Categories
Table of Contents
< Back
You are here:
Print

東京オリンピックにおけるIOC/JOCによるGPS等による監視の撤回を要求します

起草団体:盗聴法に反対する市民連絡会
2021年6月13日
この声明に賛同いただける団体は、団体名を記載して
hantocho-shiminren@tuta.io
までメールを送信してください。

●PDFバージョンはこちら/このページの最後にあるプリンターアイコンでも印刷できます。

English version

賛同団体一覧(2021年6月16日現在、賛同団体募集中です)

東京オリンピックにおけるIOC/JOCによるGPS等による監視の撤回を要求します

国際オリンピック委員会(IOC)9日の理事会において、東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は、オリンピック・パラリンピックが開催された場合、メディア関係者については、その宿泊先を指定し、GPS等による行動監視を実施すると明言しました。また、武藤敏郎事務総長は、この行動制限と監視は「海外から来る人すべてに対して」と述べ、その監視対象は「すべて」の海外からの渡航者に及ぶと述べました。

わたしたちは、いかなる理由であれ、GPS等による行動監視や行動規制に反対します。今回の措置は、明らかなメディアによる報道の自由への干渉であり、同時に事実上の検閲的な効果をもつものであり、GPS等による行動監視措置の撤回を要求します。

●14日の監視で排除される批判的なメディア

こうした監視は14日にも及びます。(それ以上になる可能性もあります)私たちは、組織委員会が、報道の自由を侵害しない他の有効な手段がありながら、なぜ行動監視という手段をとったのかに深い疑念をもっています。感染のリスクを下げるのであれば、事前のワクチン接種とPCR検査の徹底で十分であり、行動監視の必要があるとは思えません。しかも、こうした行動監視が海外のメディアにのみ強制され、ワクチン接種もPCR検査も徹底していない国内のメディアには適用されません。明らかにメディアへの偏った対応になっています。

今回のオリンピック・パラリンピックへの中止の主張を含む批判的な報道の多くは、海外のメディアによるものです。オリンピック反対運動への積極的な取材も海外のメディアによるものが多いのです。もし、GPS等の監視や事前に登録した場所しか取材できないとなれば、海外のメディアが反対運動を取材することも困難になるでしょう。また私たちのメディアへのアクセスの権利もまた大幅に制限されます。これは明らかな報道の自由への侵害です。

●皆がジャーナリストでありメディアの発信者だ。

今年のピューリツァー賞で、プロのジャーナリストではない市民が初めて特別賞を受賞しました。ネットに時代になって、私たち誰もがメディアの発信主体となっています。しかし、フリーのジャーナリストやインターネットを発信の拠点とするブロガー、社会運動や市民運動のメディアなどは、友人・知人宅にも宿泊できず、14日もの行動規制が実施されるとなれば、文字通りほとんどまともな取材はできないでしょうし、来日そのものも断念せざるをえないかもしれません。こうした人たちによるオリンピックへの批判的な報道こそが、報道の自由の根幹を支えてきたのですが、その彼らが真っ先にこの監視の対象になることは目にみえています。しかも、憲法21条「言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。」という条文にも明かに反します。表現の自由へのあからさまな違反でもあります。

●GPSはプライバシー情報である。その管理・共有の実態が不透明。

また、GPS等の位置情報が本人を特定できる形で取得されることが表明されています。 そうである以上、GPS情報はプライバシー情報であり、報道の自由と密接に関係する情報 でもあるため、本人の同意の必要がです。今回のケースは「同意」でありません。この条 件を呑まなければ取材ができないのですから、明らかな強制です。しかも、取得された位 置情報がどのように管理されるのか等については全く明らかではありません。捜査機関や情報機関が共有する技術的なリスクなど目的外使用を遮断する技術的な措置も明かではありません。海外の国々のなかには、日本政府が事実上の敵国扱いをしている諸国があることを忘れるべきではありません。

●前例になる危険性がある

今回のような海外メディアへの監視と規制は、今後、様々な形でポストコロナにあっても継続されかねず、更にそれが国内メディアにも波及する可能性もありえます。メディア発信が従来のマスメディアだけでなく多くの多様な市民メディアが登場している状況を踏まえると、メディアへの監視は、インターネットを使って発信している私たち一人一人への監視でもあるのです。この意味でも、GPS等による監視は絶対に許されません。

●メディア監視の危惧は他にもある

オリンピックのためにメディアセンターが設置されます。行動規制されるメディアはこのメディアセンターやあらかじめ指定された宿泊施設など限られた場所を情報の受信発信場所にせざるをえません。政府は、オリンピックに向けたサイバーテロの脅威を口実に通信監視を強化していると思われます。通信の秘密が技術的に保障されていることは確認できない以上、メディアセンターや宿泊先からの通信が監視下に置かれる可能性は十分にあると考えなければなりません。メディアの行動の自由は、通信の秘密を確保する上でも必須の条件なのです。

●オリンピックは監視社会化のイベントになっている。中止が最善の選択肢

最後に、今回のオリンピックをめぐる組織委員会、国、自治体、産業界などの動向全般をみると、GPS等による監視だけでなく、顔認証監視カメラの導入、ビッグデータやAIを駆使した大量監視インフラの構築など様々な監視技術の実験場になっています。こうしたことも踏まえて、そもそもオリンピックの開催そのものに私たちは疑問をもたざるをえません。最善の選択は、オリンピックを中止し、すべての監視技術の開発・導入を中止することだいう点を最後に強調しておきます。
=====

Urgent Statement:Withdraw GPS and other forms of surveillance by IOC/JOC in Tokyo Olympics.

