Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(PI)英国の大規模監視体制に欧州人権裁判所が違法の判決。人権団体が勝利

英国の大規模監視体制に関する欧州人権裁判所の主張に人権団体が勝利
内部告発者エドワード・スノーデンが暴露した英国の大規模監視プログラムに対する8年間の法廷闘争は、プライバシーの勝利に終わった。

キーポイント
・欧州人権裁判所の大法廷は本日、英国の大規模監視体制がプライバシーと表現の自由に関する人々の権利を侵害しているという画期的な判決を下した。
・この監視体制は、2013年に内部告発者エドワード・スノーデンによって初めて暴露されました。
・この判決は、英国だけでなく、ヨーロッパ全体に影響を与えるだろう。

プレスリリース
投稿日
2021年5月25日

European Court of Human Rights
欧州人権裁判所
Adrian Grycuk (Creative Commons licence: CC BY-SA 3.0 pl)

欧州人権裁判所(European Court of Human Rights)の大法廷(Grand Chamber)は本日、英国の大量監視法がプライバシーと表現の自由の権利を侵害しているとの判決を下した。

判決で次のように認定された。

●英国の歴史的な大規模傍受体制は、欧州人権条約第8条で保護されるプライバシーの権利と、第10条で保護される表現の自由を侵害している。特に、以下の点が指摘された。
・独立した承認がないこと。
・令状請求にselectorのカテゴリーを記載しなかったこと、および
・個人に関連するサブジェクトのselectorに事前の内部承認を与えなかったことは、人権基準に適合しないこと。
●さらに、通信データの傍受は、コンテンツの傍受と同様に重大なプライバシー侵害であり、コンテンツと同様の保護を受けるべきであることが確認された。したがって、英国の通信データ一括傍受制度は違法である。
●また、独立機関や司法の事前承認を必要とするジャーナリストの情報源へのアクセスについても、十分な保護措置が講じられていなかった。

今回の判決は、欧州人権裁判所の2018年の判決よりもさらにたちいって、新たな強力なセーフガードを規定することで、一括傍受のための事前の独立したまたは司法の承認という新たな要件を追加している。承認は、適切な「エンドツーエンドのセーフガード」に対して、実質を伴う厳格なチェックでなければならない。

今回の判決は、米国と英国の情報機関が運営する極秘の大規模監視および情報共有プログラムの存在をスノーデンが暴露した後に始まったプライバシー・インターナショナルをはじめとする15の提訴者による英国政府に対する8年間の訴訟の集大成である。

プライバシー・インターナショナルの法務部長代理、イリア・シアティッツァは次のように述べている。

「本日の判決は、英国をはじめとするすべての人々のプライバシーと自由にとって重要な勝利です。スノーデン氏が暴露するまで、これらの大規模な監視体制については誰も知りませんでした。すべては影の中にあり、監視も説明責任もありませんでした。2013年以降、私たちは、少なくとも、そしてようやく、情報機関の監視能力を精査することができるようになりました。本日、裁判所は、情報機関は、独立した当局による認可や監督がない場合、秘密裏に単独で行動することはできないと繰り返し述べました。たとえ不正行為の疑いがなくても、私たち一人一人の個人情報にアクセスする能力は、民主主義社会に深刻なリスクをもたらすため、情報機関は説明責任を果たさなければなりません。今回の判決は、将来的に保護を強化するためのパズルのピースを提供するものですが、これで終わりではありません。私たちは、濫用的な大規模監視権限に反対し、世界中のすべての人のための保護を強化するために戦い続けます」

Liberty lawyerの弁護士Megan Gouldingは次のように述べている。

「私たちは皆、自分の個人情報をコントロールし、プライバシーの権利や表現の自由を尊重してくれる政府を持ちたいと思っています。だからこそ、今日の勝利、そして裁判所がこれらの大量監視権がもたらす危険性を認めたことは重要なことなのです

大量の監視権限により、国家は、政治的見解から性的指向まで、私たちに関する膨大なデータを収集することができます。このような大量の監視権限は、私たちをより安全にするものではありません。

