Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(EFF) 電子フロンティア財団の歴史

法律とテクノロジーがぶつかり合う場所で自由を守るための歴史

電子フロンティア財団は、1990年7月、言論とプライバシーに対する基本的な脅威に対処するために設立されました。米国シークレットサービスは、ベルサウス社のコンピュータから違法にコピーされた、E911文書と呼ばれる緊急通報システムがどのように機能しているかを記した文書の配布を追跡する一連の家宅捜索を実施しました。シークレットサービスは、もし「ハッカー」が緊急電話を受けるために用意された電話回線の使い方を知れば、回線が過負荷になり、本当の緊急事態に直面した人々が電話をかけられなくなると考えたのです。

E911の文書を受け取ったとされる人物の一人は、テキサス州オースティンにあるスティーブ・ジャクソン・ゲームズという小さなゲームブック出版社のシステム・オペレーターでした。シークレットサービスは、無実のジャクソンに対して令状を発行し、スティーブ・ジャクソン・ゲームズの敷地内からすべての電子機器と発売予定のゲームブックのコピーを持ち去りました。スティーブ・ジャクソンは、最新作の発売期限が迫っているのにまだコンピュータが戻ってこないのを見てパニックになりました。彼はスタッフの半分近くをレイオフせざるを得なくなりました。結局、シークレットサービスはスティーブ・ジャクソンのコンピューターをすべて返却し、どのコンピューターからもE911文書のコピーを見つけられなかったため、同社を告発しないことを決定しました。

1990年から2018年まで使用されていたEFFのオリジナルロゴ

そうこうしているうちに、スティーブ・ジャクソンのビジネスはほぼ破たんしてしまいました。そして、彼と彼の従業員が返却されたコンピュータを調査する機会を得たとき、従業員以外のユーザーがログインして個人的なメッセージを送り合っていた会社の電子掲示板コンピュータに保存されていたすべての電子メールが、個別にアクセスされ削除されていることに気づきました。スティーブ・ジャクソンは、出版社としての自分の権利が侵害され、ユーザーの言論の自由とプライバシーの権利も侵害されたと考え、激怒しました。スティーブ・ジャクソンは、自分を助けてくれる市民的自由の団体を必死で探そうとしましたが、無駄でした。残念ながら、既存の団体の中には、この問題の重要性を理解できるほどテクノロジーを理解しているところはありませんでした。

Whole Earth ‘Lectronic Link(現在のWELL.com)』と呼ばれる電子コミュニティでは、情報に通じた技術者数名が、市民的自由の問題がどのようなものであるかを正確に理解していました。ロータス・ディベロップメント・コーポレーションの元社長ミッチ・ケーパー、ワイオミング州の牧畜業者でありグレイトフル・デッドの作詞家でもあるジョン・ペリー・バーロウ、サン・マイクロシステムズ社の初期の社員ジョン・ギルモアはスティーブ・ウォズニアックの援助を受けて、この問題について何かをしようと決心したのです。彼らは、新しいテクノロジーが引き起こす市民的自由の問題に取り組むための組織を結成しました。新組織を正式に発表したその日、彼らはスティーブ・ジャクソン・ゲームズ社と同社の掲示板利用者数名を代表し、米国シークレットサービスを相手取った訴訟を起こすと発表したの です。電子フロンティア財団の誕生です。

スティーブ・ジャクソン・ゲームズの訴訟は、サイバースペースにおける適切な法的枠組みを構築する上で、極めて重要なものになりました。電子メールは少なくとも電話と同程度の保護に値すると、初めて裁判所が判断したのです。今日、私たちは、法執行機関が電子メールのメッセージを押収して読む前に、すべての電子メールメッセージについて特に説明した令状が必要であることを当然のこととして受け止めています。スティーブ・ジャクソン・ゲームズのケースは、この原則を確立しました。

電子フロンティア財団は、サイバースペースにおける権利の取り扱いについて、重要な先例を示すようなケースに取り組み続けています。私たちの2番目の大きな事件であるBernstein v. U.S. Dept. of Justiceでは、米国政府はカリフォルニア大学の数学博士の学生が作成した暗号化コンピュータプログラムをインターネット上で公開することを禁じました。 暗号化とは、メッセージをスクランブル化し、意図した受信者にしか理解できないようにする方法です。その数年前、政府は暗号を、爆弾や火炎放射器と並んで、国家安全保障のために規制すべき兵器として「合衆国軍需品リスト」に載せてしまったの です。暗号化機能を持つソフトウェアを含め、軍需品リストに掲載されている品目を輸出する企業や個人は、事前に国務省の承認を得なければなりませんでした。

暗号化輸出規制は、アメリカのビジネスを麻痺させ、個人の言論の自由を損ないました。電子商取引にとって重要なのは、企業が電子ネットワーク上で送受信するクレジットカード番号などの機密情報を保護するために暗号化を使用することです。また、企業はソフトウェア・プログラムへのアクセスを保護し、暗号化を使用してシステム・セキュリティを提供しています。米国政府は、暗号化、テクノロジー、手法の輸出を制限することで、米国企業が競争できない海外でのセキュリティ・ソフトウェア開発を推進しました。

国務省はバーンスタインの状況に冷淡で、暗号化プログラムのテキストをインターネットに掲載するためには、武器取引業者としてのライセンスが必要であるとバーンスタインに告げました。また、実際に輸出許可を申請しても、彼のテクノロジーは非常に機密性が高いため、許可は下りないと言われました。

電子フロンティア財団は優秀な弁護チームを結成し、ダン・バーンスタインに代わって合衆国政府を訴えました。裁判所は、書かれたソフトウェアコードは憲法修正第1条で保護される言論であると、史上初めて判決を下しました。さらに裁判所は、暗号に関する輸出コントロール法は、憲法で保護されたバーンスタインの言論を禁止するものであり、バーンスタインの憲法修正第1条の権利を侵害するものであるとの判決を下しました。その結果、政府は輸出規制を変更しました。今では誰もが、米国政府の事前許可なく、暗号化ソフトウェアをインターネット上で公開し、「輸出」する権利を持つようになったのです。電子フロンティア財団はまたしても、サイバースペースにおける重要な権利の確立を主導したのです。

今日の問題

自由で私的なコミュニケーションの権利をめぐる初期の闘いの多くは、政府の検閲に端を発していましたが、今日、EFFは他の多くの面でもユーザーのために戦っています。

今日、特定の強力な企業が、オンラインでの言論を封じ、消費者に新しいイノベーションが届くのを妨げ、政府の監視を促進しようとしています。私たちは、政府による権力の乱用に対抗するのと同様に、企業の行き過ぎた行為に対抗しています。

また、オンライン上で個人がプライバシーとセキュリティを保護するのに役立つテクノロジーを開発し、EFFの技術者がそれを構築して、誰でも使えるように一般に公開しています。
私たちはさらに、知的財産権に関する提案に見せかけたデジタル検閲法案を撃退し、企業にユーザーを監視させる試みに反対し、政府の監視を抑制する改革法案を支持するなど、主要な立法での闘いに取り組んでいます。

EFFは、人権と憲法上の権利の双方を尊重するグローバルなデジタル環境を構築するために、世界中の支持者とともに仕事をしており、ユーザーの権利のための勝利を勝ち取るために、最先端の法的訴訟に挑み続けているのです。

https://www.eff.org/about/history
Print Friendly, PDF & Email
Tags:
Next (EFF) 網にかかる。「過激主義」言論の規制が人権コンテンツに与える影響