Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(GIFCT)ミッション

ミッション

テロリストや暴力的過激派がデジタルプラットフォームを悪用することを防ぐ。

ビジョン

テクノロジーセクターがその創造性と能力を結集して、テロリストや暴力的過激派がオンラインで活動できないようにする世界を目指します。

価値観

テロリストや暴力的過激派が弱体化させようとしている基本的かつ普遍的な人権を尊重し、透明性と包括性を持った活動を目指しています。

テロリストや暴力的過激派によるインターネットの悪用は、あらゆる場所で開かれた社会を脅かしています。

Global Internet Forum to Counter Terrorism(GIFCT)は、テロリストや暴力的過激派がデジタルプラットフォームを悪用するのを防ぐために設立されたNGOです。2017年にFacebook、Microsoft、Twitter、YouTubeによって設立されたこのフォーラムは、メンバー企業間の技術協力を促進し、関連する研究を進め、小規模なプラットフォームと知識を共有することを目的としています。2017年以降、GIFCTのメンバーは設立企業を超えて拡大し、十数社の多様なプラットフォームが、テロリストや暴力的過激派のコンテンツのオンラインでの拡散に対抗するための業界横断的な取り組みに取り組んでいます。

こうした取り組みは、2019年3月にニュージーランドのクライストチャーチで発生したモスク銃撃事件と、犯人のライブストリーミング映像のバイラルな拡散を受けて、政府、テックプラットフォーム、市民社会団体がコミットした「クライストチャーチ行動要請」と連動して発展してきました。クライストチャーチ・コールに加えて、ハイテク企業は、オンライン上のテロリストや暴力的過激派のコンテンツを排除するための業界の取り組みを支援することを目的とした9項目の計画に署名しました。2019年9月、ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相とフランスのエマニュエル・マクロン大統領が主導した国連総会のサイドイベントで、設立企業は、GIFCTがテクノロジー、テロ対策、オペレーションの各専門チームを擁する独立した501(c)(3)としてスピンオフすることを発表しました。

新たに独立した組織の活動の指針となるのは、4つの基礎的な目標です。

1. テロリストや暴力的過激派による自社プラットフォームの悪用を防止し、対応するためのプロセスとツールを、独立して、あるいは共同で、幅広いテクノロジー企業に提供する。
2. テロリストや暴力的過激派によるインターネットの悪用について、複数の利害関係者の関与を可能にし、利害関係者がGIFCTのミッションに沿った重要なコミットメントを果たすよう促す。
3. オンラインでの市民的対話を促進し、テロリストや暴力的過激派のメッセージに代わる前向きなメッセージを発信する努力を後押しする。
4. テロリストや暴力的過激派の活動とその進化について、オンラインとオフラインの活動の交錯を含め、幅広い理解を促進すること。

About

Print Friendly, PDF & Email
Previous 人権NGOによるGIFCTへの連名の手紙