Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

Advancing Human Rights with Tor(Torで人権を推進する)

以下は、Tor Projectが主催しているPrivChatというオンラインセミナーの第3回。エドワード・スノーデンがホストをつとめました。出席者のプロフィールはPrivChatのサイトから。

https://www.youtube-nocookie.com/embed/S2N3GoewgC8

PrivChat #3 – Torで人権を推進する

Tor プロジェクト

2020年12月11日 @ 18:00 UTC

Torプロジェクトの主な使命は、フリーでオープンソースの匿名性とプライバシー技術を創造し、展開することで、人権と自由を促進することです。人々は私たちの技術、すなわちTorネットワークとTorブラウザを様々な方法で利用しています。Torは、不正行為についての情報(社会が知るべき重要な情報)を、身元を明かすことなく安全な方法を必要とする内部告発者に利用されています。Torは、権威主義的な政府に対抗し、人権を守るために戦う世界中の活動家に利用されています。

Torは、何百万人もの人々が、どのような特権を持っているか、持っていないかに関わらず、オンラインで自分自身を守ることを可能にしています。第3回目のPrivChatでは、実際にTorを利用しているユーザーの方々に、Torがどのように重要な役割を果たしてきたか、また世界中の人権と自由を守るためにどのような活動をしてきたかを語っていただきます。

December 11, 2020 @ 18:00 UTC The Tor Project’s main mission is to advance human rights and freedoms by creating and deploying free and open source anonymity and privacy technologies. People use our technology, namely the Tor network and Tor Browser, in diverse ways. Tor is used by whistleblowers who need a safe way to bring to light information about wrongdoing — information that is crucial for society to know — without sharing their identity. Tor is used by activists around the world who are fighting against authoritarian governments and to defend human rights, not only for their safety and anonymity, but also to circumvent internet censorship so their voices can be heard. Tor allows millions of people to protect themselves online, no matter what privilege they have or don’t have. For our third edition of PrivChat, we are bringing you some real-life Tor users who will share how Tor has been important for them and their work to defend human rights and freedoms around the world.

Host

Edward Snowden

President, Freedom of the Press Foundation

Edward Snowden is a US citizen, former Intelligence Community officer and whistleblower. The documents he revealed provided a vital public window into the NSA and its international intelligence partners’ secret mass surveillance programs and capabilities. These revelations generated unprecedented attention around the world on privacy intrusions and digital security, leading to a global debate on the issue.

報道の自由財団理事長

エドワード・スノーデンは、米国市民であり、元インテリジェンス・コミュニティの職員であり、内部告発者でもある。彼が公開した文書は、NSAとその国際的な諜報機関の秘密の大量監視プログラムとその能力を公開しました。これらの暴露は、プライバシー侵害とデジタル セキュリティについて、世界中でかつてないほどの注目を集め、この問題についての世界的な議論につながりました。

Photo by Barton Gellman.

Participants

Alison Macrina

Library Freedom Project 創設者

Alison Macrina is a librarian and the founder of Library Freedom Project, a community of practice for library workers living our values of intellectual freedom and privacy in the real world. Her work focuses on the ways that surveillance impacts library communities and the work of librarians, how surveillance relates to other social justice issues and intellectual freedom, and the power dynamics inside of our technologies. Alison and Library Freedom Project have been awarded the Free Software Foundation’s Award for Project’s of Social Benefit, Library Journal’s Movers and Shakers Award, the New York Library Association’s Intellectual Freedom Award, and the LITA/Library Hi Tech Award.

アリソン・マクリナは、図書館司書で、現実世界で知的自由とプライバシーの価値観を生きる図書館司書のための実践コミュニティであるLibrary Freedom Projectの創設者です。彼女の仕事は、監視が図書館のコミュニティや図書館司書の仕事にどのような影響を与え、監視が他の社会正義の問題や知的自由とどのように関係しているか、そして私たちのテクノロジー内部にある権力の力学に焦点を当てています。アリソンとLibrary Freedom Projectは、Free Software Foundation’s Award for Project’s of Social Benefit、Library Journal’s Movers and Shakers Award、New York Library Association’s Intellectual Freedom Award、LITA/Library Hi Tech Awardを受賞しています。

Berhan Taye

Africa Policy Manager、Global Internet Shutdowns Lead, Access Now

Berhan Taye (She/her) is a researcher who investigates the relationship between technology, society, and social justice. She is the Africa Policy Manager and Global Internet Shutdowns Lead at Access Now. She has led the #KeepItOn campaign, a global campaign to stop internet shutdowns with a coalition of more than 220 member organizations from across the world. Before joining Access Now, she was a researcher for the Technology for Social Justice Field Scan project that produced the MoreThanCode.cc report.

Berhan Taye(彼女)は、テクノロジー、社会、社会正義の関係を調査する研究者。Access Nowのアフリカ・ポリシー・マネージャーであり、グローバル・インターネット・シャットダウンのリーダーでもあります。彼女は、世界中の220以上のメンバー組織からなる連合体である#KeepItOnキャンペーンを主導し、インターネットのシャットダウンを止めるための世界的なキャンペーンを行っています。Access Nowに参加する前は、Technology for Social Justice Field Scanプロジェクトのリサーチャーとして、MoreThanCode.ccレポートを作成していました。

Ramy Raoof

Security Labs Technologist, Amnesty International

ラミー・ラウフは技術者、プライバシーの研究者であり、最近は人権擁護者やNGOに対する標的型デジタル攻撃の研究や、中東や中米の活動家への監視や検閲に関するデジタル・セキュリティ・プロトコルの開発やキャパシティ・ビルディングを中心に活動しています。ラミーは、アムネスティ・インターナショナルのセキュリティ・ラボの戦術技術者であり、Torプロジェクトの理事も務めています。アムネスティに参加する前は、エジプト個人の権利のためのイニシアチブ(EIPR)のシニア・テクノロジストを務めていました。ラミーは2017年にAccess Nowから「Heroes of Human Rights and Communications Surveillance」という国際的な賞を受賞し、2016年5月にはドイツ語放送局Deutsche Welleからデジタルセキュリティとプライバシーに関する活動が評価され、国際的な「Bobs Award – Best of Online Activism」を受賞しています。Twitterでは@RamyRaoof。

Ramy Raoof is a technologist and privacy researcher, his recent works focus on researching targeted digital attacks against human rights defenders and NGOs and developing digital security protocols and capacity building with activists in the Middle East and Central America around surveillance and censorship. Ramy is Tactical Technologist at Amnesty International’s Security Lab and he also sits on Tor Project’s Board of Directors. Prior to joining Amnesty, he served as Senior Technologist at the Egyptian Initiative for Personal Rights (EIPR). Ramy received the international award Heroes of Human Rights and Communications Surveillance from Access Now in 2017 and in May 2016 he received the international Bobs Award – Best of Online Activism in recognition for his work in digital security and privacy from Deutsche Welle. On Twitter @RamyRaoof.

Print Friendly, PDF & Email
Previous (欧州委員会)EUの新サイバーセキュリティ戦略と、物理的・デジタル的な重要エンティティをより強固なものにするための新ルール
Next (Tutanota)もうひとつのテロ攻撃、もうひとつの監視法案が提案されている。政治家は、暗号化を破壊することは、良いことよりも害をもたらすことを学ぶだろうか?