At a meeting of the International Olympic Committee (IOC) Executive Board on April 9, Seiko Hashimoto, President of the Tokyo Organizing Committee for the Olympic and Paralympic Games, stated clearly that if the Olympic and Paralympic Games are held, media representatives will be designated places to stay and monitored by GPS and other means. Toshiro Muto, Secretary-General of Japan, said that the restrictions and surveillance would be applied “to all people coming from abroad” and that the surveillance would be applied to “all” people traveling from abroad.

We oppose the use of GPS and other means to monitor or restrict behavior for any reason. We call for the withdrawal of the GPS surveillance measures.

Critical Media Excluded by 14 Days of Surveillance

This surveillance will last for 14 days. We are deeply suspicious of why the Organizing Committee took the action of behavioral surveillance when there are other effective means that do not infringe on freedom of the press. To reduce the risk of infection, prior vaccination and thorough PCR testing are enough. We don’t see the need for behavioral surveillance.Moreover, this kind of behavioral surveillance is forced only on the foreign media. There is no GPS monitoring of domestic media personnel, and neither vaccination nor PCR testing is being thoroughly conducted.  This is clearly a biased response to the media.

Much of the critical coverage, including the claims of the cancellation of the Olympic and Paralympic Games, has come from foreign media. Most of the active coverage of the anti-Olympic movement has also come from foreign media. It will be difficult for foreign media to cover the opposition movement if they are monitored by GPS and only allowed to cover places where they have registered in advance. Our right of access to the media will also be greatly restricted. This is a clear violation of freedom of the press.

Everyone is a journalist and a media outlet.

At this year’s Pulitzer Prize, a citizen who is not a professional journalist won a special award for the first time. In the age of the Internet, all of us have become media outlets. According to the rules of the organizing committee, freelance journalists, bloggers who use the Internet as their base of transmission, and media of social and civic movements are not allowed to stay at the homes of their friends and acquaintances, and if restrictions on their activities are implemented for 14 days, they will literally be unable to cover the event properly. They may even have to give up their visit to Japan itself. It is the critical coverage of the Olympics by these people that has supported the foundation of press freedom. It is obvious that they will be the first to be subjected to this surveillance.  Furthermore, Article 21 of the Constitution states; “Freedom of speech, publication and all other forms of expression shall be guaranteed. Censorship shall not be practiced. The secrecy of communications shall not be violated.”

GPS as privacy information

GPS is privacy information. The actual status of its management and sharing is unclear.
In addition, the Organizing Committee obtains GPS and other location information in a form that can identify the individual. GPS information that can identify a person is privacy information. Location information is also information closely related to freedom of the press, and requires the consent of the individual.  In this case, it is not “consent”.This is a clear form of coercion, because the interview cannot be conducted unless this condition is accepted. Moreover, it is not at all clear how the acquired location information will be managed. It is also not clear what technical measures will be taken to block the use of the information for other purposes, such as the technical risk of sharing it with investigative and intelligence agencies. We should not forget that there are the countries that the Japanese government treats as de facto enemy states.

There is a risk that this will become a precedent.

In the future, even in the post-Corona era, such monitoring and regulation of foreign media may continue in various forms, and there is a possibility that it will spread to domestic media as well. In light of the fact that not only the traditional mass media but also a variety of citizen media have emerged, the monitoring of the media is also a monitoring of each and every one of us who use the Internet to transmit information.  In this sense, surveillance by GPS is absolutely unacceptable.

There are other concerns about media surveillance.

A media center will be set up for the Olympics.The media, which will be under surveillance for their activities, will have to use a limited number of places, such as the media center and pre-designated accommodation facilities, as places to receive and transmit information. The government is stepping up surveillance of communications under the pretext of the threat of cyber-terrorism at the Olympics. It has not been confirmed that the secrecy of communications from these locations is technically guaranteed. We have to consider that there is a possibility that communications from media centers and lodgings may well come under surveillance. Freedom of movement of the media is an essential condition to avoid such surveillance and to ensure the secrecy of communications.

The Olympics has become an event for the socialization of surveillance. Cancellation is the best option.

Finally, looking at the overall trends of the Organizing Committee, the national government, local governments, and industry surrounding the Olympics, it has become a testing ground for various surveillance technologies, such as the introduction of face recognition surveillance cameras, the construction of a mass surveillance infrastructure using big data and AI, as well as surveillance using GPS and other technologies.  In consideration of these factors, we have to question the very concept of holding the Olympics. Finally, we would like to emphasize that the best option is to cancel the Olympics and stop the development and introduction of all surveillance technologies.

June 13, 2021
Citizens Liaison Committee Against Wiretapping Law

Print Friendly, PDF & Email