Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(EFF) Am I FLoCed? Googleの侵略的実験を検証する新サイト

以下は、EFFによるGoogleのFLoCへの批判とAm I FLoCed?というサイト開設の記事です。このAm I FLoCed?のサイトにアクセスすると、自分のブラウザがGoogleのFLoCの実験台にされているかどうかを確認できます。現在(5月中旬の日本)では、実験対象はかなり少ないと思われますが、本格稼動するとたぶんすべてのGoogel Chromeに実装されることになるかと思います。

Spying eye with Chrome logo, blinking

Am I FLoCed? Googleの侵略的実験を検証する新サイト
by andrés arrieta april 9, 2021

本日、わたしたちはAm I FLoCed?と呼ばれる Googleの侵略的実験を検証する新サイトを立ち上げました。このサイトでは、あなたのChromeブラウザが、Googleの最新のターゲット広告実験であるFederated Learning of Cohorts(FLoC)のモルモットになっていないかどうかを確認できます。被験者になっている場合は、訪問するすべてのウェブサイトで、ブラウザがどのようにあなたのことをしているかを教えてくれます。「Am I FLoCed」は、グーグルを含むアドテクノロジー業界の侵略的な慣行を明らかにする取り組みのひとつで、ハイテク企業にとってどれだけ利益になるかにかかわらず、私たちのプライバシー権が尊重される、すべての人にとってより良いインターネットを作ることができると期待しています。

FLoCは、実施すべきではないひどいアイデアです。GoogleのFLoCの実験は、また深刻な欠陥もあります。Am I FLoCedのサイトが、Chromeの未来がどこに向かっているのか、そしてなぜそうすべきでないのかについて、あなたの認識を高めてくれることを願っています。

FLoCは、Chromeでの閲覧履歴のほとんどを取得し、それを分析してユーザーをカテゴリーまたは “cohort “に割り当てます。このIDは、ユーザーが訪れたウェブサイトで要求された場合に送信され、Googleが考えるユーザーの特徴を伝えることになります。当面、このIDは毎週変更されるため、あなたの閲覧習慣の変化に応じて、あなたに関する新しい情報がリークされることになります。より詳しい説明はこちらをご覧ください。

このIDは変更されるため、その変更を確認するためには、頻繁にhttps://amifloced.org にアクセスする必要があります。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

「プライバシーは死んだ」という誤った主張がマーケティングキャンペーンに過ぎないことに気付いたユーザーは、オンライン上のプライバシーを尊重することを大企業に要求するようになりました。プライバシー侵害によって利益を得る立場にある最大のプレイヤーは、行動ターゲティング業界の人々です。

一部の企業や組織は、ユーザーの要望に耳を傾け、その慣行の一部を改善し、ユーザーに対してより多くのセキュリティとプライバシーの保証を与えています。しかし、ほとんどはそうではありません。行動ターゲティング業界は、GoogleやFacebookを筆頭に、聞いたこともないような名前のデータブローカーが、人々に関する複雑な知識を売り物にしています。

これらの企業が個人を特定する最も一般的な方法は、「クッキー」を使ってインターネット上のすべての動きを追跡することです。これは、トラッキング会社が、できるだけ多くのサイトにトラッキングクッキーをインストールするよう説得することで実現しています。しかし、「Privacy Badger」のようなブラウザの拡張機能や、FirefoxやSafariなどのブラウザに搭載されているトラッキング保護機能によって、これは難しくなっています。さらに、プライバシーに関する法律強化されつつあります。このように、アドテック業界の多くは、サードパーティのトラッキング・クッキーの終わりが近いことを認識しています。

旧来の方法に固執する企業がある一方で、サードパーティのCookieを使わずにユーザーを追跡し、個人情報を収益化する新しい方法を模索している企業もあります。これらの企業は、マーケティングに「プライバシー」という言葉を使い、自社のソリューションがユーザーや市場にとってより良いものであると、ユーザーや政策立案者、規制当局を説得しようとします。あるいは、他のソリューションがより悪いと主張し、ユーザーが “悪い “か “より悪い “かのどちらかを選択しなければならないという誤った印象を与えるでしょう。

しかし、私たちのデジタルの未来は、ある業界がプライバシー侵害から利益を得続けるものではなく、私たちの権利が尊重されなければなりません。

グーグルの提案

Googleは、最近のブログでFLoCテストの開始を発表しました。そこには、この恐ろしいアイデアを、プライバシーに配慮した試みのようにねじ曲げるための、たくさんの精神鍛錬が書かれています。

最も気になるのは、FLoCのコホートは、個人としてのあなたをベースにしていないという考え方です。実際には、FLoCはあなたの詳細でユニークな閲覧履歴を使って、あなたをコホートに割り当てているのです。コホートに含まれる人数は、広告主にとって有益なように調整されており、Googleの調査によると95%の効果があるとのことです。つまり、コホートは、プライバシーに関してクッキーよりもわずかに改善されているということでしかありません。

FLoCは、顧客の詳細な閲覧履歴を共有しないかもしれません。しかし、私たちは、「あなたのデバイスに入っているからプライベートなもの」という考え方を拒否します。もしデータが、あなたに関する何かやあなたが誰なのか、そして、あなたをどのようにターゲットにできるのかを推測し、そして他のサイトや広告主とデータを共有するのであれば、それは全くプライベートではありません。

また、Google Syncは、デフォルトで有効になっている場合、すでにChromeの詳細な閲覧履歴をGoogleと共有していることを忘れてはなりません。

FLoCの唯一の目的は、ユーザーの選択を曖昧にしたまま、監視資本主義の現状を維持することです。これにより、「Googleの慈悲」とインターネットへのアクセスへの依存性がさらに強固になります。グーグルは私たちの友好的な大企業であり、彼らの方がよく知っていて、私たちはインターネットが生き残るためのパン屑と引き換えに自分たちの権利を放棄すべきだという誤った信念です。

Googleは、「FLoCを使えば、ウェブサイトを閲覧する際に匿名性を保つことができ、パブリッシャーが大規模なグループ(コホートと呼ばれる)に関連性のある広告を提示できるようにすることで、プライバシーを向上させることができる」といった根拠のない発言もしていますが、私たちが知る限り、FLoCはいかなる方法でもあなたを匿名にすることはできません。匿名にするという難しい問題にきちんと対処できているのは、Torのようなごく一部のブラウザだけです。FLoCでは、ブラウザはサイトにあなたの行動について何らかの事を伝えています。Googleは、ユーザーを広告用のコホートに分類することと「匿名性」を同一視することはできません。

この実験は無責任で、ユーザーに反感を抱かせるものです。FLoCは、プライバシーに関するわずかな改善しかなく、問題が山積しているにもかかわらず、適切な通知も、オプトインによる同意も、意味のある個別のオプトアウトも行わずに、世界中の何百万人ものユーザーに展開される予定です。

これは、単なるChromeの実験ではありません。これは、Chromeの実験の一つではなく、ブラウザと、人々がデータを搾取される仕組みを根本的に変えるものです。このような反発、懸念、問題があったにもかかわらず、Google社が警告を無視することを選択したという事実は、Google社が私たちのプライバシーに関してどのような立場にあるのかを物語っています。

Am I FLoCed?を試してみる→https://amifloced.org/

https://www.eff.org/deeplinks/2021/04/am-i-floced-launch

Print Friendly, PDF & Email
Previous 東京オリンピックと顔認証(リンク集)
Next Sheikh Jarrah:FacebookとTwitterが組織的に抗議活動を封じ込め、証拠を削除