Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

Big Techが自社のプラットフォームだけでなく、インターネット全体を収益化する方法

以下のブログを訳しました。

投稿日:2020年10月29日 by プロトンチーム

An illustration of how Big Tech companies monetize their users.

お金を払っていない人は、自分が商品であるということわざがある。FacebookやGoogle、Twitterのユーザーであれば、自分を顧客と考えるのは簡単だ。しかし、これらの魅力的でユーザーフレンドリーなサービスを無料で利用できるのには理由がある。

これらの企業は、あなたをスパイし、収集したデータに基づいてあなたのキャラクタープロファイルを構築し、プラットフォームが収集した精密なデータから金や票を得ることを望む広告主にあなたの関心事を売ることで金を稼ぐ。あなたのブラウザやアプリのウィンドウに、これまで以上にターゲットを絞った広告を配信するために、彼らの収益モデルではあなたに関してどのようなことが可能なのかについて、できる限り多くのことを学ぶことが必要だ。

彼らが、あなたについて多くのこと―住所、職業、好きな音楽など―を知れば知るほど、彼らはより効果的にあなたに表示される広告をパーソナライズすることがでる。

今では、こうしたことはほとんどは常識となっている。しかし、ほとんど議論されていないのは、彼らが自分たちのプラットフォームを超えてインターネットの他の部分に影響力を広げる方法があり、そうすることで、各ユーザーから得られる金額を最大化しているということだ。

ビッグテックの利益が爆発的に増加している

多くの人は、このような便利なサービスを利用するためには、プライバシーを犠牲にするのは当然のことだと考えているようだ。しかし、利用していなくても、これらのサービスがプライバシーを侵害していることに気づいている人は少ない。

ProtonMailの新しい分析によると、Facebookの広告収入は2010年以降、ユーザー数が310%しか増えていないにもかかわらず、3,600%も跳ね上がっている。

(下図:Facebookのユーザー数の増加にFacebookの収益の増加を比較したチャート)

A chart that compares the increase in Facebook revenue to the increase in Facebook users

Facebookは2019年にユーザー1人当たり27ドルの利益を上げ、ソーシャルメディア企業の中で最大の収入増を記録しているが、Googleはユーザー1人当たり67ドル以上の利益を得ている。

グーグルの総広告収入は2010年から380%増加しており、その結果、グーグルは2019年だけで1340億ドルを稼いだことになる。FacebookもGoogleも、この点ではTwitter(ユーザー1人あたり9ドル)、Snapchat(ユーザー1人あたり7ドル)、Pinterest(ユーザー1人あたり2ドル)などのライバルよりもかなり勝っているが、いずれも広告収入のためにユーザーデータをマネタイズ(貨幣化)している。

(下図:Facebook、Twitter、Snapchat、Pinterestがユーザー1人あたり年間どれくらいの収益を上げているかを示したグラフ。)

A graph illustration how much revenue Facebook, Twitter, Snapchat, and Pinterest make per user annually.

ここで興味深いのは、新規ユーザー数の伸びが比較的緩やかであるにもかかわらず、ビッグテック企業は前年比で莫大な利益を計上していることだ。

ビッグテックはどこでもあなたを追跡している

これをどのように実現したかについての大きな手がかりは、Facebook Audience Network(FAN)プラットフォームのようなスキームにある。2014年に開始されたこの新しい収益モデルは、モバイルユーザーをターゲットにしたもので、Facebookの収益が2013年の1ユーザーあたり5.69ドルから2015年には10.73ドルに急増した。

FacebookのAudience Network、GoogleのAdMob、TwitterのMoPubは、新規ユーザーの数が必然的に減少する中で、将来的に利益を確保するためのビッグテックのソリューションだ。これらのプラットフォームは、単に自社のアプリやサイトにより多くの広告を投入するのではなく、自社のエコシステム(注)の外にまでこれらの企業のリーチを拡大する。(注:エコシステム 経営・IT分野の新語。複数の企業が商品開発や事業活動などでパートナーシップを組み、互いの技術や資本を生かしながら、開発業者・代理店・販売店・宣伝媒体、さらには消費者や社会を巻き込み、業界の枠や国境を超えて広く共存共栄していく仕組み。)

例えば、Facebook Audience Networkは、Facebookの広告をコンテンツに有機的に統合するモバイルアプリのネットワークだ。つまり、モバイルゲームをプレイしているときやMailOnlineでニュースを読んでいるときに、Facebook内部の広告を表示するために使用されているのと同じターゲティングアルゴリズムを使用したFacebook広告が表示される可能性があるということだ。

おそらくさらに重要なのは、あなたがアプリやこれらのアプリ上の広告と対話する方法がFacebookにフィードバックされ、同社があなたについて保持している広告プロファイルにデータポイントとして追加されることだ。

GoogleのAdMobやTwitterのMoPub(英語 日本語関連ページ)ネットワークも同様に動作し、モバイルアプリの大規模なネットワークを活用してユーザーのプライバシーを侵害し、パーソナライズされた広告であなたをターゲットにする。

