Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(#KeepItOn)全く不十分。アップルとグーグル、政府の圧力に屈し、ロシアの選挙期間中にコンテンツを検閲

KeepItOn Elections shutdown handbook header image

2021年9月21日|午前6時06分

ロシアでは先週末に投票が行われたが、当局は、ビッグテックも加担して、人々を検閲した。世界が投票の最終結果を待つ中、ロシアの市民社会と#KeepItOn連合は、この1週間、広範囲にわたる検閲とインターネットの途絶についての露骨な事例を記録してきた。

「インターネットのブロックや遮断は、身内を恐れた弱いものいじめが使う戦術です。今回は、そのいじ めによって、最も強力なハイテク企業がロシア政府の意向に従うことを余儀なくされたのです」「これは、世界中の表現の自由にとって悪いニュースです」とAccess NowのTech Legal CounselであるNatalia Krapivaは述べている。

ロシアの総選挙に先立つ数週間、政府による検閲とハイテク企業への圧力が強化された。

9月2日、当局はアップル社とグーグル社に対し、アレクセイ・ナバルヌイ氏の「Smart Voting」プロジェクト・アプリをストアやプラットフォームから削除するよう命じ、検閲や監視の回避を妨害するためにVPNの遮断を命じた
9月8日、ロシアはGoogleおよびCloudflareのドメインネームシステム(DNS)サービスを一時的にブロックし、インターネットの停止が報告された。
9月13日、Apple App Storeの利用が困難になったとの報告があった。
選挙前夜の9月16日、アップル社は、監視に対抗するためにユーザのデータや閲覧履歴を隠す「プライバシーリレー」機能を突然無効にした。
9月16日、「Smart Voting」プロジェクトで使用されている「Google Docs」と「Telegra.ph」のサービスが、一部の地域でアクセスできないことが報告された。
選挙日である9月17日の朝、AppleとGoogleはロシアのストアからSmart Votingプロジェクトのアプリを削除した。両社は公式発表を避けているが、政府の命令に従わせるために、グーグル現地法人のオフィスに刑事訴追の脅しや武装襲撃が行われたという匿名の情報が流れている。
9月18日、グーグルは、「Smart Voting」プロジェクトが使用している一部の「Google Docs」および「YouTube」の動画をブロックした。
9月18日、TelegramはSmart Votingのチャットボットを無効にし、その後復活させた。

さらに、ナバルヌイのチームや、選挙の不正を報道してきたロシアの独立系ニュースメディア「ノヴァヤ・ガゼータ」は、選挙前および選挙中にウェブサイトへのDDoS攻撃を受けたと報告している。

これらの人権侵害は、広く行われた票の水増し疑惑、暴力、そして選挙監視員、ジャーナリスト、野党候補者に対するネットに個人情報をさらす行為(ドキシング)などを伴っていた。政府が投票結果を遅らせ続けているため、野党は結果を疑問視しており、大規模な抗議活動の可能性が高まっている。

AccessnowとKeepItOn連合は、政府の圧力が続いているにもかかわらず、ロシアの選挙の後、アップルやグーグルなどの企業に対して、インターネットのオープン性と安全性を維持するよう、改めて呼びかけている。また、米国およびFreedom Online Coalition(訳注)のすべてのメンバーは、人権を妨害するために技術系プラットフォームに対して脅迫や威嚇を行うロシアの容認できない行為に対して、一歩踏み込んで呼びかける必要がある。

出典:https://www.accessnow.org/apple-google-censor-russian-elections/

訳注:2011年、オランダ外務省の主導により、オランダ・ハーグで開催された第1回Freedom Online Conferenceで設立。現在、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、アメリカ、中東にまたがる34のメンバーで構成されている。日本もメンバー国 (https://freedomonlinecoalition.com/about-us/)

Print Friendly, PDF & Email
Previous (#KeepItOn) KeepItOn update: 2021年インターネット遮断は誰がしているのか?
Next (araby)ミャンマーからスーダンまで、独裁政権はインターネットの遮断を武器にしている。反撃の時だ。