Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

世界各地のインターネット遮断のマッピング

以下はAl Jazeeraの3月3日付の記事の飜訳です。


2020年のCOVID-19では、需要が高まっているにもかかわらず、インターネットへのアクセスを遮断した29カ国のうち、インドがトップとなった。

(Al Jazeera)

by
Hanna Duggal
2021年3月3日
この1年間、世界中の何十億もの人々が、家族や友人との連絡、オンラインでの学習、在宅勤務、コロナウイルスのパンデミックに関する重要な情報の入手など、インターネット接続に大きく依存してきた。

しかし、2020年の間に、29カ国が少なくとも155回、意図的にインターネット通信を遮断したり、速度を落としたりしたことが、非営利のデジタルライツグループであるAccess Nowが発表した新しいレポートで明らかになった。

アクセス・ナウのシニア・インターナショナル・カウンセル兼アジア・パシフィック・ポリシー・ディレクターのラマン・ジット・シン・チマは、「世界的な大流行の最中にもかかわらず、政府当局が民主的な表現を抑圧するための組織的な手段としてインターネットの閉鎖を利用していることを非常に懸念しています」と述べている。

最も多くシャットダウンされた インド

インドの当局は、2020年の間に109回インターネットをシャットダウンしましたが、そのほとんどがインド統治下のカシミール地方であり、昨年のインドにおけるインターネットのシャットダウンのほぼ90%を占めている。

2020年1月から今年の2月まで、インド統治下のカシミール地方のインターネットは2Gに絞られ、COVID-19の影響で遠隔地での学習に移った同州の多くの学生の生活は非常に厳しいものとなった。

ジャンムーにあるModel Institute of Engineering and Technologyに通うBazillah Ayoub(24歳)は、「オンライン授業に定期的に出席することができませんでした」と語る。

「私たちは多くの問題を抱えていました。15MB以上の課題を提出するように言われたのですが、1、2時間後にはアップロードされていました。そのせいで、課題の提出が間に合わず、全員の科目が滞ってしまったのです」とAyoubはAl Jazeeraに語った。

インド統治下のカシミール地方では、インターネットの遮断は日常的に行われており、当局はその理由として予防措置を挙げている。

“若者の活動家であるカンワル・シン(30歳)は、「インターネットの遮断は、反対意見の声を抑えるために使われています。”この70年間、私たちは紛争状態にありました」。

インド統治下のカシミール地方の人々は、2019年8月から2020年1月までの完全なブラックアウトで、世界でも最も長いインターネットのシャットダウンを経験し、その後は2Gに速度制限されて許可された。当局は最近、インド統治下のカシミール地方で1年半ぶりに4Gサービスを再開した。

昨年、インドの最高裁判所は、カシミール地方のインターネット遮断は違憲であり、インドの通信規則に違反しているとし、見直しを命じた。

「どの政府や当局も、4Gサービスを復旧させることで慈善活動をしているわけではありません」「政府が4Gサービスを復旧させたとき、誰もが祝福しましたが、重要なのは、これは慈善事業ではないということです。これは私たちの権利であり、インド憲法で保証されているすべての人の権利なのです」とシンは言う。

アジアの他の地域

インドに加え、ミャンマー、パキスタン、バングラデシュ、キルギス、ベトナムの政府も、2020年にインターネットへのアクセスを遮断した。

ミャンマーは、2019年から2020年、そして今年の2月上旬までラカイン州とチン州で続けられた、これまでに記録された中で最も長いシャットダウンを課した。

同国では大規模な抗議活動が続いており、先月の軍事クーデターの後、ラカイン州とチン州では当局によってインターネットへの完全なアクセスが回復したものの、インターネットサービスは不安定な状態が続いている。

バングラデシュでは、ロヒンギャ族の難民キャンプが415日間、高速インターネットから遮断された。ロヒンギャ・ステューデンツ・ネットワークThe Rohingya Students Networkによると、COVID-19の期間中、キャンプにいる人々は、インターネットの速度が低下したため、重要な健康情報にアクセスできなかったとのことだ。

