Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

労働現場、パブリックスペース:顔認証時代の労働者の組織化

以下はEDRiの記事の飜訳です。


労働現場、パブリックスペース:顔認証時代の労働者の組織化
「監視資本主義」は、労働者の集団行動や公共の場で抗議する人権をますます脅かしている。

ヨーロッパでは、労働者の監視という妖怪が出没している。テロ」に対する「緊急」法や、COVID-19の流行を抑えるための法律を隠れ蓑にして、労働者の監視は職場や街中で継続的に拡大し、常態化している。

これにはさまざまな形があり、侵犯の度合いもさまざまだ。Amazon社がFacebookのプライベートグループで従業員を監視したり、Covid-19の健康追跡技術を使って少なくとも34万人の従業員を監視したりしている。また、遠隔地で働く従業員の顔認証を行い、小規模な雇用主が監視することも可能だ。

労働者の監視は、ヨーロッパの公共の場に顔認識システムを設置するという、より広範な形で行われることもある。これは、他の多くの弊害同様、労働者の組織化を抑制する可能性がある。監視されているという感覚が常につきまとうことで、労働者は集会の自由の権利行使をさまたげられるのは明らかだ。

短期的な魅力

企業も政府も、この監視の拡大の波に短期的な魅力を感じているかもしれない。派手なガジェットがテクノ・ユートピアを演出する一方で、重要な原動力となっているのはコントロールの追求だ。

Amazonのようなデータ企業が支配的な地位を確立しているということは、彼らはますます責任を負わなくなることを意味している。私たちは、人間を脅威として扱う彼らの論理を受け入れることはできないし、ましてや政府がそれを採用することを見過すわけにはいきません。こうしたことは、私たちの社会で見られる信頼の喪失を加速させるだろう。

政府や企業が顔認識技術やその他のバイオメトリックな監視技術を導入することは、職場の民主主義に対する脅威となる。企業の本社前で抗議活動をしているときに、CCTVカメラが組合潰しに再利用されるかもしれない。科学的根拠のない秘密のアルゴリズムを適用して、「トラブルを起こす人」をマークして識別することも可能だ。街頭でのデモ行進と対面する警察は、映像とソフトウェアを迅速に使用してリーダーを特定し、標的にすることができる。また、デモを支援する人や報道関係者も対象になる。

苦労して手に入れた権利や自由には妥協の余地などない。個人への監視強化は、集団的な抗議への対処方法ではない。明確な境界線を設定し、自分たちに影響を与える決定に対して、関係するグループの人々の発言権を強化しなければならない。

職場などでの大規模監視は、正当な社会的言説を窒息させるだばかりで、大規模監視の必要性を弱めることはない。労使関係の歴史を振り返ると、問題を放置しておくと、後になって再び問題が発生し、多くの場合、より深刻な結果を招くことが何度も繰り返されてきた。

「セキュリティ産業の複合体」

欧州連合(EU)における民間と公的な監視機関の間の文書化されたパートナーシップは、長年の市民的自由の団体であるStatewatchによって「安全保障産業複合体」と表現されている。この現象は、労働者の組織化に対する脅威とともに、EUの新しい人工知能規制が、欧州委員会が提案している以上のものでなければならない理由を示しており、民間と公的機関の両方によるバイオメトリックな集団監視を禁止しなければならない。

さらに、全て労働現場でのAIの使用(採用、評価など)は、すべての労働現場関連の規則と同様に、労働協約の対象とならなければならない。委員会の草案では、これらの技術を販売する企業の自己評価を求めるだけで、狐が鶏小屋を守るような状態になっている。

労働者の権利は、他の人権と同様に、集団の闘いによって勝ち取られる。団体交渉や職場でのストライキ、街頭での抗議活動などが主な手段であることに変わりはない。しかし、デジタル化が進む社会では、電子メールや会話、顔や体が常に監視されているため、多くの人は雇用の安定に不安を感じて、人目につくことよりもじっとしていることを選ぶかもしれない。

だからこそ、公共の場での生体情報による集団監視を禁止し、職場での有害なAI技術を制御する強力な立法化が、労働者の権利を前進させる鍵となる。

この記事はSocial Europeのこちらの記事に掲載された。

画像クレジット:EFF/ (CC BY 3.0 US)

(寄稿者 EDRiの政策責任者であるDiego Naranjo氏、UNI Europaの地域書記であるOliver Roethig氏)

Workplace, public space: workers organising in the age of facial recognition

出典:https://edri.org/our-work/workplace-public-space-workers-organising-in-the-age-of-facial-recognition/

Print Friendly, PDF & Email
Previous マイナンバーと生体認証(リンク集)
Next サウジアラビア:Googleはクラウド・リージョンの設立計画を中止すべき