Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(EU プレスリリース)EDPBとEDPS、公共のアクセス可能な空間で人の特徴を自動認識するためのAIの使用、および不当な差別につながる可能性のあるその他のAIの使用の一部を禁止するよう求める

2021年6月21日 欧州データ保護会議(EDPB)

欧州データ保護会議(EDPB)とヨーロッパのデータ保護のスーパーバイザー(EDPS)は、欧州委員会の「人工知能(AI)に関する調和のとれた規則を定めた規則の提案」に対する共同意見を採択した。

EDPBとEDPSは、EUの機関・団体・組織によるAIシステムの使用を含め、EU内でのAIシステムの使用に対処するという目的を強く歓迎する。その一方で、EDPBとEDPSは、提案の範囲から国際的な法執行協力が除外されていることに懸念を抱いている。

また、EDPBとEDPSは、既存のEUデータ保護法(GDPR、EUDPR、LED)が、AI規則案の範囲に該当する個人データの処理に適用されることを明確にする必要性を強調している。

EDPBとEDPSは、本提案を支えるリスクベースのアプローチを歓迎する一方で、「基本的権利に対するリスク」の概念をEUデータ保護の枠組みに合わせるべきだと考えている。EDPBとEDPSは、個人のグループに対する社会的リスクも評価し、緩和すべきであると提言している。さらにAIシステムが高リスクであると分類されても、それ自体が必ずしも合法的でユーザーがそのように導入できることを意味しないという提案に同意している。また、EDPBとEDPSは、個人データ保護を含むEU法に起因する法的義務の遵守を、CEマーク付き製品として欧州市場に参入するための前提条件とすべきであると考えている。

公共のアクセス可能な空間における個人の遠隔生体認証がもたらす極めて高いリスクを考慮して、EDPBとEDPSは、公共のアクセス可能な空間において、顔、歩行、指紋、DNA、音声、キーストローク、その他の生体信号や行動信号の認識など、いかなる状況においても人間の特徴を自動認識するためにAIを使用することを全面的に禁止することを求めている。同様に、EDPBとEDPSは、基本権憲章第21条で差別が禁止されているエスニシテイ、ジェンダー、政治的または性的指向、その他の理由に基づいて個人をクラスターに分類するためにバイオメトリクスを使用するAIシステムの禁止を推奨している。さらに、EDPBとEDPSは、自然人の感情を推測するためにAIを使用することは極めて望ましくなく、患者の感情認識が重要な一部の健康目的などの極めて特定された場合を除き、禁止されるべきであると考える。また、あらゆる種類の社会的スコアリングのためにAIを使用することも禁止されるべきであると考える。

EDPB議長のAndrea JelinekとEDPSのWojciech Wiewiórowskiは、次のように述べている。「公共のアクセス可能な空間に遠隔生体認証を導入することは、そのような場所での匿名性の終焉を意味します。ライブの顔認識などのアプリケーションは、基本的な権利や自由を侵害し、その本質が問われることになります。このため、予防的アプローチを直ちに適用する必要がある。自由を守り、人間を中心としたAIの法的枠組みを作りたいのであれば、公的にアクセス可能な場所での顔認証の使用を一般的に禁止することが必要な出発点となります。また、社会的なスコアリングのためにAIを使用することは、EUの基本的価値観に反し、差別につながる可能性があるため、規制案ではあらゆるタイプの使用を禁止すべきです」と述べている。

EDPBとEDPSはさらに、提案がEDPSをEUの機関、エージェンシー、団体の監督のための管轄権を有する機関および市場監視機関として指定していることを歓迎する。しかし、EDPSの役割とタスク、特に市場監視当局としての役割に関しては、さらに明確にされるべきである。

EDPBとEDPSは、基本的権利の保護、より具体的にはデータ保護の権利を保証するために、データ保護当局(DPA)がすでにGDPRと個人データを含むAIシステムに関するLEDを施行していることを想起する。その結果、DPAを国の監督機関に指定することで、より調和のとれた規制アプローチが確保され、EU全体でデータ処理規定の一貫した解釈に貢献することになる。したがって、EDPBとEDPSは、この新しい規制の円滑な適用を確保するために、提案の第59条に従ってDPAを国家監督機関に指定すべきであると考えている。

最後に、EDPBとEDPSは、「欧州人工知能委員会」(EAIB)において欧州委員会が主要な役割を担うことに疑問を呈している。これは、政治的影響力から独立した人工知能の欧州機関の必要性と矛盾するからである。EAIBの独立性を確保するために、提案ではEAIBにより多くの自治権を与え、EAIBが独自に行動できるようにすべきである。

編集者への注記
EDPB総会で採択されたすべての文書は、必要な法律上、言語上、フォーマット上のチェックを受けており、これらのチェックが完了次第、EDPBのウェブサイトで公開されますので、ご了承ください。

EDPB_Press Release_statement_2021_05

出典:https://edpb.europa.eu/news/news/2021/edpb-edps-call-ban-use-ai-automated-recognition-human-features-publicly-accessible_en

付記:下訳にhttps://www.deepl.com/translatorを用いました。

Print Friendly, PDF & Email
Previous (EDRi)ドイツとオランダで盛んな生体情報を利用した集団監視
Next 欧州委員会の人工知能に関する規制案に対するAlgorithmWatchの応答 – 大きなギャップのある大きな一歩