Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(GPD)暗号をめぐる国際会合の動向

以下は、GlobalPartners Digitalの暗号化をめぐる国際会合の紹介ページを訳したもの。

GlobalPartners Digitalの紹介
「グローバル・パートナーズ・デジタル(GPD)は、人権に裏打ちされたデジタル環境を実現するために活動する社会的目的の団体である。私たちは、政策空間やプロセスをよりオープンで、包括的で透明性のあるものにし、公共の利益の活動家が戦略的に参加できるよう支援することで、これを実現している。

この目的を実現するために、私たちは、デジタル技術に関連する法的・政策的な状況を監視、分析、形成することを中心に、洞察に基づく参加型のアプローチを展開してきた。」

GPDは、12月にインターネット・ソサイエティと共同で暗号と人権についてのアドボカシープロジェクトを立ち上げている。
たとえば、暗号法制と政策についての各国別世界地図
https://www.gp-digital.org/world-map-of-encryption/
ENCRYPTION LAWS AND POLICIES: HUMAN RIGHTS ASSESSMENT TOOL
https://www.gp-digital.org/wp-content/uploads/2020/12/encryption-human-rights-assessment-tool.pdf

=============================
各国の法律や政策は、世界中の暗号化の強度や可用性に重要な影響を及ぼしているが、それがすべてではない。国連機関からG7(Group of Seven)までの国際フォーラムでの決定も、暗号化に関する規範を形成する上で重要な役割を果たしている。以下では、5つの主要なフォーラムを詳しく見ていく。暗号化の議論との関連性、フォーラムの機能、主要な成果を検証する。

国連総会

暗号との関連性は?

国連総会(UNGA)の決議は、一般的に加盟国には拘束力がないが、特にコンセンサス(訳注)で採択された場合には、世界的な政策に影響力を持つ。決議は国家の行動に期待される基準を設定し、国の政策措置のための具体的な勧告を提供することさえある。暗号化に関しては、特に第三委員会は、ジャーナリストの安全とプライバシーの権利(下記参照)に関する決議を通じて、人権を実現するものとしての暗号化の重要性を認識してきた。これらの決議は、他のグローバルなフォーラムや国レベルでのアドボカシーにおいて、人権擁護者が利用できる重要な規範的な声明となっている。例えば、人権擁護者やジャーナリストは、暗号を弱体化させるような政策が国家レベルで提案された場合、ジャーナリストやメディアの仕事に対する暗号の重要性をすべての国連加盟国が認識していることを指摘することができる。

通常の業務

UNGAは毎年9月に通常会期を開くが、それ以外の時期にも特別総会や緊急特別総会を開催することがある。国連総会での決議は、通常、単純多数決で可決されなければならない。しかし、ある特定の決議が3分の2以上の賛成に値する重要性があるとUNGAが判断する場合もある。この種の決議は通常、国際平和と安全保障の重要な問題や、新規の国連加盟に関わるものである。

決議が新たに繰り返し提案される場合は、決議の文言を修正、暗号を認めたり保護を約束する文言が弱められたり、強化されたりする機会となる。

関連する成果

UNGA決議。デジタル時代におけるプライバシーの権利、A/C.3/75/L.40、第3委員会で採択、2020年11月20日 (https://undocs.org/A/C.3/75/L.40)

前文。「デジタル時代において、デジタル通信の機密性を確保し、保護するための技術的解決策(暗号化、仮名化及び匿名化のための措置を含む場合がある)は、人権、特にプライバシー、意見及び表現の自由、平和的集会及び結社の自由の権利の享受を確保するために重要であり得ることを強調し、また、国家は、ハッキングの形態を含む可能性のある違法又は恣意的な監視技術の採用を控えるべきであることを認識する」
本文。「デジタル通信の機密性を確保し、保護するための技術的解決策を可能にすること、及び暗号化、仮名化及び匿名化のための措置を含む可能性のある恣意的又は不法な干渉からの個々の利用者の保護を可能にすることに向けて努力することを企業に奨励し、国際人権法の下での国家の義務に準拠したそのような技術的解決策の使用に干渉しないように国家に要請し、技術的解決策の開発を含め、個人のデジタル通信のプライバシーを認識し、保護する政策を制定する。」

UNGA決議。デジタル時代におけるプライバシーの権利、A/Res/73/179、2018年12月17日採択(リンク)

