Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(Statewatch)英国と米国、暗号化の弱体化に関する協力の継続を確認

以下はStatewatchのサイトの記事の飜訳です。英米の暗号への規制問題は、G7加盟国の日本にとっても他人事ではない。とくにデータアクセスや安全保障、人権などを口実とした暗号弱体化が世界規模で様々な政府が画策しはじめており、要注意だ。


2021年6月14日

英国と米国は、デジタル通信の暗号化を弱体化させる継続的な計画を含む、軍事・安全保障協力への継続的なコミットメントについて説明した。

G7サミット後の共同声明に関する政府のプレスリリース(これ自体は公表されていません)によると、ジョー・バイデン氏とボリス・ジョンソン氏は、「世界をリードする二国間データアクセス協定の発効を含め、重大な犯罪の捜査と訴追に不可欠な通信コンテンツに法執行機関が合法的にアクセスできるようにすることに合意した 」と述べている。

二国間データアクセス協定は、英国と米国の法執行機関が相手国で保有するデータへのアクセスを容易にすることを目的としているが、暗号化を弱体化させるような条項は含まれていない。

しかし、政治的なコミットメントは残されている。G7後の声明には、こう書かれている。

「通信コンテンツへの厳格な管理と合法的なアクセスを維持することは、テロや児童虐待などの重大な犯罪の捜査と訴追に不可欠であり、両国政府にとって最優先事項である。

両国は、厳格なプライバシー基準を維持しつつ、国民の安全を守るためにテクノロジー企業と協力していくことに合意した」

この問題は、9月に英国が主催するG7内務・安全保障担当大臣会合の議題にもなっている。同様の計画はEUでも発表されている。

政府のプレスリリースでは、軍事協力に主眼が置かれているが、不正資金、汚職、テロ対策、過激化に関する共同行動についても言及されている。

Statewatchは、政府に共同声明のコピーを要求している。

政府プレスリリースの全文(原文はこちら)

英国と米国、新たな脅威に対する安全保障協力を強化

ボリス・ジョンソン首相とジョー・バイデン大統領は、世界で最も強力な二国間の防衛・安全保障パートナーシップを強化するための多くのステップに合意した。

ボリス・ジョンソン首相とジョー・バイデン米国大統領が本日合意したステップは、両国が21世紀の進化する脅威に対応し、それを先取りするのに役立つ。

英国と米国は、NATOを集団防衛の基盤として、将来の国際秩序を形成し、確保するための活動を強化する。

NATOは、悪意のあるサイバー活動や社会の回復力を試す攻撃など、既存および新たな脅威に対処するため、軍事・非軍事のあらゆる能力を活用できるよう、NATOのさらなる強化と近代化、共通の資金調達を目指して協力していく。

米国と英国は、引き続き軍隊の近代化と統合を進め、次世代の能力に関する二国間の協力を強化する。

英米軍のユニークな相互運用性は、米軍が英国の空母打撃群(CSG21)で重要な役割を果たしていることからもわかる。9隻の艦船、32機の航空機、3,700名の人員が、7ヶ月間の初の世界展開を目指して5月に出航した。

米国の駆逐艦と海兵隊のジェット機がCSG21に統合されたことは、第5世代の空母打撃能力を共同で開発する中で、NATO加盟国間の相互運用性をさらに向上させるという我々の意図を示している。

今回の配備は、米国と英国がいかに協力して共通の価値観を守り、ルールに基づく国際秩序を維持し、将来の脅威に対処しているかを象徴している」と述べている。

ベン・ウォレス国防長官は次のように述べている。

米国が我々の最も親密な友人であり、最も重要な防衛パートナーであることは周知の事実である。世界最大の防衛予算と欧州最大の防衛予算を併せ持つ米英同盟は、ルールに基づく国際秩序を弱体化させようとする者に対する防波堤となっている。

今後4年間の英国の国防費が240億ポンド増加するということは、今後、軍を近代化し、同盟国との統合をさらに進めるための資源があるということであり、将来の脅威に共に取り組むことができる。

英国と米国は、長年のパートナーとして、宇宙がすべての人にとって安全で安心な環境であることを保証するために、広範な外交、防衛、安全保障、市民、科学の協力関係を引き続き活用していく。今回の共同声明は、このコミットメントを強固にするものである。

英国と米国は、不法な金融や汚職への取り組みなど、共に大きな影響力を発揮できる分野での安全保障協力を強化する。不正資金と汚職の撲滅は、私たちが共有する安全と繁栄を脅かす国境を越えた課題であり、集団行動と多国間協力が必要である。

世界の2大金融センターである英国と米国は、大西洋を越えた長年の努力を基に、透明性と金融の健全性を強化し、開かれた社会を守り、汚職や悪意のある行為者に隠れる場所を与えないことで、不正資金への取り組みにおいて世界をリードしていく。

プリティ・パテル内務大臣は次のように述べている。

米国との緊密な安全保障パートナーシップは、英国にとって最も重要な関係です。そのおかげで、大西洋の両側で市民の安全が守られている。

安全保障面での協力関係を強化することで、テロとの戦い、不正金融への取り組み、国境を越えて活動する重犯罪・組織犯罪グループの解体、そして子どもを含む社会的弱者を食い物にする個人の追及を共に進めることができる。

また、英国と米国は、両国が直面する共通の脅威に対処するためのパートナーシップを強化することにより、テロ対策や児童虐待を含むその他の形態の重大犯罪に関する長年の協力関係を継続することを約束する。

首相と大統領は、オンラインでのテロに協力して取り組むことであらゆる形態のテロに対処し、憎悪に満ちた様々な白人至上主義のイデオロギーを含む、人種的、民族的、思想的動機による暴力的過激主義やテロを阻止するための国際協力を強化することに合意した。

また、両首脳は、世界をリードする「二国間データアクセス協定」の発効を含め、重大犯罪の捜査・訴追に不可欠な通信コンテンツへの法執行機関の合法的なアクセスを確保することにも合意した。犯罪は国境を越えて行われることが多いため、世界初となる米国との協定は、両国の市民の安全を守るための大きな一歩であり、英国と米国の政府が長年にわたって共同で取り組んできた成果である。重大犯罪の防止、発見、捜査、訴追のための重要なツールとなるであろう。

通信コンテンツへの厳格な管理と合法的なアクセスを維持することは、テロや児童虐待などの重大な犯罪の捜査や訴追に不可欠であり、両国政府にとって最優先事項である。

両国は、厳格なプライバシー基準を維持しつつ、国民の安全を守るために、テクノロジー企業と協力していくことに合意した。

https://www.statewatch.org/news/2021/june/uk-and-usa-confirm-continued-cooperation-on-undermining-encryption/

Print Friendly, PDF & Email
Previous デジタル・プライバシーがフェミニストの問題である理由
Next 欧州委員会の人工知能に関する規制案に対するAlgorithmWatchの応答 – 大きなギャップのある大きな一歩