Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

今すぐ署名を。生体情報を用いた大量監視の禁止を求める欧州市民運動

以下は、Tor Projectのブログの記事の飜訳です。

by matthiasmarx | March 17, 2021

Reclaim Your Face 顔を取り戻そう」連合は、生体情報による大量監視の禁止を求める欧州市民運動を開始しました。European Digital Rights(EDRi)と50以上の団体が署名を呼びかけています。

このイニシアチブは、生体情報を利用した大量監視をブリュッセルの政治課題とし、近年の無秩序な拡散を止めることを目的としています。欧州市民は、https://reclaimyourface.eu で署名することができます。

1年以内に少なくともEU7カ国で100万人の署名を集める必要があります。この目標を達成したばあい、欧州委員会はこのイニシアチブの主催者と会合をもたなければなりません。さらに、欧州議会での公聴会の後、欧州委員会は今後の行動方針を説明しなければなりません。このようにして、このイニシアチブは、リスクの高い技術を使ったすべての実験のモラトリアムを達成したいと考えています。

人間を使った違法な実験
私たちはすでに、生体認証のモルモットとして虐待されています。Clearview AIやpimeyesのような怪しげな企業が、違法な顔データベースをほぼ野放しにしています。ある企業は、生体データに基づいて政治的態度を検知しようとしています。おそらくスマートカメラは、私たちの “安心感 “を向上させるために、私たちの動きから不適合や不審な行動を読み取るように設計されているのでしょう。欧州の監視機関であるFrontexは、顔認識、パターン認識、行動認識を備えた高解像度カメラ、衛星、ドローンなど、変態的な監視技術を導入したいと考えています。(訳註:Frontexは欧州国境沿岸警備機関のこと)

インターネットのようなトラッキングをオフラインの世界で
オンラインでは、監視産業は私たちの一挙手一投足を把握しています。その結果得られたデータは簡単に保存され、分析のために準備されます。幸いなことに、私たちはTorのようなツールを使ってプライバシーを守ることができます。オフラインの世界では、ユビキタスな監視はまだそれほど簡単ではありません。多くのカメラシステムはネットワーク化されておらず、膨大な量のデータがあるため、大量の監視ができないのです。しかし、この状況は急速に変化しています。生体情報を利用した監視技術は、ネットワーク化され、集中管理され、オフラインの日常生活を全面的に記録することを現実のものとします。

オンラインでは、私たちは監視に追いつき、新しい監視技術に対応して新しい防御策を講じることができます。しかし、オフラインの世界は違います。ボランティアが運営するリレーを通じて日常生活に参加することはできません。観察されるのを避けるために、全員が同じ顔をしなければならないということはありません。私たちは、バイオメトリックな集団監視から隠れることはできないのです。

測定された身体
バイオメトリクスデータは、私たちの身体や行動の変更不可能な特徴に関する、特にセンシティブなデータです。私たちの顔、目、血管、声、歩き方、キーボードのタイピングなどが記録されます。これらの「指紋」は、多くの場合、迅速かつ明確に人を識別するために使用されます。指紋のように、これらの特徴を簡単に変えることはできません。バイオメトリクスデータを処理するために使用される方法は、エラーが発生しやすく、差別的になりがちです。その上、その仕組みは第三者には理解できないことが多いのです。テクノロジーへの不当な信頼と相まって、これは非常に大きなリスクをもたらし、無実の人が刑務所に入れられる可能性もあります。

支援方法
個人の方は、生体情報を利用した大量監視の禁止を求める署名活動に参加できます。また、団体でもご参加いただけます。

出典:https://blog.torproject.org/sign-to-reclaim-your-face

付記:DeepLで下訳を作成しました。

Print Friendly, PDF & Email
Previous 約20年の闇に包まれていたFacebook、人権方針を公開
Next (EFF)次期バイデン政権幹部は暗号化について方針転換すべき