Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(EDRi)欧州委員会、EU全域の警察データ共有スキームに顔認識機能を追加する提案を急遽発表

以下はEDRiの記者発表


欧州委員会は、EU全域の警察が顔認識画像やその他の機密データを自動的に共有することを「効率化」するための提案を提出した。「効率化」のために、国家の過剰な介入や権威主義的な大量監視から、私たち全員を守るための重要な保護措置が放棄されることになる。

本日、2021年12月8日、欧州委員会は、新たな安全保障連合パッケージの一環として、プリュムの枠組みthe Prüm frameworkを拡大する提案「Prüm II」を発表した。当初のPrüm決定は、EUの警察当局の間でのDNA、指紋、車両登録データの交換を規制するものである。

欧州委員会がこれまでのところ、EU法で義務づけられている既存のPrüm決定の必要性と比例性に関する十分な証拠を提示していないことから、EDRiは、この枠組みを拡大する提案は時期尚早であると警告している

憂慮すべきPrüm IIの提案

こうした状況にもかかわらず、マルガリティス・シーナス欧州生活促進担当委員the Commissioner for Promoting our European Way of Lifeが本日発表した提案は、国境を越えた犯罪に対処するための協力促進を目的として、プリュムの枠組みの下でEUの法執行機関に与えられている権限を拡大しようとするものである。これには、顔認識や警察記録の共有を目的とした顔画像の共有に関する新たな規定が含まれる。また、この提案では、顔、指紋、DNAデータ、車両登録データ、警察記録など、個人的な(そして多くの場合、非常にセンシティブな)データの国境を越えた共有をさらに自動化している。

この自動化によって、私たちのセンシティブなデータを他国の警察と共有する正当な理由がある場合にのみ共有するとした手続き上および司法上の重要なセーフガードが明確に取り除かれることになる。また、今回の提案では、ユーロポールの役割が強化されているが、これは、EU域外の容疑者のセンシティブなバイオメトリックデータが、明確な保護措置なしにユーロポールの範囲に含まれることを意味している。

差別を助長する危険性

Prüm II提案におけるPrümの枠組みの拡大は、法執行機関のデータベースが人種的に疎外されたコミュニティに対する既存の差別的な影響を増幅させる危険性もある。というのも、その構成と使用が、これらのグループに対する監視、強制的措置、虐待的な取り締まりの強化につながることが多いからだ。警察の記録が加わることで、これらの過剰な取り締まりが強化される可能性が高い。ベルギーのBNGシステムフランスのPASPシステムのような全国の警察データベースに含まれる情報は、噂話や伝聞が多く、正確性や正当性に欠ける。

生体情報を利用した大量監視の動機付け

欧州委員会は、提案されている顔認識への拡大は、人工知能を使用せず、リアルタイムではなく、「公共の場にいる大人数の人物」を特定するものではないと主張している。しかし、EDRi独立した研究者、65以上の市民社会団体からなるReclaim Your Face連合が、顔画像データベースがバイオメトリックな集団監視の実践に道を開く可能性があることを証明していることを考えると、この顔データを含む拡大案は特に問題である。欧州委員会は、既存のPrüm規則の下ですでに豊富な個人データにアクセスしているにもかかわらず、深刻なリスクに対処することなく、さらに多くのデータへの即時アクセスを可能にしようとしている。

EDRiの政策アドバイザーであるElla Jakubowskaは、次のように警告している。

「私たちの顔は私たちのアイデンティティの中心であり、顔認識は私たちのプライバシーと匿名性を永遠に消し去る能力を持っています。基本的権利が脅かされていることを考えると、欧州委員会が、バイオメトリクスによる集団監視を容易にするような方法で、警察が私たちの顔や体に関する非常に機密性の高いデータを共有する際に、監視や精査を回避することを可能にする変更を提案することは、極めて危惧されます。」

Prüm IIは、顔データを含めることで、これまでコミュニティに対して大規模な顔認識を行わないことを選択してきた加盟国に、監視インフラとデータベースの配備を開始するよう促す可能性さえある。

EDRiのメンバーであるBits of FreedomのポリシーアドバイザーであるLotte Houwingは、オランダは、警察が国家規模で生体認証データベースを維持するのに苦労している一例であると説明している。

「オランダは、法執行機関のデータベースにおけるセンシティブなバイオメトリックデータのシステム的な誤用の明確な例を示しています。オランダ警察の顔認識データベースには、何万人もの人々が誤って含まれています。今年になってようやく、2010年以降に不正にデータベースに登録された21万8,000枚の写真が削除されましたが、さらに何人の不正に登録された顔が残っているのかは不明です。これは、非常にセンシティブな生体情報を含むデータベースが、国家規模でどの程度誤って管理されているかを示しています。これらのデータベースへのアクセスが欧州規模になったときの潜在的な弊害を想像してみてください。」

背景

現行のPrüm決定(2008/615/JHAおよび2008/616/JHA)は、指紋、車両登録データ、DNAに関連する個人のアイデンティティに関する情報を、EUの警察間で共有することを可能にする一連の法律である。「ヒット」した場合には、関連する個人データの共有が可能となる。2020年10月6日、EDRiは、Prümフレームワークの下での自動データ交換強化の計画に関する欧州委員会のコンサルテーションに回答を提出した。この計画には、データの共有を「迅速化」、「促進」、「可能にする」ための6つの方策が含まれていた。EDRiは、2021年3月24日に行われた欧州委員会のその後の公開コンサルテーションに対して、さらにフィードバックを提出した。

出典:2021/12/8 2021/12/9 Press release: European Commission jumps the gun with proposal to add facial recognition to EU-wide police data sharing scheme

Print Friendly, PDF & Email
Tags:
Previous (アムネスティ)米国/英国。「ジュリアン・アサンジの米国送還が安全でないことを認識しない控訴審「正義の茶番劇」
Next (EFF)警察の空中監視は、私たちの抗議活動の能力を危険にさらす