前文。「デジタル時代において、デジタル通信の機密性を確保し、保護するための技術的解決策(暗号化、仮名化、匿名化のための措置を含む場合がある)は、人権、特にプライバシーの権利、表現の自由、平和的集会及び結社の自由を確保するために重要であり得ることを強調し、また、国家は、ハッキングの形態を含む可能性のある違法又は恣意的な監視技術の採用を控えるべきであることを認識する。」

UNGA決議。ジャーナリストの安全と刑事免責の問題、A/Res/72/175、2017年12月19日採択(リンク)

前文。「デジタル時代において、暗号化と匿名化のツールは、多くのジャーナリストが自由に仕事を遂行し、人権を享受するために不可欠なものとなっていること、特に表現の自由とプライバシーの権利(通信の安全を確保し、情報源の秘密を保護することを含む)を強調し、そのような技術の使用を妨害しないよう、また、そのような技術に関する制限が国際人権法の下での国家の義務に準拠していることを保証するよう、国家に要請する。」

国連人権理事会

暗号との関連性は?

国連人権理事会(HRC)は、47カ国で構成される国連システム内の政府間機関であり、世界中のあらゆる人権の促進と保護に責任を負っている。HRCは、注意を要するすべてのテーマ別の人権問題や状況について、年間を通じて議論する能力を持っている。HRCはジュネーブの国連事務所で開催される。

HRCで可決された決議は法的拘束力はないが、「ソフト」な国際法の有力なソースとして認識されている。HRCで可決された決議は、暗号に対する強い支持を示している。暗号に関連する最も重要なテーマ別決議は、「デジタル時代におけるプライバシーの権利」(2017年)と「インターネット上の人権の促進、保護および享受」(2018年)である。過去の宣言では、プライバシーの権利や表現の自由などの人権行使のための暗号の重要性が認識されてきた。また、暗号の使用を通じてデジタル通信の機密性を保護するよう企業に呼びかけ、国家が暗号使用を制限しないよう警告してきた。

日常の業務

HRCは年に3回、通常3月、6月、9月に定例会を開催。会員の3分の1の要請があれば特別会合を開くこともでき、特定のテーマを扱う会期間パネルを開催することもある。また、国連人権高等弁務官事務所に依頼して専門家ワークショップを開催することもできる。

関連する成果

2017年3月23日人権理事会が採択した決議「デジタル時代におけるプライバシーの権利」A/HRC/RES/34/7 (https://documents-dds-ny.un.org/doc/UNDOC/GEN/G17/086/31/PDF/G1708631.pdf?OpenElement)

「デジタル時代においては、暗号化や匿名化のための措置を含め、デジタル通信の機密性を確保し、保護するための技術的な解決策が、人権、特にプライバシーの権利、表現の自由、平和的集会や結社の自由の享受を確保するために重要であることを強調する。」 「企業がデジタル通信の機密性を確保し、保護するための技術的解決策を可能にするために努力することを奨励し、国際人権法下での国家の義務を遵守した上で、そのような技術的解決策の使用を妨害しないように国家に要請する。」

2018年7月5日に人権理事会で採択された決議。”The Promotion, Protection and enjoyment of Human Rights of the Internet” A/HRC/RES/38/7 (ttps://documents-dds-ny.un.org/doc/UNDOC/GEN/G18/215/67/PDF/G1821567.pdf?OpenElement)

「デジタル時代においては、暗号化や匿名性の対策を含め、デジタル通信の機密性を確保し、保護するための技術的な解決策が、人権、特にプライバシーの権利、表現の自由、平和的集会と結社の自由の享受を確保するために重要であることを強調する」

国連特別手続き

暗号との関連性は?

国連人権理事会(HRC)には特別手続き(訳注)があり、技術としての暗号が表現の自由やプライバシーの権利とどのように関係し、それを可能にするかなど、さまざまな問題について専門家による解説を行っている。

これらの特別手続きは、作業部会または特別報告者で構成されており、それぞれが個人の立場で活動している。特別手続きは、国を訪問し、人権侵害や侵害の疑いがある場合に各国に注意を喚起し、テーマ別研究や専門家協議を実施し、国際人権基準の策定に貢献し、アドボカシー活動に従事し、国民の意識を高め、技術協力のための助言を提供する。

特別手続のマンデート(指示、命令)には、意見・表現の自由の権利の促進と保護に関する特別報告者のようなテーマ別のマンデートと、国別のマンデートの2つのタイプがある。これらの独立した専門家は、少なくとも年に1回、その調査結果と勧告について理事会に報告するとともに、国連総会にも報告する。