プライバシーの権利は、私たち全員を保護すべきものです。今日の判決により、この危険で抑圧的な監視権限を廃止し、私たちの権利を確実に守ることにまた一歩近づきました」

アムネスティ・インターナショナルのシニア・リーガル・カウンセル、Kate Loganは次のように述べている。

「何百万人もの人々の個人的な通信を自由に収集し、処理するに終止符を打たねばなりません。今日の判決は、政府の気まぐれな監視を非難する重要な一歩となりました。

重要なのは、裁判所は、国家が監視を許可する権限を政府の行政府に委ねたり、何億人もの人々の私的な通信を自由に使える商品として扱うことはできないことを明確にしたことです。」

本件の当事者

この件では、16の団体や個人(活動家やジャーナリスト)からの3つの別々の提訴が合同で審理された。具体的には以下の通り。

●アメリカ自由人権協会(ACLU)、アムネスティ・インターナショナル、バイト・フォー・オール、カナダ自由人権協会、個人の権利のためのエジプト・イニシアティブ、ハンガリー自由人権協会、アイルランド自由人権協議会、リーガル・リソース・センター(南アフリカ)、リバティ・アンド・プライバシー・インターナショナル。
●ビッグブラザーウォッチ、オープンライツグループ、イングリッシュPEN、コンスタンツェ・クルツ博士
●The Bureau of Investigative Journalism(調査報道局)、Alice Ross(アリス・ロス)。

事件の背景

この事件は、エドワード・スノーデンが、英国のGCHQが、明らかに諜報活動に関係のない人々であっても、何百万人もの個人的な通信を密かに傍受し、処理し、データを保存していたことを暴露したことを受けて、2013年に始った(「テンポーラTempora」プログラム)。

さらにスノーデンは、英国政府が米国の国家安全保障局や他国の情報機関が収集した通信やデータにアクセスしていたことも明らかにした。これらはすべて、国民の同意や認識なしに、法律の根拠もなく、適切な保護措置もとらずに行われていた。

政府が収集・保存する情報は、その人がどこに行き、誰と連絡を取り、どのインターネットサイトをいつ見たかなど、その人の私生活の最も親密な部分を明らかにすることができるものだ。
2014年、調査権限法廷(Investigatory Powers Tribunal)は、英国のすべての情報機関(GCHQ、MI5、MI6)に対する請求を審理する極秘法廷であるが、これらの行為は原則として英国の人権義務に準拠しうると判断した。この判決は、欧州人権裁判所で争われた。

しかし、英国の裁判所は、秘密の法的枠組みの下で管理されていた米国との英国の情報共有は、訴訟手続き中に開示されるまで非合法であると判断した。

また、この最初の手続きの間に、調査権限法廷は、英国の情報機関がアムネスティ・インターナショナルと南アフリカの法律資料センターの通信を違法にスパイしていたことを確認した。

2013年から2015年にかけて、16の団体と個人が、英国の大量監視行為に異議を唱える3つの別々の訴訟を欧州人権裁判所に提起した。この三つのケースは合同で、通信の一括傍受、情報共有、通信サービスプロバイダーからの通信データの取得という、3つの異なる英国の監視プログラムに異議を唱えた。

2018年9月、欧州人権裁判所第1部は、大量監視を可能にする英国の法律は、プライバシーと表現の自由の権利を侵害しているという判決を下した。しかし、この判決はまだ確定していなかった。

その後、本件は欧州人権裁判所の大法廷に付託され、本日、大法廷が最終判決を下した。

今日、Investigatory Powers Acts 2016によって規制されている英国の一括権限にも異議が唱えられた。

同日、欧州人権裁判所の大法廷は、Centrum för rättvisaが提起した別件についても、スウェーデンの一括傍受法がプライバシー権を侵害していると判断した。

出典:https://privacyinternational.org/press-release/4522/human-rights-groups-win-european-court-human-rights-claim-uk-mass-surveillance

付記:下訳にhttps://www.deepl.com/translator を使いました。

Print Friendly, PDF & Email
Previous グローバルな法執行に関する条約がプライバシーと人権を弱める
Next (EDRi)EUの新しい人工知能法は、オーウェル的な監視国家を実現する危険性がある