Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(EFF)次期バイデン政権幹部は暗号化について方針転換すべき

次期バイデン政権幹部は暗号化について方針転換すべき
ジョー・マルフィン 2021年2月4日

デジタル世界でプライバシーとセキュリティを確保するためには、暗号化は不可欠な要素です。暗号化がなければ、権威主義的な政府、行き過ぎた警察、おせっかいな企業、オンライン犯罪者による搾取の危険にさらされることになります。

しかし、ここ数年、連邦法執行機関は「サイバーセキュリティ」に口先だけのサービスを提供してきましたが、実際には私たちの安全性を低下させようとしています。ウィリアム・バー元司法長官、ジェームズ・コミーFBI長官、その他多数の政府関係者は、「暗黒化」の危険性から、広範囲に及ぶ暗号化は捜査に深刻な危険をもたらすと主張し、政府が要求に応じて暗号化されたデータの内容にアクセスできるような安全なシステムを設計するようテクノロジー企業に呼びかけてきました。しかし、安全で暗号化されたシステムと、法執行機関がアクセスできるようにするための特別な「バックドア」を組み合わせることは、何と呼ぼうと不可能です。

黄金の鍵も魔法の弾丸もありません。それを認識し、公に発言する法執行機関や情報機関の役人が必要な時が来ているのです。残念ながらバイデン大統領の新政権に 選ばれた重要人物は… この話題については 刺激的な経歴を持っていません

まずFBI長官のクリストファー・レイから始めましょう。彼はトランプ政権から標準的な10年の任期の一部として継続しています。彼は法執行機関には暗号化された会話への例外的なアクセスを認めるべきだと何度も述べています。”ユーザー制御のデフォルト暗号化 “を “法執行機関にとっての真の課題 “と表現しています

新国家情報長官に就任が確定したアヴリル・ヘインズ氏は、暗号化に関するより「現実的で建設的な」議論を始めるために、カーネギー平和研究所が主催した専門家グループの一員として参加しました。カーネギーグループの報告書は2019年に発表されたが、暗号化とプライバシーの擁護者にとっては期待外れの内容だった。暗号化の技術的な現実を認める代わりに、多くの重要な問題を無視し、暗号化されたデバイスのための「キーエスクロー」スキームという何十年にわたって提案されては退けられたおおいに疑問のあるアプローチの変形案を提示しました。

バイデン大統領の副司法長官候補であるリサ・モナコもまた、カーネギー報告書の共同執筆者でした。メリック・ガーランド司法長官もまだ未確認ですが、暗号化に関する明確な実績はありませんが、連邦検察官としての長い実績があります。

役人の経歴がどうあれ、新大統領の政権は新たな道を切り開くチャンスです。私たちはすでにバイデンチームに移行メモを送り、新大統領が暗号化を支持する正式な方針を採用し、暗号化バックドアの導入を含むデジタルセキュリティを弱体化させようとするいかなる試みも否定することを推奨しています。上述の重要人物は、暗号化とコンピュータのセキュリティを弱めることが公共の安全のために必要だという誤った発言を否定しなければなりません。そうしたことはありえませんし、今までもそのようなことはありませんでした。

出典:https://www.eff.org/deeplinks/2021/02/incoming-biden-administration-officials-should-change-course-encryption

下訳にhttps://www.deepl.com/translatorを使いました。

Print Friendly, PDF & Email
Previous 今すぐ署名を。生体情報を用いた大量監視の禁止を求める欧州市民運動
Next 暗号化論争の潮流: 機密情報収集からオンライン危害への取り組みまで