報告書は拘束力を持たないが、国連の他の機関の意思決定に影響を与える可能性がある。例えば、国連総会(UNGA)の一般委員会の政策立案者や外交官は、HRCで可決された決議を参照し、HRCの特別手続きの報告書はUNGAの第3委員会の年次総会でも提示される。また、その報告書や勧告は、加盟国によって取り上げられ、政策決定に影響を与えることもある。

これまでのところ、表現の自由とプライバシーの権利に関する特別報告者は、年次報告書を通じて、暗号と人権の関係を説明する上で重要な役割を果たしてきた。例えば、表現の自由の権利に関する前特別報告者は2015年に、暗号と匿名性技術がいかに表現の自由の権利の享受を可能にするかについて報告書を提出した(以下のリンク)が、これはHRCやUNGA決議(上記参照)を含む他の国連機関のアウトプットにも反映されている。

日常の業務

マンデートホルダーは3年ごとに交代し、2回の再選が可能。

これらの独立した専門家は、少なくとも年に1回、その調査結果と勧告について理事会に報告するとともに、UNGAにも報告する。また、HRCが会期中であるか否かにかかわらず、その年のいつでも、マンデートに関連した進展に対応するための声明を発表することができる。

関連する成果

意見及び表現の自由の権利の促進及び保護に関する特別報告者、HRCへの監視及び人権に関する年次報告書、A/HRC/41/35、2019年(https://documents-dds-ny.un.org/doc/UNDOC/GEN/G19/148/76/PDF/G1914876.pdf?OpenElement)

研究論文、暗号化と匿名性、2018年(https://www.ohchr.org/Documents/Issues/Opinion/EncryptionAnonymityFollowUpReport.pdf)

プライバシーの権利に関する特別報告者、HRCおよびUNGAへのプライバシーの権利に関する年次報告書、A/73/45712、2018年 「暗号技術の弱体化は、現代の情報経済の安全性を危険にさらす…法執行機関の調査や情報収集に暗号によって引き起こされる複雑さに対処するためには、暗号を弱体化させず、ひいては他国の国家安全保障を弱体化させないようなアプローチが必要である」

G7

暗号との関連性は?

G7(以前はG8)は、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国で構成される政府間グループ。影響力の大きい議長国として、そのアウトプットや声明は加盟国の意思を国レベルで示すことができるだけでなく、テロ、気候変動、金融危機など多国間協力を必要とする課題に対する政策解決のための共同提案を行うことで、G7以外の国にも影響力を行使することができる。

G7の一部のメンバーは暗号化を弱めないことや人権を尊重する必要性を強調しているが、他のメンバーはテロ対策や法執行のために暗号化された通信に「バックドア」を設けることを支持している。

日常の業務

G7サミットは毎年開催され、グループのメンバーが持ち回りで主催している。首脳は毎年のサミットで会合を行うが、非公式なグループであるため、拘束力のある決定は行わない。その代わり、この会議は、首脳がアイデアを交換し、重要な政策課題について調整する機会と考えられている。閣僚グループ会議は年次総会に先立って開催され、重要な政策課題に関するメッセージを調整するためのものである。声明は通常、閣僚会議と年次サミットの最後に発表される。

G7会合で発表されたサミット声明及び閣僚声明は法的拘束力はないが、イニシアチブを設定したり、国レベルで政府の政策や措置を導くことができ、G7メンバー国が活発に活動している他のグローバルなフォーラムでの議論を形成することができる。例えば、サイバー空間における国際的な平和と安全を促進するために、2019年にG7は、以前に認識された自主的で拘束力のない責任ある国家の行動規範の実施に関するベストプラクティスと教訓を共有することに特化したサイバー規範イニシアティブ(CNI)を設立した。また、2019年には、「継続的かつ即時のデータ転送を通じた新世代の5G通信ネットワークの展開に関連して、テロ対策やサイバー犯罪に関して法執行機関のサービスに影響を与える可能性のあるセキュリティリスクの全体像を確立する」ための内部作業グループ(2001年に設立されたロマリオングループ)に任務を課した。

関連する成果

2019年4月からのG7内相成果文書:テロリストや暴力的過激派の目的でのインターネット利用との戦い(https://www.gp-digital.org/series/encryption-policy-hub/international-forums/)

