Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(DuckDuckGo)使っていないのにGoogleはどうやって追跡するの?

https://spreadprivacy.com/content/images/2021/10/spread-privacy_google-tracking-1.jpg

以下は、DuckDuckGoのQ&Aのページからの翻訳です。

Googleは、Google以外の多くのウェブサイトやアプリでのあなたの行動を追跡することができます(そして実際に追跡しています)。Google検索、Chrome、YouTubeなどのGoogle製品を使用すると、驚くほど多くの個人情報が収集されることを知って、驚くかもしれません。

ほとんどのウェブサイトの背後には、Googleのトラッカーが潜んでいます。

Google Analyticsは、何百万ものウェブサイトやアプリで利用されているGoogleの無料サービスですが、実はインターネット上で最大のクロスサイトトラッカーであり、上位75kサイトの約72.6%の舞台裏に不気味に潜んでいます。「Analytics分析」というと無害なもののように聞こえますし、実際にウェブサイトがサービスを向上させるために必要なものでもありますが、Google Analyticsの裏で起きていることは、無害でも必要でもありません。

プライバシーに配慮した分析サービスとは異なり、GoogleはGoogle Analyticsのトラッカーを、サイト訪問者やアプリ利用者の情報をサイトやアプリ自体に提供する以上の目的で使用しています。多くの場合、Googleは同じ情報をGoogle自身の膨大なプロファイルにも追加しています。Google Analyticsは非常に多くのサイトに組み込まれているため、このトラッカーだけで、Google製品を使用しているかどうかにかかわらず、ほとんどの人の世界中の閲覧履歴をGoogleが見ることができます。

2番目に大きなクロスサイトトラッカーもGoogleのもので、「グローバルサイトタグGlobal Site Tag」という名の通り、上位10Kのウェブサイトの約60%に搭載されています。Google以外のウェブサイトで目にする広告のほとんどは、実際にはGoogleからのものであり、このトラッカーはそれらを追跡するのに役立ちます。Googleは、Google Analytics、Global Site Tag、その他多くのトラッカーや製品から得られる個人データを使用して、あなたが見たいと思う広告やコンテンツをターゲットにしています。上位75Kサイトの72.6%がGoogle Analyticsを使用していますが、これらのサイトのGoogleトラッカーの全ポートフォリオを見ると、86.5%が1つ以上のトラッカーを使用しています。

なぜ気にすべきなのでしょうか?

多くの人は、オンライン上のあらゆる場所に表示される不気味なGoogleの広告を避けたいと思っています。Googleは、Googleの検索履歴、閲覧履歴、位置情報の履歴、およびGoogleの多数のトラッカーを通じて収集されたその他の個人情報に基づいて、広告主にターゲットを設定させています。

さらに、これらのデータは、航空会社などの業界が、ユーザーの個人情報に基づいて異なる料金を請求することも可能にしています(これもまた別のGoogleの製品を利用している)。そう、あなたのデータが収集された結果、あなたの次の休暇の料金が高くなるかもしれないのです。

また、このデータは広告以外にも利用される可能性があります。傍観にすぎない者が無実の罪で疑われたり求職、ローン、賃貸住宅の審査に影響を与えたりすることもあります。また、あなたのデータをアルゴリズムに利用して、あなたが望むであろうとGoogleが考えるコンテンツ(リンク、動画、記事など)を提案することで、オンラインでのフィルターバブルを煽ることにも使われています。

例えば、YouTubeのおすすめ動画では、フィルターバブルのアルゴリズムに基づいて、子どもを含む多くの人が安全でないコンテンツを勧められています。これはGoogle検索でも起きており、Googleのプロファイルに基づいて人々に異なる結果が提供されています。このようなフィルターバブルは、政治的なトピックを検索する際に特に悪質です。なぜなら、偏見のない結果が得られず、他の人が見ているものを見ることができないからです(例:候補者を調べるとき)。

このようなトラッキングの意味合いは、総体的に見るとさらに厄介で、このような侵略的なターゲティングと操作は、社会レベルでの過激主義と偏向を助長し、投票パターンにも影響を与える可能性があります。