利益のためにプライバシーを侵害することになると、Googleはまだ圧倒的に最大の稼ぎ頭であり、より伝統的なWorld Wide Web(ホームページの閲覧システムのこと―訳注)上でも巨大な存在感を保っている。そのAdSenseプラットフォームでは、ウェブサイトは、GoogleによるIPアドレス共有、ユーザーの場所,、製品の閲覧または購入などと引き換えに、自分のウェブサイトに表示されたターゲット広告から収益を得ることができる。

トラッキングはどこにでもある

AdSenseよりもさらに悪いのは、ネットサーフィンをしているときにウェブサイトを横断しているあなたの動きを追跡する「ソーシャルボタン」で、あなたがウェブ上のどこにいても見つけることができてしまう。例えば、Facebookの「いいね!」ボタンがあるウェブサイトを訪問するたびに、FacebookはユーザーID、訪問しているウェブサイト、訪問した日時、その他のブラウザ関連情報を受け取る。

Facebookにログインしていなくても、Facebookのユーザーでなくても、Facebookは、訪問しているウェブページの情報、訪問日時、その他のブラウザ関連情報を受け取る。Google、Pinterest、Twitter、Instagram、YouTubeなどのソーシャルボタンも同様の機能をもっている。

多くの人がサードパーティ製クッキーのプライバシーの危険性を認識して、ブラウザのプライバシー設定を利用して管理する人が増えてきたことで、サードパーティ製クッキーの効果が薄れてきている。あまり知られていないが、あなたを追跡する能力のこのギャップを埋めるために設計された卑劣なトリックがある。これには、トラッキングピクセル(FacebookTwitterGoogle が使用)、ブラウザの指紋(フィンガープリント)、キャンバスの指紋、HTML5 ウェブ(DOM)ストレージ、HTTP ETags などが含まれる。(注1)

オンラインでプライバシーを守る方法


ネットサーフィン中のあなたを追跡する方法は非常に多く、オンラインであなたのプライバシーを保護するための簡単な「ワンストップ」ソリューションはない。しかし、あなたのオンライン活動について収集されるデータの量を大幅に減らすことができる、かなり簡単な方法がいくつかある。

それらを使用していない場合は、ソーシャルメディアのアカウントからログアウト. 代わりに, FirefoxはFacebookコンテナを作成した。これは、Web上であなたを追跡することから、これらのサービスを防ぐために、ソーシャルメディアのセッションをサンドボックス化することができる。

●広告を表示するモバイルアプリの使用を避け、定期的にモバイルデバイスの広告主IDをリセットする。多くのサービスは、アプリを使わないでもモバイルサイトにブラウザからアクセスすることができる。

●電子フロンティア財団のPanopticlickを使用して、指紋採取を回避するためにブラウザを設定する方法を確認する。

ProtonVPNを使用して、ウェブサイトやアプリがあなたの本当のIPアドレスを知られないようにする。

●ブラウザでサードパーティのクッキーをブロックする。これは一部のウェブサイトを “壊す “ことにもなるので、代替オプションとして、高度なクッキー管理のためにブラウザ拡張機能でクッキーマネージャーを使用する。

●Privacy Badger、uBlock Origin、またはNoScriptなどのトラッキング防止ブラウザ拡張機能を使用する。

注1:フィンガープリント WebサイトがWebブラウザ側から取得できる属性値として、ブラウザの名称やバージョン、OS名、画面解像度、国や言語の設定などがある。これらは一つ一つは他の多くの閲覧者と共通しており(Windows 10利用者は世界に何億人もいる)、それ自体は個人や端末の固有性とは無関係だが、取得できる情報をすべてを組み合わせて一繋ぎのデータとすることで固有性が高まり、端末や閲覧者を高い精度で識別することができるようになる。IT用語辞典 http://e-words.jp/w/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88.html

注2:サンドボックス サンドボックスはシステム上に設けられた外部から隔離された領域で、通常と同じようにプログラムを実行することができる。ただし、通常は自由にできるストレージ上のファイルやディレクトリへのアクセス、外部とのネットワーク通信、実行中の他のプログラムとのデータのやり取り、操作や命令の実行などを厳しく制限され、動作に必要な最低限を除いて禁止されている(無効となる) 。これにより、プログラムにコンピュータウイルスなどのマルウェアが仕込まれ、システム上の他のプログラムやファイルなどへの感染や破壊、外部への漏洩などを試みてもこれを防ぐことができる。また、プログラムに不具合があり制御不能に陥っても、システムの他の部分に悪影響を及びすことなく安全に終了させることができる。 IT用語辞典 http://e-words.jp/w/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9.html)

Print Friendly, PDF & Email
Previous Timnit Gebru博士と共に立ち上がる – #ISupportTimnit #BelieveBlackWomen リアルチェンジのためのGoogleウォークアウト
Next どのようにしてGoogleを捨てるか