Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

Timnit Gebru博士と共に立ち上がる – #ISupportTimnit #BelieveBlackWomen リアルチェンジのためのGoogleウォークアウト

2020年12月、Googleは一人の黒人女性のAI研究者を強制退職させた。解雇されたGebru博士は、Googleの人工知能に内在する人種差別の傾向やその世界規模での巨大な研究がもたらす環境への負荷などを率直に指摘する内容だったために、公表が阻止された。以下は、この問題への研究者などによる共同声明です。

下記の関連記事も参照。
グーグルがティムニット・ゲブルーを解雇する原因となった論文を読む―同社のスター倫理研究者は、グーグルのビジネスの鍵を握る大規模言語モデルのリスクを浮き彫りにした


Dr. Timnit Gebru, wearing a black turtle neck and looking off to the side.

Timnit Gebru博士と共に立ち上がる – #ISupportTimnit #BelieveBlackWomen
リアルチェンジのためのGoogleウォークアウト
12月4日

私たちは、前例のない研究検閲に続いて、Googleのスタッフ研究科学者および倫理的人工知能(AI)チームの共同リーダーとしての地位を打ち切られたTimnit Gebru博士と連帯します。私たちは、Googleリサーチに対し、研究の完全性へのコミットメントを強化し、GoogleのAI原則でのコミットメントを尊重する研究を支援することを無条件に約束するよう求めます。

2020年12月2日まで、Gebru博士は、黒人女性社員が全体の1.6%と非常に少ない同社の数少ない黒人女性研究員の一人でした。彼女の研究業績は多岐にわたり、学術的なスカラシップや公共政策に多大な影響を与えています。Gebru博士は、公正で説明責任のあるAIを確保し、歓迎される多様なAI研究分野を作るために最も重要な仕事をしている画期的な科学者です。

Gebru博士は、例外的に優秀で多作な貢献者としてGoogleに受け入れられる代わりに、防御、人種差別、ガスライティング、研究検閲、そして現在は報復的な解雇に直面しています。2020年12月2日の夜にGebru博士のチームに宛てたメールで、Googleの幹部は彼女が辞職を選択したと主張した。これは虚偽である。Gebru博士との直接のやりとりの中で、これらの幹部は彼女の解雇が即刻であることを伝え、口実として彼女がGoogleブレインのダイバーシティ&インクルージョンのメーリングリストに送ったメールを指摘した。

このメールの内容は重要だ。その中で、Gebru博士は、Googleの多くの製品で使用されている大規模なAI言語モデル(LLM)の環境的・倫理的影響を調べることに焦点を当てた、彼女(と彼女の同僚)の研究をGoogleが検閲していることに反発している。Gebru博士と彼女の同僚たちは、学会で査読論文の作成に数ヶ月間取り組んだ。その論文が社内で査読され、標準的なプロセスを経て出版が承認されてから5週間後の11月下旬、Googleの指導者は警告も理由もなく検閲を決定した。Gebru博士は、この決定について説明責任を果たすよう求め、差別的で嫌がらせ的な職場環境に対する彼らのやる気のなさについても説明を求めた。解雇はGebru博士に対する報復であり、Google全体で倫理的で公正なAIのために働く人々、特に黒人や有色人種の人々のために働く人々の危険を告げるものだ。

Googleの企業研究環境では、研究の誠実さはもはや当然のこととは言えず、Gebru博士の解雇は、Googleがどのような研究を許可するかについての理解を覆してしまった。これはまた、Googleがその罪を思い知るときである。私たちが知っているように、Gebru博士は、強力で偏ったテクノロジーが私たちの日常生活に侵入してくるという非倫理的で非民主的な行為に対して、内部から圧力をかけている数少ない人々の一人だ。Googleのサービスは公共サービスであり、その重要性は過大に評価できない。Gebru博士に対するGoogleの報復と、この研究を黙殺する動きは、私たち全員の懸念である。

私たちは、Google Researchのリーダーに以下の要求をします。

  1. 私たちは、Jeff Dean(Googleシニアフェロー兼研究担当シニアバイスプレジデント)、Megan Kacholia(Googleブレイン組織のエンジニアリング担当バイスプレジデント)、そしてGebru博士の論文検閲の決定に関わった人たちが倫理的AIチームに会い、リーダーシップによって論文が一方的に拒否されたプロセスを説明することを要求する。
  2. 私たちは、大規模な言語モデルに関する研究からGebru博士とその同僚の撤退を命じるGoogleのリーダーシップの決定について、Googleのユーザーや学術コミュニティの仲間を含むより広い一般の人々に透明性を要求する。これは公共の関心事となっており、今後のGoogle Researchへの信頼を確保するためには、公的な説明責任が必要である。
  3. 私たちは、Google Researchが、Googleの研究哲学で行われたコミットメントを抜本的に強化して研究の完全性と学問の自由に対する明確なコミットメントを行い、研究がどのように審査されるか、研究の完全性がどのように尊重されるかについて明確なガイドラインを提供することで、GoogleのAI原則の目標を裏付ける研究を支援することを約束することを要求する。

学術、市民社会、産業界の支援者(Googlers、go/stand-with-timnitを参照)のリストに名前を追加するには、以下を参照してください。

  1. Email StandWithTimnit@gmail.com にあなたの(できれば)団体のメールアドレスから、タイトルに「support」と書いて送信してください。
  2. 署名者リストに表示されるように、あなたの名前と所属を含めてください。

署名数 Googlers 2695人 、学術界、産業界、市民社会 4302 人

署名者のリストは下記のサイトをごらんください。

出典: https://googlewalkout.medium.com/standing-with-dr-timnit-gebru-isupporttimnit-believeblackwomen-6dadc300d382

付記:下訳にhttps://www.deepl.com/translatorを用いました。

Print Friendly, PDF & Email
Previous サンタ・クララ原則―コンテンツモデレーションにおける透明性と説明責任について
Next Facebook、Twitter、YouTubeへの公開書簡。中東・北アフリカの批判的な声を黙らせるのはやめなさい