Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(GIFCT) 技術開発

GIFCTは、画期的な技術的ソリューションの開発と販売に投資し、人権を保護しながら、テロリストや暴力的過激派によるプラットフォームの悪用を防ぐことに取り組むメンバー企業を支援しています。

ハッシュ共有データベース

2017年、GIFCTの創設メンバーは、GIFCTメンバーが自社のサービスから削除した、国連指定テロリストグループリストに掲載されているテロリスト団体が制作した既知の画像や動画の「perceptual hashesパーセプチュアル・ハッシュ」を共有する、安全でセキュアな業界データベースの構築を先導しました。

仕組みは?

パーセプチュアル・ハッシュは、画像や動画のデジタル署名であり、オリジナルのコンテンツを数値で表現したものです。ハッシュを作成するには、企業が画像を白黒に変換し、同じフォーマットになるようにサイズを変更し、離散コサイン変換と呼ばれる数学的手順を用いて、画像のデジタル署名であるハッシュを作成します。ハッシュを利用することで、GIFCTのメンバーは、あるメンバーによって削除された視覚的に類似したコンテンツをすぐに特定することができ、他のメンバーがそのコンテンツが利用規約に違反していないかどうかを再検討することができます。しかも、企業間でユーザーデータを共有することはありません。

会員は、ハッシュで特定したコンテンツを確認する際に、あるハッシュがテロ活動に関連していることに同意するか否かをシステムにフィードバックしたり、その重要度を評価したりすることができます。GIFCTでは、メンバーがそれぞれに異なる活動をしていることを尊重しています。私たちはメンバーに対して、ハッシュの使い方や独自のポリシーの適用方法を指示することはありません。むしろ私たちは、メンバーが協力し合い、一緒になってオンライン上でテロリストを無力化することを支援します。

タクソノミーの拡張

2021年初頭、GIFCTは、イデオロギーの枠を超えてオンライン上のテロリストのコンテンツに対応するために、私たちのハッシュ共有データベースの分類法の範囲と影響力を拡大することについて、幅広い専門家を巻き込んだマルチステークホルダーの取り組みを開始しました。私たちの活動は、オンライン上のテロリストコンテンツとして認識されているものをはじめ、人権や基本的自由を補完し、相互に強化するものでなければならないと考えています。この6ヶ月間のプロジェクトでは、国際的な専門家による報告書がまとめられました。この報告書は、GIFCTの分類法の枠組みを時間をかけて熟考し、慎重に、かつ実践的に広げていくための戦略を形成し、情報を提供するのに役立ちます。

GIFCTタクソノミーの拡大(PDF文書)

このようなプロセスを経て分類法を拡大することは、私たちのメンバーがより広範なテロ活動に立ち向かう力を与え、より広範なテロ対策の分野に現在存在するイスラム過激派の偏見に対処し、テロや暴力的過激主義の犠牲者とテロや暴力的過激主義に対処するための努力の犠牲者という、この状況において最も脆弱な人々の人権に影響を与えることに熱心であり続けることを意味します。

これは、このようなコンテンツの脅威がオンライン上でどのように現れているかについて、世界的な専門家、独立諮問委員会、およびメンバー企業からのフィードバックに基づいて優先順位をつけたものです。

PDF形式のテロリストや暴力的過激派の攻撃者のマニフェスト。
組織の特定のブランドやロゴを使用したPDF形式のテロリストの出版物、および
Tech Against Terrorismが特定のテロリストコンテンツが存在するとしたURLは、他のプラットフォームで共有され、増幅されることが多い。
私たちは、ハッシュ共有データベースの分類法の適用範囲と影響力を拡大することで、イデオロギーの枠を超えてオンライン上のテロリストコンテンツに対応するとともに、この特定分野の活動の透明性を高める努力を続けていきます。

出典: https://gifct.org/tech-innovation/

付記:下訳にhttps://www.deepl.com/ja/translatorを用いました。

Tech Innovation

Print Friendly, PDF & Email
Previous マイクロソフトをはじめとするテック業界のリーダーたちが、マルチステークホルダー・ソリューションに向けて、国際的な政府連合と手を組む