Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

(EFF)COVID-19とデジタルの権利

以下は米国の電子フロンティア財団のサイトから飜訳しました。

私たちのデジタル権利の多くは、COVID-19の影響を受けている。EFFはこれまで以上に、テクノロジーが世界中のすべての人々の自由、正義、革新を支えることを保証することに専念している。

監視 世界中の政府は、ウイルスの拡散を食い止めるために、並外れた新しい監視権限を要求している。しかし、これらの権限の多くは、私たちのプライバシーを侵害し、言論の自由を阻害し、脆弱な集団に不公平な負担をかけることになっている。利害関係者に留意して、私たちは、政府により大きな監視権限を提供するような提案を分析する際に、3つの問いを提示する。こうした提案は、機能するだろうか? 過剰に私たちの自由を侵害しないだろうか? 十分なセーフガードはあるのか?別の諸提案は別の諸問題を提起しする。たとえば、

・私たちは、感染した人々を識別するための一般の人々への網羅的監視に反対する。これは、顔認識または赤外線画像ドローンテクノロジーによるモニタリングを使用した公共の場所での網羅的な監視カメラも含まれる。

・私たちは、GPS付の足枷または追跡アプリの強制的なダウンロードによるCOVID-19患者の監視的隔離に反対する。

・私たちは、テストで陽性反応となった人々の住所を含むCOVID-19公衆衛生データへの警察のアクセスに反対する。

・私たちは、試験結果証明する免疫パスポートに反対する。様々な場所に入るために人々が健康に関するデジタル証明(トークン)を提示するように要求するゲートキーピング・システムは、国家のデジタル識別へステップが危惧されるものだ。

・私たちは、COVID-19の感染者と家族へのU.S. Department of Health and Human Servicesによる監視の拡大に反対する。

・私たちは、電話位置データに基づいた自動化された接触追跡に反対する。これは、2人の人々がいつウイルス感染するのに十分なだけ近くにいたかを識別するには精度が低いが、私たちがいた場所や私たちが何をしていたかを暴露する機能は果してしまう。

・Bluetoothの近接性は、これまでのところCOVIDの自動追跡に最も有望なアプローチである。しかし、どのアプリも、広範なテストインタビューベースの接触追跡がなければ機能しない。どのようなアプリも、厳格なセキュリティテストとデータの最小化が必要である。誰も使用を強制されるべきではない。

・公衆衛生上の意思決定を通知するために位置情報を集約したデータを使用するためには、厳格なセーフガードが必要である。

COVID-19時代の企業もまた、政府とのパートナーシップを通じて消費者データの新たな宝庫を手に入れ、職場を監視する新技術を開発している。私たちは、政府と企業から私たちのデータプライバシーを保護するための新しい法律必要としている。

言論の自由 COVID-19に関するアイデアの自由な流れは非常に重要だ。これには、封じ込めの努力についての匿名の内部告発、危機に対する政府の対応に対するオンラインでの批判、そして獄中での感染発生を世界に伝えるためのソーシャルメディアへの受刑者のアクセスが含まれる。政府は必然的に、ウイルスに関する誤情報を検閲するために、新たな権限を乱用することになる。人間のモデレーターが安全に出勤できないこともあって、オンライン・プラットフォームは自動化されたコンテンツ・モデレーションへの依存度を高める場合、こうしたモデレーションの「決定」は、一時的なものであって透明性があり、容易に異議申し立てできるものでなければならない。プラットフォームは、透明性と説明責任のあるコンテンツのモデレーションのために、サンタクララの原則(訳注)を考慮に入れるべきである。私たちは、公衆の抗議に関する言論を制限するFacebookの計画で問題を抱えることになっている。

(訳注) 下記を参照: 「電子フロンティア財団、SNSのユーザー投稿削除に至る判断プロセス透明化を求める。独自にガイドライン策定」https://japanese.engadget.com/jp-2018-05-08-sns.html

イノベーション 新しい技術やアイデアは、公衆衛生の危機に対処するのに役立つ。私たちは、ウイルスについての科学的な知識への自由でオープンなアクセスを持たなければならない。関与しようとする者が医療機器修理することができ、修理マニュアルにオンラインで簡単にアクセスできるようにしなければならない。医療技術のオープンなイノベーションは、命を救うことになる。連邦政府は、特許トロール(訳注)がCOVID-19の検査と治療を危険にさらすのを阻止するようにその力を行使すべきであり、この健康危機に関連する技術の特許期間を延長すべきではない。

(訳注) 自らが保有する特許権を侵害している疑いのある者(主にハイテク大企業)に特許権を行使して巨額の賠償金やライセンス料を得ようとする者を指す英語の蔑称で、その多くは、自らはその特許を実施していない(特許に基づく製品を製造販売したり、サービスを提供したりしていない) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB_

万人のためのネットワーク回線 社会的な距離が離れているために、私たちの多くがインターネットに多くの時間を費やすようになっていル。しかし、すべてのアメリカ人が高速で競争力のある価格でインターネットアクセスができているわけではない。EFFは、すべての人のためのより良いブロードバンド構築力を倍増させる連邦法州法を提唱している。皆さんもこれらの法案を支持するために行動起こすことができる。

政府の透明性 ウイルスに関する政府の意思決定は透明でなければならない。政府が社会的距離を置く目的で、意思決定を行う物理的な空間を一時的に閉鎖する場合、政府は議論の放送など、新たな透明性を確保する措置を採用しなければならない。この公衆衛生の危機の間、公文書開示要求への政府の対応が遅くなるかもしれないが、感染の発生は、情報公開を完全にシャットダウンする言い訳にはならない。

オンラインでの生活が増えること 私たちは、書籍へのより良いオンラインアクセスを必要としている。在宅勤務や通信教育を可能にするために、より多くのオンラインツールに依存しているため、インターネットユーザーは、例えば、オンラインミーティングツールの使用、オンライン相互扶助活動の組織化、コロナウイルスフィッシングの回避などについて情報に基づく意思決定のために、監視に対する自己防衛の知識を更新する必要がある。自宅のオフィスでのマウスクリックを盗み見する「ボスウェア」や、自宅で試験を受けなければならない学生を不正に監視する試験監督アプリなどからの保護を強化する必要がある。ミュージシャンはCOVID-19で実際に経済的ストレスを受けているが、著作権侵害の疑いを識別する強制的な自動フィルターは、その解決策ではない。

COVID-19の間の抗議 パンデミック中でデモに参加する人々は、監視から自衛するための特別な予防措置を取るべきだ。抗議者を捜査する警察は、COVID-19の公衆衛生情報にアクセスすべきではない

私たちの活動を支援してください 5月4日まで、私たちの著作を含む電子書籍『EFF’s Guide to Digital Rights and the Pandemic』を寄付してダウンロードすることができます。EFFのバーチャルな背景を使ったビデオ通話でデジタル著作権への支持を示すこともできますし、バーチャルな「EFFと家で」イベントを見ることで、より多くのことを学ぶことができます。

出典:https://www.eff.org/issues/covid-19

下訳にhttps://www.deepl.com/translatorを用いました。

Print Friendly, PDF & Email
Previous (EFF)侵略的で秘密裏に労働者を追跡する「ボスウェア」の内幕