Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(EFF)ハイテク警察による抗議と活動の監視―2020年を振り返る

ハイテク警察による抗議と活動の監視。2020年を振り返る
BY MATTHEW GUARIGLIAD 2020年12月25日
監視カメラ
今年の夏に行われた警察の暴力に反対する黒人主導の抗議運動は、米国史上最大の政治運動の一つであり、それに伴い、活動家やデモ参加者を狙った政府の監視技術が大規模に拡散した。

surveillance cameras spying on protestors

EFFは30年前から監視されずに抗議する権利を求めて立ち上がってきたが、今年も例外ではなかった。EFF事務局長のシンディ・コーンが今年初めに書いたように、「EFFは警察による殺人事件の犠牲者を悼む地域社会とともに立ち上がる。私たちは、パトカーに押し倒される抗議者たちの味方です。私たちは、これらの残虐行為を報道している間に手錠をかけられたり、発砲されたりしているジャーナリストたちの立場に立ちます。カメラや携帯電話 デジタルツールを 使っている人たちにも立ちます。真実から目をそらすことはできない」

そして私達は抗議者と共に立ち、活動家に法的支援を提供することで、訴訟による支援を提供した。抗議者のための監視に対する自己防衛教育を通じて、警察を撮影する権利を再確認し、最新の監視技術を分析し、現場の人々が知り、理解するためのツールを提供することで、地元の警察が活動家をスパイするためにどのような機器を使用しているかを知ることができる。

私たちは、自分たちの裏庭で抗議デモの警察の監視を発見したことさえある。サンフランシスコ警察(SFPD)と、地域に数百台の監視カメラを設置しているユニオン・スクエア業務改善地区との間の通信を見るために、公文書情報公開を利用して、私たちは、SFPDがデモ参加者を監視するために400台以上のカメラにライブでアクセスできるようになっていたことを明らかにした。サンフランシスコには、監督委員会の承認なしに警察が新たな監視装置にアクセスすることを禁止する条例があるため、EFFは現在、この法律に違反しているとして市を相手取り訴訟を起こしている活動家の代理人を務めている。これは、地方自治体のCCOPS(community control of police surveillance警察監視のコミュニティ・コントロール)条例を施行するための国内初のテストケースとなるかもしれない。

警察が抗議活動をスパイする場合、デモや集合して抗議する憲法上の権利を行使している人々を追跡し、特定し、監視するために、自由に使える多くの監視ツールを持っている。2020年には、記者、公民権擁護者、現場にいる人々が、空からの監視ソーシャルメディアの監視その他多くのものを政府が使用していることが記録された。ウォール街占拠せよやBlack Lives運動が主導した2015年のデモに対する政府の監視と同様に、地方、州、連邦政府の法執行機関が主催者を監視する無数の方法すべてを知るには、何年もかかるかもしれない。

抗議、集会、結社の権利は民主主義の礎である。人々が政治システムや公共圏への参加に対する当局からの報復を合法的に恐れている場合、この権利は損なわれる。抗議活動におけるデジタル監視、そして人々のオンライン活動の継続的な監視は、これらの権利に対する深遠な脅威である。EFFは何十年もの間、街頭やオンラインで抗議者を立ち上がらせてきた–2020年も例外ではなかった。2021年も人々が街頭に出ていく中で、私たちは引き続き彼らを支援していく。

この記事は、「イヤー・イン・レビュー」シリーズの一部です。2020年のデジタル権利の闘いについての他の記事もお読みください。

出典:https://www.eff.org/deeplinks/2020/12/high-tech-police-surveillance-protests-and-activism-year-review-2020

付記:下訳にhttps://www.deepl.com/translatorを使用しました。

Print Friendly, PDF & Email
Previous (EFF)COVID-19と監視技術―2020年を振り返る
Next (EFF)米国政府は金融監視の範囲を拡大するために暗号通貨を標的にしている