Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

CDT、GPD、インターネット・ソサイエティは、時代遅れの暗号化バックドアの主張を認めない

CDT、GPD、インターネット・ソサイエティは、時代遅れの暗号化バックドアの主張を認めない
2020年10月13日

先週末、「ファイブアイズ」諜報機関の同盟メンバー国とインドと日本の法執行当局者は、時代遅れの議論を繰り返しながら、法執行当局が例外的にアクセスできるように、暗号化されたデバイスやサービスのバックドアを作成するよう、企業に呼びかけた。グローバル暗号化連合の運営委員会のメンバーであるインターネット・ソサエティ、グローバル・パートナーズ・デジタル、民主主義&テクノロジーセンター(CDT)は、以下の共同声明を発表した。

ファイブ・アイズ(+)の声明は、エンド・ツー・エンドの暗号化通信の使用を弱体化させようとする長年にわたる無策な試みに新たに追加されたもので、世界中の人々や国のセキュリティに壊滅的な結果をもたらすであろう。今回、ファイブアイズに日本とインドの政府も参加したが、彼らの立場は暗号化の技術的現実とは相変わらず相容れない。

エンド・ツー・エンドの暗号化は、送信者と受信者の間の通信の秘密を保持する。この方法では、サービスを提供する企業を含め、第三者が通信にアクセスすることはできない。暗号化はまた、コンピュータ、携帯電話、その他のデジタル機器に保存されている情報を保護し、機器が紛失したり盗まれたりしても、機器の情報を確実に保護するのに役立つ。

公共の安全は、プライバシーやサイバーセキュリティを損なうことなく守ることができるが、暗号化を弱体化させることはできない。善人だけがアクセスでき、悪人にはアクセスできない暗号化バックドアは存在しない。法執行機関が使用するシステムやデバイスに設置された同じバックドアが犯罪者に悪用される可能性があり、そのサービスを利用しているすべての人が被害を受ける危険性が高くなり、ユーザーの安全性が低下する。企業にバックドアの構築を強制したり、製品やサービスにエンドツーエンドの暗号化を導入しないようにすることは、すべてのユーザーの安全をより大きなリスクにさらすことになる。

COVID-19に対抗するための公衆衛生対策により、そのリスクはこれまで以上に高くなっている。個人が日常生活を送る上で、インターネットを利用した通信への依存度が高まっている。人々は、友人や家族との接続に加えて、銀行取引、遠隔医療、オンラインでの購入を保護するために暗号化に頼っている。また、エンドツーエンドの暗号化は、「抑圧国家において、ジャーナリストや人権擁護者、その他の脆弱な人々を保護するために重要な役割を果たしている」と、ファイブアイズ(+)は声明の中で述べている。

人々がこれまで以上にデジタルセキュリティを必要としている今、政府はエンドツーエンド暗号化を、何十億人もの人々の個人のセキュリティと世界各国の国家安全保障を確保するための最も効果的な方法として支持すべきだ。

https://www.globalencryption.org/2020/10/cdt-gpd-and-internet-society-reject-time-worn-argument-for-encryption-backdoors/

下訳にhttps://www.deepl.com/translatorを用いました。

Print Friendly, PDF & Email
Previous (EU)オンラインでのテロコンテンツに関する規制案に関する市民社会団体を代表しての公開書簡
Next 公開書簡。犯罪行為を防止しつつプライバシーを守るための市民社会の見解