について詳しく知りたい方は、#KeepItOnキャンペーンのウェブサイトFAQページ、2020年に記録されたインターネット遮断に関する#KeepItOnレポートをご覧ください。

⮕ジャーナリスト、市民社会のメンバー、人権擁護者の方で、シャットダウン中のオンライン復帰やオンライン通信の安全確保のために技術的なアドバイスが必要な方は、Access Now Digital Security Helpline(ヘルプライン)にご連絡ください。24時間365日、9つの言語で無料のサポートを提供しています。

デジタルセキュリティに関するヒントやガイダンスについては、ヘルプラインのAnti-doxxingガイドGuide to Safer Travelをご覧ください。電子フロンティア財団では、「Surveillance-Self Defense」と題した包括的なガイドを用意しています。このガイドには、他者との安全なコミュニケーションの取り方、セキュリティ計画の準備自分に合ったVPNの選択インターネット検閲の回避などのヒントが含まれています。

付録。インターネット遮断の言語:用語集

2G、3G、4G、5Gは、アナログ無線技術に依存する第1世代の無線モバイルサービス(1G)とは異なる、モバイルブロードバンド無線通信技術の異なる世代(そのため「G」)を指します。それぞれの世代では、より速い速度が提供され、より高い品質基準を満たす必要があります。例えば、2Gでは250Kbpsであるのに対し、3Gでは3Mpbs、4Gでは100Mpbsとなります。

包括的な遮断または完全なブラックアウトとは、インターネットへのアクセスが完全に遮断される障害のことです。

暗号化とは、情報や通信を暗号化して、解読できる人にしか読めないようにすること。情報の暗号化と復号化には、暗号鍵と呼ばれる情報を使用する。通信を暗号化する一つの方法として、PGP(Pretty Good Privacyの略)という、暗号化された電子メールを交換できるメール暗号化システムがあります。PGPを使って送信された電子メールは、ユーザーの端末で暗号文に変換されてからインターネット上に送信されます。送信中は、政府やISPなどの第三者はメッセージを読むことができません。受信者だけが、自分の暗号鍵を使って暗号文を解読した後、メッセージを読むことができます。

エンド・ツー・エンドの暗号化とは、送信者と受信者だけが送信されたメッセージや電子メールにアクセスして読むことができる通信方法です。エンド・ツー・エンドの暗号化は、ユーザーの端末と企業やサービスのサーバーとの間の通信を暗号化するだけのTLS(Transport Layer Security)よりも安全性が高いと考えられています。エンド・ツー・エンドの暗号化では、企業はもちろんのこと、第三者がそれらの通信にアクセスしたり、読んだりすることはできません。

インターネット遮断またはインターネット・ブラックアウトとは、情報の流れをコントロールするために、特定の人や場所で、インターネットや電子通信を意図的に遮断し、アクセスできないようにしたり、事実上使用できないようにしたりすることです。

インターネットのスロットリングとは、インターネットの速度を意図的に低下させ、ユーザーが情報をアップロードまたはダウンロードすることを困難または不可能にすることです。スロットリングは、特定のサービス、アプリケーション、プラットフォームを対象とし、それらを使用不能にすることもあります。

固定回線とは、無線通信とは異なり、物理的なケーブルを通して行われる音声およびデータ通信のこと。例えば、固定電話や有線データサービスなどがこれにあたります。

メタデータとは、送信者と受信者の間で交わされる通信に関する情報で、メッセージの内容ではありません。メタデータには、通信相手、通信の日時、通信時の場所、会話の長さ、電子メールの件名などの情報が含まれます。メタデータが重要なのは、会話の内容はわからなくても、あなたやあなたの生活について多くのことがわかるからです。

モバイルネットワークまたはセルラーネットワークは、モバイル機器のユーザーが無線の音声およびデータ通信を送受信するための無線ネットワークです。

ネットワーク妨害disruptionは、個別のサービスではなく、特定またはすべての通信ネットワークを対象とします。例えば、3Gや4Gのモバイルネットワークを対象とすることなど。

オープンソースとは、コンピュータソフトウェアのコードの一種であり、制作者はそのコードを他の人が使用、研究、再配布、修正できるようにします。これにより、脆弱性を含め、技術を持った誰もがコードを検証できるようになり、ツールやアプリのセキュリティを高めることができます。

部分的遮断(パーシャルシャットダウン)とは、ソーシャルメディアプラットフォームやメッセージングアプリなどの特定のサービスや、モバイルネットワークなどのネットワークを対象とした妨害のことです。

衛星インターネットとは、インターネットサービスプロバイダー(ISP)が通信衛星を利用して提供するインターネットアクセスのこと。ISPが宇宙にある衛星に信号を送り、その信号が地球に戻ってきて、ユーザーの衛星アンテナで捕捉される仕組みになっています。

Sneakernet(スニーカーネット)とは、電子情報をコンピュータネットワーク上で転送するのではなく、磁気テープ、フロッピーディスク、光ディスク、USBフラッシュドライブ、外付けハードディスクなどのメディアを物理的にコンピュータ間で移動させて転送することを意味する非公式な用語です。

KeepItOn連合について

このハンドブックは、Access Nowが#KeepItOn coalitionのために発行したもので、Afef AbrouguiがAccess Nowのチームと協力して執筆しました。

Access Nowがコーディネートしている#KeepItOnキャンペーンは、インターネット遮断を終わらせるための世界的な努力を結集し、組織化しています。この連合は、リサーチセンター、人権団体、報道・メディアの自由団体、インターネット測定監視団体など、世界100カ国以上の240以上のメンバー団体で構成されています。2016年からは、草の根のアドボカシー活動、政策立案者への直接の働きかけ、技術支援、法的介入など、さまざまな戦術を駆使してシャットダウンに対抗しています。

詳細については、Melody Patry( melody@accessnow.org )までお問い合わせください。

出典:https://www.accessnow.org/internet-shutdowns-and-elections-handbook/

Print Friendly, PDF & Email
Tags:
Previous (CNN、ICANN)ウクライナ政府、ロシアのインターネット遮断を要求
Next (#KeepItOn) KeepItOn update: 2021年インターネット遮断は誰がしているのか?