このようなGoogleのトラッキングは、すぐにわかるところに隠れています。

公けにはGoogleは人々にまったく異なる話をしています。裏ではプライバシーを侵害し続けているにもかかわらず、プライバシーに配慮し、データを保護していると信じ込ませようとしています。

Google Chromeの「シークレットモード」をご存じでしょうか。Googleは、名前に「シークレット」を使うことで、この設定がオンラインでの匿名性を高めるとユーザーに思わせていますが、実際にはオフラインでの利便性しかありません。検索履歴や閲覧履歴のローカルコピー(コンピュータに保存されているもの)を削除するだけで、Webサイトや検索エンジン(Googleを含む)、インターネットサービスプロバイダなどが、Web上のあなたを簡単に追跡することを抑制することはできません。

GoogleのIncognitoモードでは、Googleのトラッカーは一切ブロックされません。これは、Googleの誤ったプライバシーに関する物語の一例に過ぎません。この物語は、最近裁判所でゴーサインが出されたGoogleに対する集団訴訟につながっています。

Googleは、人々のプライバシーを守ることを約束しながらも、実際に何が起こっているのかを明らかにすることを日常的に拒んでいる。これまでにもGoogleは、自分たちが実際に何をしているのかを説明する必要に迫られるたびに、収集するデータ量と実際に収集する必要のあるデータ量との差について、衝撃的な事実を明らかにしてきました。

最近では、GoogleはFLoCと呼ばれる新しいトラッキング手法をChromeに組み込み、ユーザーの明示的なオプトインの同意なしにデフォルトでオンにし始めました。Googleは、自分のデータを使って何をしようとしているのか、正直でわかりやすい説明をした上で、オプトインするかしないかの選択肢を与えたとしても、ほとんどの人がオプトインしないことを知っていると思われます。

このように、大手G社は、自社のビジネスモデルを守るために、誤ったプライバシー感覚を押し付けているのです。私たちはこれを「プライバシー・ウォッシュ」と呼んでいます。このような透明性の欠如は、あなたをはじめすべての消費者にとって不公平です。大きな悪いオオカミがおばあさんの服を着ていたらどうなったか覚えていますか?危険なものが親しみやすい変装をしていると、(かわいそうなリトルレッドのように)簡単に呑みこまれてしまうのです。

自分のプライバシーを取り戻そう

良いニュースは、DuckDuckGoでプライバシーを取り戻せることです。DuckDuckGoをご存じない方のために説明しますと、当社は、隠れたオンライントラッキングにうんざりし、今すぐプライバシーを取り戻したいと思っているすべての人のためのインターネットプライバシー企業です。

毎日、何百万人もの人々が、オンラインでのプライバシーを守るために、当社の無料のオールインワンソリューション(プライベート検索エンジン、トラッカーブロッカー、モバイルブラウザ)を利用しています。彼らはもう、オンラインで追いかけてくる不気味なGoogleの広告を受け取ることはありません。私たちのビジネスモデルは、あなたの検索結果だけに基づいた、個人としてのあなたとは何の関係もない、不気味ではないコンテクスト広告です。

モバイルではアプリを、デスクトップでは拡張機能を使用することで、検索履歴を非公開にし、当社の広範なトラッカーデータセットで最も悪質な隠れウェブトラッカーをブロックすることで、オンライン活動を保護します。DuckDuckGoは、あなたのオンラインでの行動をすべて監視しようとする企業ではなく、人々の手に個人情報保護の力を取り戻します。プライバシーをシンプルにしたもので、同じインターネットでも、よりプライバシーが守られます。

SafariFirefoxEdgeChromeではDuckDuckGo Privacy Essentialsを、iOSAndroidではDuckDuckGo Privacy Browserを今すぐお試しください。
ガブリエル・ウェインバーグ

出典:https://spreadprivacy.com/how-does-google-track-me-even-when-im-not-using-it/

Print Friendly, PDF & Email
Previous FLoCは死んだ。しかし、Googleの広告ターゲティング問題を解決していない。
Next (プリンストン大学)オンライン・トラッキング100万サイトの計測と分析