Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

Googleなしで生活する方法。プライバシーを守る代替手段

以下は、Google検索のオルタナティブとして、個人情報を保持したり広告トラッキングをしたりといった行動をとらない検索エンジンとしても有名なDuclDuckGoの記事の飜訳です。リンク先は英語のページの場合もあります。

—————————————————————-

filed under クラッシュコース on 14 sep 2017
あなたの人生からGoogleを取り除く?そう、それは可能なのです

Emoji

Googleのトラッカーは、上位100万のウェブサイトの75%で見つかっています。つまり、あなたが何を検索したかを追跡しているだけでなく、あなたがどのウェブサイトを訪れたかを追跡し、あなたのデータをすべて使ってインターネット上であなたを追いかける広告を掲載しているのです。また、あなたの個人データは、離婚などの民事事件を含め、弁護士から召喚されることもあります。Googleは、2019年だけで15万件以上のこうしたデータ請求に答えました

また、多くの個人的なサービスを1つの会社に頼ることのリスクに気づく人も増えています。もしあなたが、Googleのデータ収集があまりにも侵略的になったと判断した人々の仲間入りをしているのであれば、ここでは乗り換えコストを最小限に抑えた代替品をいくつか提案します。ほとんどが無料ですが、有料のものでも価値があります。乗り換えないことで個人のプライバシーが犠牲になりますが、良いニュースは、私たちには選択肢があるということです

アイスクリームの中から選ぶ少年

Google検索 → DuckDuckGo (無料)

まずは、一番簡単なものから始めましょう! DuckDuckGoに切り替えると、検索結果のプライバシーが保たれるだけでなく、便利なショートカットインスタントアンサーフィルターバブルに捕らわれないなどの利点があります。

Gmail、カレンダー、連絡先 → FastMail(有料)、ProtonMail(無料・有料オプションあり)、Tutanota(無料・有料オプションあり

FastMailは独立した有料サービスで、すべてのデバイスでカレンダーと連絡先をサポートしています。また、PGP暗号化ツールを統合することで、信頼できる相手との間で暗号化された電子メールを入手する方法もいくつかあります。さらにプライベートなメールの代替としては、ProtonMailやTutanotaがあり、どちらもデフォルトでエンドツーエンドの暗号化を提供しています。

YouTube → Vimeo (無料、有料オプションあり)

YouTubeにしかない動画(残念ながらたくさんあります)は、DuckDuckGoで検索して視聴すると、YouTubeの「youtube-nocookie」ドメインを経由して、より良いプライバシー保護ができます。ただし、自分で動画を作成してホスティングする場合は、クリエイターに特化したVimeoが最も有名な選択肢です。

Google Maps → Apple Maps (無料)、 OpenStreetMap (無料)

iOSをお使いの方は、AppleがApple Mapsで代替手段を提供していますので、インストールの必要はありません。より多くのデバイスに対応するためには、OpenStreetMap (OSM)がよりオープンですが、Apple Mapsほどの使いやすさやカバー率はないかもしれません。

Google Drive → Resilio Sync(無料、有料オプションあり)、Tresorit(有料)

Resilio Syncは、ピアツーピアのファイル同期機能を提供しており、プライベートなファイル保存、バックアップ、ファイル共有に利用できます。これはまた、あなたのファイルがクラウド上の単一のサーバーに保存されることがないことを意味します このソフトウェアは、サーバーを含むさまざまなプラットフォームやデバイスで利用できます。エンドツーエンドの暗号化機能を備えた代替のクラウドストレージおよびバックアップサービスとしては、「Tresorit」があります。

Android → iOS (有料)

Androidの代替として最も人気があるのはもちろんiOSで、デバイスの暗号化が容易で、iMessageによる暗号化されたメッセージングがデフォルトで提供されています。また、iPhoneやiPadのプライバシー保護を高めるためのヒントもあります。

Google Chrome → Safari(無料)、Firefox(無料)、Brave(無料)、Vivaldi(無料)。

Safariは、DuckDuckGoを内蔵のプライベート検索オプションとして搭載した最初の主要ブラウザです。よりクロスデバイスに対応したブラウザとしては、MozillaのFirefoxがあります。Firefoxはオープンソースのブラウザで、トラッカーブロッカーが内蔵されています。Braveはさらに一歩進んで、トラッカー・ブロックをデフォルトでオンにしています。また、パワーユーザーに適したVivaldiなど、DuckDuckGoが内蔵されているブラウザはまだまだたくさんあります。