ヨーロッパのシャットダウン

2020年8月に行われたベラルーシの選挙では、政府はWhatsApp、Telegram、Viber、Twitterなどのソーシャルメディアチャンネルや、VPN、Torブラウザなどを遮断した。

これにもかかわらず、アレクサンダー・ルカシェンコの大統領選勝利を争うデモ隊が街に繰り出しました。その結果、政府は8月9日の夜から2020年8月12日まで、インターネットの全面的なシャットダウンを実施した。

ベラルーシの抗議活動を取材してきたベラルーシ人ジャーナリストのハンナ・リウバコバは、アルジャジーラの取材に対し、「ユーザーが作成したコンテンツが多く寄せられたため、情報の検証や事実確認を行うことが非常に困難でした。」と述べた。

リウバコバは、「テレグラム・チャンネルは、市民にとって本当に重要になりました。多くの人々の主な情報源となり、その傾向は今も続いています」と述べている。

紛争地域では、インターネットの遮断が増加している。昨年のアゼルバイジャンとアルメニアによるナゴルノ・カラバフ紛争の際、アゼルバイジャンは6週間にわたりソーシャルメディアと市民への通信を遮断した。政府は、アルメニアの挑発を防ぐためだとしている。

中近東

2020年に中東で最も多くインターネットが遮断された国は、武力紛争と人道的危機に陥っているイエメンだ。このようなインターネットの遮断は状況を悪化させ、イエメン人や国内で活動しようとしている国際機関が情報や通信にアクセスすることを非常に困難にしている。

2020年1月には、フーシ派の反政府勢力による光ファイバーケーブルへの妨害行為が報告され、イエメンではインターネット容量の80%が切断された。

ヨルダンでは、2020年に3回の国家的なシャットダウンが行われました。政府は、2020年7月と8月に行われた教職員組合の抗議活動の際に、Facebook Liveを制限した。また、教育省は国家試験の際に、Telegram、WhatsApp、Facebookなどの通信アプリケーションを遮断した。

その他、インターネットを遮断した中東の国には、トルコ、シリア、イラク、イラン、エジプト、アルジェリアなどがある。

アフリカのシャットダウン

ブルンジ、チャド、エチオピア、ギニア、ケニア、マリ、スーダン、タンザニア、トーゴ、ウガンダなど、アフリカの複数の国でインターネットおよび通信サービスが停止している。

エチオピアでは、オロモ族の音楽家ハカアルウ・フンデッサの殺害に対する抗議活動により、1億人の人々が2週間にわたってメディアを完全に遮断された。

ケニアでは、ソマリアの武装組織アル・シャバブがマンデラ郡で2つの通信塔を破壊したため、2020年に少なくとも2つのインターネット障害が報告された。

ラテンアメリカ

ベネズエラ、エクアドル、キューバでもインターネットの遮断が起きている。

2020年、市民の自由の抑圧を非難する大規模な抗議活動のあとキューバ政府は、Telegram、WhatsApp、Twitterなどのソーシャルメディアプラットフォームへのアクセスを3日間遮断した。

インターネットの閉鎖にはどのような理由があるのか?

各国政府は、フェイクニュース、予防措置、公共の安全、国家の安全などを理由に、インターネットの閉鎖を正当化してきた。

しかし、実際の理由は、政情不安、選挙、抗議行動、コミュニティでの暴力、情報統制、試験の不正行為などだ。

インド、ギニア、ベラルーシ、ブルンジ、キルギス、タンザニア、トーゴの7カ国は、2020年の選挙期間中にインターネットを遮断した。

出典:https://www.aljazeera.com/news/2021/3/3/mapping-internet-shutdowns-around-the-world

付記: 下訳にhttps://www.deepl.com/translatorを使いました。

Print Friendly, PDF & Email
Previous リンク集(暫定版)
Next #KeepItOn: 2021年選挙ウォッチ