「G7内務大臣は、以下を実施することを約束する。インターネット企業が、特定の技術を押し付けることなく、インターネット企業に要請された支援が法の支配とデュー・プロセスの保護に裏打ちされていることを確保しながら、デジタル証拠が海外にあるITサービス上で削除されたり、ホストされたり、暗号化されている場合も含めて、法執行機関や管轄当局がデジタル証拠にアクセスするために、暗号データを含む自社の製品やサービスへの合法的なアクセス・ソリューションを確立することを奨励すること。いくつかのG7諸国は、暗号化を禁止したり、制限したり、弱めたりしないことの重要性を強調している。」

G20

暗号との関連性は?

G20とは、19カ国と欧州連合(EU)で構成される国際フォーラムで、G7と同様に毎年1回開催され、主に経済協力を必要とする問題に焦点を当てて世界の課題に取り組んでいる。米国のほかに、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、イギリス、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、日本、メキシコ、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、韓国、トルコである。

2019年の様々なG20文書で見られるステートメントは、暗号についての強力な見解を提供していない。しかし、それらは、プライバシー、国境を越えたデータの流れ、および直接または間接的に暗号に関連するその他の問題に関する課題を論じている。

G20の会議で発表されたサミット声明や閣僚声明は法的拘束力はないが、国レベルでのイニシアチブを設定したり、政府の政策や措置につながることができ、G20メンバーが活動する他のグローバルなフォーラムでの議論を形作ることができる。

日常の業務

G20会議は、20カ国を代表する政府首脳、内務大臣、財務大臣が年に一度集まる会議。この会議は、いくつかの中核的な問題に焦点を当てており、首脳は集団行動のためのコンセンサスに達することを期待する。宣言は法的拘束力はないが、メンバー国が行動を約束する共同声明を発表することで、2日間の会合を終えることが目標である。

関連する成果

G20大阪首脳宣言、2019年(https://www.consilium.europa.eu/media/40124/final_g20_osaka_leaders_declaration.pdf)。

「データ、情報、アイデア、知識の国境を越えた流れは、プライバシー、データ保護、知的財産権、セキュリティに関する課題を提起する一方で、より高い生産性、より大きなイノベーション、持続可能な開発の改善を生み出す。これらの課題に取り組み続けることで、データの自由な流れをさらに促進し、消費者と企業の信頼関係を強化することができる。この点では、国内外の法的枠組みが尊重される必要がある。
“技術革新は、金融システムとより広範な経済に大きな利益をもたらす可能性がある。現時点では、暗号資産は世界の金融安定性に脅威をもたらすものではないが、我々は動向を注視しており、既存のリスクと新たなリスクに引き続き警戒する。」

2019年の貿易とデジタル経済に関するG20閣僚声明(https://trade.ec.europa.eu/doclib/docs/2019/june/tradoc_157920.pdf)。

「同時に、我々は、データの自由な流れが一定の課題をもたらすことを認識している。プライバシー、データ保護、知的財産権、セキュリティに関する課題への取り組みを継続することで、データの自由な流れをさらに促進し、消費者と企業の信頼を強化することができる。」

出典:https://www.gp-digital.org/series/encryption-policy-hub/international-forums/

訳注:コンセンサス
「国連では「コンセンサス方式」と呼ばれる決議方法があります。これは投票による決議ではなく、「議長提案について明確な反対意見が表明されなかった」ことによって決議を成立させる方式です。「総論で合意されている」議題であるものの、「各論で反対意見を持つ国」が存在するような場合、投票によって対立構造が明確化することがあるので、これを避けるために考案された経緯を持っています。ただし一般分野で「コンセンサス方式」の語が用いられた場合、「全会一致」の意味と「大多数一致」の意味が混在していますので、読解には十分に注意してください。」https://dictionary.sanseido-publ.co.jp/column/%E7%AC%AC32%E5%9B%9E-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%B9

訳注:特別手続き「人権侵害を調査し、個々のケースや緊急事態に介入する。独立した人権の専門家で構成され、テーマ別もしくは国別に人権に関する報告を作成し、助言を与える。」詳しくは、国連広報センターのページ(日本語)参照。

Print Friendly, PDF & Email
Previous ProtonMail、Threema、Tresorit、Tutanota、「反暗号化」の推進についてEUの議員に警告
Next (EFF)米国政府は金融監視の範囲を拡大するために暗号通貨を標的にしている