Blogger → Ghost(有料)、WordPress.com(無料、有料オプションあり

Ghostは、ホスティング(有料)とセルフインストールの両方が可能なブログプラットフォームで、デフォルトでトラッカーフリー、非営利財団が運営しています。気に入ったので、自分のブログにも使っています。無料で利用できるものとしては、世界のウェブサイトの33%に利用されているといわれるWordPressがあります。WordPressは、自分でインストールすることも、ホスティングサービスとして利用することも可能で、デフォルトではサードパーティのトラッカーはありません。また、WordPressのコミュニティは巨大で、多言語のドキュメントや多くのテーマが用意されています。

Google Hangouts/Meet → Jami (無料)、 Apple FaceTime (無料)、 Microsoft Teams (有料オプションで無料)

Jamiは、エンドツーエンドの暗号化を提供するクロスプラットフォームのサービスで、プライバシーポリシーには、収集するデータは、”Jamiのウェブサイトの訪問統計分析のための匿名の集計データ “のみと記載されています。関係者全員がアップル社製のデバイスにアクセスできる場合は、エンドツーエンドの暗号化に対応した使いやすいFaceTimeも選択肢の一つとなります。企業レベルのサポートとしては、Microsoft Teamsが広く使われており、Teamsのデータを使って広告を配信したり、参加者の注目度を追跡したりすることはないとしています。

Google DuoおよびAndroidメッセージ → Signal(無料)

プライベートメッセージを提供するサービスはいくつかありますが、前にも述べたように、Signalをお勧めします。このサービスは、メッセージとプライベートコールの両方で、エンドツーエンドの暗号化を無料で提供しています。エドワード・スノーデン氏や著名なセキュリティ専門家ブルース・シュナイアー氏なども推奨しています。

Google Groups → MeWe(無料、有料版あり)、Discourse(有料、セルフホストなら無料)

MeWeは、非公開・公開が可能なグループを中心としたソーシャルネットワークです。プライバシーポリシーでは、個人情報の収集や共有を行わないことを明確にしています。一方、Discourseはオープンソースのディスカッションプラットフォームで、公開・非公開の会話を提供し、信頼システムとスパム対策を備えています。有料のホスティングが提供されていますが、ソフトウェアは管理者が自分のサーバーでホスティングするために自由に利用することもできます。

Google Analytics → Fathom(有料)、Simple Analytics(有料)、Plausible(有料、セルフホストの場合は無料)。

Google Analyticsを使用しているウェブサイトを運営している場合、Googleにすべての訪問者のデータを収集させており、そのデータを他の何百万ものウェブサイトから収集したデータと結びつけることができます。Fathom、Simple Analytics、またはPlausibleに切り替えることで、訪問者がどのようにウェブサイトを利用しているかを把握することができますが、同時に訪問者のプライバシーの権利も尊重することができます。これらのサービスはデフォルトでGDPRに準拠しており、クッキーを使用しないため、煩わしいクッキー同意のポップアップも必要ありません。また、Plausibleには無料のセルフホスト型のオプションもあります。

Google Ads & AdSense → CodeFund

CodeFundは、現在、開発者とデザイナーに限定されていますが、もしあなたがそのような層であれば、倫理性を重視し、行動ターゲティング広告ではなく、コンテクスト広告(ウェブサイトのコンテンツに基づいた広告)を使用して、広告を出すこともホストすることもできるプラットフォームです。IPアドレスを保存しないなど、ユーザーを追跡しないための措置をとっており、プラットフォームのコードは誰でも検証できるオープンソースになっています。

このように、Googleからの移行は難しいことではありません。それどころか、プライバシーを確保しつつ、他の手段を選ぶことができるかもしれません。

出典:https://spreadprivacy.com/how-to-remove-google/

付記:下訳にhttps://www.deepl.com/translatorを用いました。

Print Friendly, PDF & Email
Previous VivaldiはGoogleの新技術FLoCからユーザーを守ります。
Next DuckDuckGo拡張機能を使って、Google Chromeの新しいトラッキング手法FLoCをブロックしよう