Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(EFF) 危機的状況下での携帯電話の活用

by andrés arriet 2022年3月9日

危機の時代には、安全な通信が特に重要である。監視を意識するだけでも、犯罪者から自国政府まであらゆる主体から攻撃されがちな言論の行使方法において、萎縮効果をもたらす。ウクライナでの戦争とロシアでの政治的弾圧の中で、ロシア人とウクライナ人の両方にとって、愛する人に無事を知らせ、情報を入手し、組織化することは非常に重要なことだ。

危機的な状況では、多くの人が連絡を取り合うために最も広く利用されているシステムであるモバイル・ネットワークを利用するのは驚くことで はない。しかし、モバイル・ネットワークを介したコミュニケーションには、知っておくべきリスクが伴う。モバイル・ネットワークには、通信を傍受するツールが数多く存在するだけでなく、ネットワークにアクセスできる人であれば傍受する必要すらありません。そのため、悪意のあるハッカー、企業、従業員、法執行機関、外国政府機関にとって、あなたの通信は無防備な状態になってしまう。

電話やテキストメッセージは、特に最も古い携帯電話ネットワークである2Gで通信すると、簡単に傍受さ れる。このため、私たちはAppleとGoogleに、ユーザーが2Gをオフにする機能を提供するよう求めてきた。グーグルは最新の端末でこのオプションを展開しているが、ロシアとウクライナでは一般に利用できない。アップル社の場合、私たちはまだ待たされている。

私たちは可能な限り2Gから離れるよう人々に促してきたが、3G、4G、5Gネットワークは、特にロシアとウクライナの人々にとって、音声とテキスト通信のための安全なオプションでもない。 これらのネットワークでは、通信がエンドツーエンドで暗号化されていないため、中継業者も含めて誰かが傍受し、通信の内容を見たり聞いたりすることができる。

通話やテキストに従来のモバイルネットワークを使うべきではないとしたら、何を使えばいいのか?

通信に使用されるネットワークに関係なく、音声とテキストの両方の会話をエンドツーエンドで暗号化するアプリがたくさんある。しかし、暗号化されていないメタデータは、あなたに関する多くの洞察を提供するため、これらの保護には限界がある。メタデータとは、メッセージと一緒に送信される情報のことだ。例えば、誰がメッセージを送ったか、メッセージの受信者、メッセージを送った人の場所などが含まれる。

エンドツーエンドで暗号化されたメッセージングアプリケーションを使用している場合でも、 デバイスがモバイルネットワークに接続されている間は、あなたの位置情報がモバイルネットワーク を通して利用可能な状態になる。これは、システムが機能するために必要なことだ。例えば、誰かがあなたに電話をかけたとき、ネットワークはその電話をどこに送ればよいかを知っていなければならない。もちろん、これは非常に便利なことである一方で、ネットワークにアクセスできる人なら誰でもあなたの位置情報を入手できることを意味する。また、セルサイトシミュレーター(CSS)は、CSSの周辺にいる人の位置を特定するために使用することができる。ロシア軍はウクライナの3Gや4Gの電波塔を破壊しただけでなく、CSSを設置したと報道されているが、これは明らかに裏目に出て、ロシアの通信も脆弱になった。

あなたがどこにいようと、特にロシアとウクライナでは、政府関係者からあなたの通信のプライバシーを守るために電話やSMSに依存してはいけない。ネットワークの世代に関係なく、WhatsApp、FaceTime Audio、Threema、Wire、Signal、Viberなどのエンドツーエンド暗号化メッセージングアプリは、通話やメッセージのセキュリティを大幅に向上させることができる。二要素認証(2FA)(アカウントにログインする際に取得するコード)については、可能な限りSMSではなくアプリを使用する必要がある。

人によって脅威のモデルが異なるため、さまざまな種類の通信の長所と短所を知ることは、何をするのが最善か、どのアプリが自分のリスクに最も適しているか、いつ携帯電話の電源を切るべきか、できれば家に置いておくべきか、といった情報に基づいた判断に役立つ。

出典: https://www.eff.org/deeplinks/2022/03/using-your-phone-times-crisis

Print Friendly, PDF & Email
Next (RIPE)ロシアのソブリン・インターネットと番号資源